ハーメルンのバイオリン弾き

ハーメルンのバイオリン弾き

rating 0 -
0 0

『ハーメルンのバイオリン弾き』とは

月刊少年ガンガンで連載の、渡辺道明の人気コミックの劇場アニメ化作品。1996年劇場公開。魔族にさらわれた、ベルリラ姫を助け出すために、主人公のハーメルたちの戦いを、コメディ要素も交えながら描く。 監督は、『機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光』や『カプリコン』の今西隆志。アニメーション制作には、『魔法陣グルグル』や『ヤマトタケル』の日本アニメーションが担当している。 キャストには、主役のハーメル役に矢尾一樹、フルート役に横山智佐、ライエル役に関俊彦がそれぞれ担当。

『ハーメルンのバイオリン弾き』のあらすじ

主人公のハーメルは辺境の地の勇者であった。ハーメルの持っている、巨大なバイオリンから奏でられる不思議なメロディは、魔族を倒す力が存在していて、ハーメルは魔曲使いと呼ばれていた。 ハーメルは仲間と共に北へと旅を続けている途中、魔族によって壊滅的なダメージを受けている小国を訪れる事になった。そこで国王と王妃に出会う。彼らによると、娘のベルリラ姫が魔族にさらわれてしまったという。悲しみに明け暮れている国王と王妃に、ベルリラ姫の救出を依頼されたハーメルだったが、あまり気分が進まない。しかし、仲間達の説得により救出に向かうことになる。

『ハーメルンのバイオリン弾き』のスタッフ・キャスト

『ハーメルンのバイオリン弾き』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ハーメルンのバイオリン弾き』に関連する作品