ブラック・ジャック

ブラック・ジャック

rating 3.3 3.3
11 0

『ブラック・ジャック』とは

手塚治虫による名作漫画の劇場版アニメ。原作にはないオリジナルストーリーとなっている。監督は『あしたのジョー』『ガンバの冒険』の出崎統。脚本は出崎と、作家の森絵都が書いている。キャラクターデザイン・作画監督は数多くの作品で出崎と組んでいる杉野昭夫。音楽は『仮面ライダーBLACK』の川村栄二。ブラック・ジャックの声は大塚明夫が、ピノコの声は水谷優子が演じている。毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞した。

『ブラック・ジャック』のあらすじ

世間では「超人類」がブームになっていた。様々な点で普通の人間を凌駕する超人類は、オリンピックでも芸術の分野でも目を見張る活躍をする。しかし副作用なのか、彼らは共通する病気を抱えていた。モグリの医師であるブラック・ジャックはある日、ジョー・キャロル・ブレーンという女性から、超人類の体を侵している病気の治療を依頼された。しかしブラック・ジャックはやがて、超人類の裏に隠された大企業の陰謀を知る。この件から手を引こうとするブラック・ジャックだったが、ピノコを人質にとられた上に、自身も超人類と同じ病気に感染させられてしまう。

『ブラック・ジャック』のスタッフ・キャスト

『ブラック・ジャック』の感想・評価・ネタバレ

  • あざみちゃん
    あざみちゃん 3 2015年1月30日

    2015.1.30 すごい能力を持つ超人類のブームの数年後にその超人類達が共通の病気になったので、製薬会社のジョーン・キャロルがブラックジャックに原因究明と手術を頼む話。

『ブラック・ジャック』に関連する作品