ザ・サイレンサー MAGNUM357

ザ・サイレンサー MAGNUM357

1995年製作 日本 96分 1995年4月22日上映
rating 0 -
0 0

『ザ・サイレンサー MAGNUM357』とは

日本とアメリカの合作アクション映画。監督は『GEDO/外道』のダレン・スー。日本から来た殺し屋・マコトを演じるのは、JJサニー千葉こと千葉真一。本作がハリウッド本格進出1作目であり、復讐に燃える最強の悪役を熱演している。他、マコトを追い続ける敏腕刑事・クックを『ダイ・ハード』、『007/消されたライセンス』のロバート・ダヴィが、その相棒を『スカーフェイス』、『シカゴ・コネクション/夢みて走れ』のスティーヴン・バウアーが演じている。

『ザ・サイレンサー MAGNUM357』のあらすじ

凶悪犯罪が蔓延るルイジアナ州ニューオリンズで、マフィアのボス・ジネリが射殺された。犯人は日本から来た凄腕の暗殺者・マコト。市警のクックはタレコミを元に居場所を特定し、やっとのことでマコトを逮捕する。1年半後、マコトは情婦・シビルの協力を得て脱獄に成功。情報を漏らした裏切り者への復讐を果たすべく、ニューオリンズの街に戻り暗殺を開始する。一報を聞いたクックは、FBI女性捜査官・ジャネットと共にマコト再逮捕に向け動き出す。しかし、捜査を進めるうちに、一連の事件の裏側に隠された思いがけない真実を知ることになる。

『ザ・サイレンサー MAGNUM357』のスタッフ・キャスト

『ザ・サイレンサー MAGNUM357』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ザ・サイレンサー MAGNUM357』に関連する作品