打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
日本 1993年上映
rating 3.5 3.5
97 18

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の感想・評価・ネタバレ

  • Kazuya Furusawa
    Kazuya Furusawa 4 2018年9月2日

    奥名恵のインパクトが強い。1時間ってのがちょうどいい映画。最後の花火きれいでした。

  • YOU

    親友同士の典道と祐介の2人は互いになずなという少女に恋心を寄せており、家庭の事情により2学期から転校することになっていたなずなは2人の水泳競争で勝った方と駆け落ちする事を考える。 本作1番の特徴は、競争で勝敗がついてからは祐介が勝った物語と典道が勝った物語の2つの異なるストーリーが進んでいくところ。今作は本来テレビドラマのオムニバス作品の1つであり後に映画化された作品であるが、そもそもこのオムニバスドラマ「If もしも」自体が【ある分岐点から2つの異なるストーリーが展開する】というルールのある作品群。これが斬新で面白かった! 作品タイトルと同様、2つの物語は合流することなく最後まで問いただされたままの状態。 質感や演出もテレビドラマ的で非常に90年代っぽい雰囲気なのが懐かしい感じもして良かったです。 【青春映画】とまでもいかず、ようやく大人び始めたけどまだまだかわいらしくて幼い頃の子供たちがなんとも甘酸っぱい!「スタンド・バイ・ミー」ほどのドラマや大作感もないこの感じと49分という短い作品時間もとても合っていると思う。 なんの先入観もなく気軽に楽しめた!

  • ちくわぶ
    ちくわぶ 3 2018年1月10日

    2018/01/10 Netflix あー小学生の時ってこんなふうに早熟というか、ませた女子が男子を振り回してたな〜って懐かしくなった。 一時間の尺じゃ足りない気もするけど、この短さだからいいんだろうな。

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2017年10月20日

    夏休みの登校日。その日は偶然にも花火大会の日だった。 見事な作品です。超特濃な岩井俊二ワールドをこれでもか、と堪能できます。二人の小学生男子と一人の小学生女子の三角関係から発展する微妙な恋模様。この青春映画は小学生を題材にしているから成功していると言って間違いありません。恋が何なのかすらよくわかっていない小学生男子と、それらを全てわかったかのように振る舞う女子はまるで世界の終わりかのように男の子を翻弄する。男の子たちは黙ってそれについていくしかない。この小学生の微妙な成長速度が紡ぐ絶妙のラブストーリーです。たまらなく愛おしくなります。 たまらないのが子役の描き方。長らく小学生との交流が深い僕が言うのですが、ものすごい観察眼で子どもを描いています。決して大人のフィルタを介在することのない子どもたちの会話は岩井俊二ならでは、と言いたいところですが、実は似たようなコメントを是枝作品でも述べた気が。彼も子どもを撮らせたら天才ですが、その撮り方には明確な違いがある気がします。ですが、うまく言葉にできない。僕の理解のはるか先に何かあるのでしょう。 初めはテレビ用ドラマとして放送された本作、あまりのクオリティに劇場版として公開されたので時間にしてわずか50分。すご過ぎて言葉にならない。「うわあ灯台まであんなに先だよう」という冗長をこの短時間で示してしまうなんて、時間が岩井俊二によって操られているとしか思えない傑作です。

  • Miyu

    ど真ん中のジュブナイル映画。少年たちの夏のある一日を49分の映画にしたもの。落ち掛けた夕日が画面をオレンジに染めるのが、小学校のときのあの独特の夕方の寂しさを思い出させる。ノスタルジー・オブ・ノスタルジー。奥菜恵のような美少女はいなくても、あるある、そうだったそうだったと観客を夏休みの小学生へ立ち返らせるような、とても印象的な映画。

  • Tsubasa Kawano
    Tsubasa Kawano 3 2017年4月15日

    もしも。この"もしも"の持つ歯痒さややりきれない切なさ儚さがグッとくる。小学生の頃は女子の方が大人びている。その男女の差や馬鹿っぽさ、ひと夏の淡い恋。どうってほどではないけれど、いろいろなシーンが眩しくて苦しくて、ふと思い出してしまう。

  • takamaru
    takamaru 2 2017年4月9日

    DVD

  • puu

    懐かしい(T_T) 岩井俊二の作品は好きなものが多いけど、この作品は本当に好き。内容は特にないんだけど… この何とも言えないノスタルジー 古き良き時代の飯岡に涙がでます。

  • イワ

    小学校時代の可愛い子ってホントこんな感じの顔だよね

  • Aki

    岩井俊二監督作品。儚い夏の思い出という感じの映画。映画のような経験をしたことはないのだけど懐かしさを感じさせてくれる。奥菜恵がとにかく美少女。最後が残念。

  • cana

    なんとなくオレンジ色。ぼんやりした印象がひと夏っぽい。

  • Naoto Ozaki
    Naoto Ozaki 4 2015年7月17日
  • ☆チアキ☆
    ☆チアキ☆ 3 2015年5月20日

    甘酸っぱい♡ 奥菜恵さんが美しい

  • yubinashi
    yubinashi 3 2015年5月16日

    青春だぁ。 奥菜恵の完成度異常だよね。どう見ても小学生に見えないし、寝そべった胸元を這う蟻。まぶたを閉じたまま「取って」だもんよ。惚れてまうやろー!でしょ。 あと少年4人が花火見たあとで、好きな人の名前を叫ぶとこも良かったな。 大人っぽい子は先生、ふつうの子はナズナ(クラスで1番可愛い子)、モテない系の子はみずきありさ、優等生の子はセーラームーン。 まぁ、あとは夜のプールね。あれはもう、アレだよね。ホースで水ぶっかけるシーンなんて、そりゃもうワルそうな顔してぶっかけてるもんね。一方的にウリャウリャって。ホ〜ミ〜ライカフレンって、やけにいい曲に乗せて。

  • シロクマ
    シロクマ 4 2015年1月15日

    この頃の奥菜恵の美少女ぶり。うわっーてなる。

  • Nagisa Moriyama
    Nagisa Moriyama 3 2014年11月11日

    ストーリーはふわっとしてるが 奥菜恵が可愛い

  • Daiki Kinoshita
    Daiki Kinoshita 3 2014年11月7日

    監督:岩井俊二 1995年公開 煮え切らない状態で終わってしまうのが少し残念。欲を言えばスッキリ終わりたかった。 小学生設定なのにも関わらずエロさを演出していて、主人公の男の子の主観に近い視点で観れた。また、そのエロさは少女の「大人になりたい気持ち」を強く表現しているのだろうと考えた。

  • HANAE

    高校時代の音楽の授業で見ました。内容云々以前に、こんな映画もあるんだなぁ~と影響を受けた作品です。

  • Narumi Chiba
    Narumi Chiba 3 2014年8月25日

    岩井俊二監督作品

  • ダンケ先生
    ダンケ先生 1 2014年8月25日

    駆け落ちしてたら、僕達の人生はどう変わっていただろう