ダイ・ハード3

ダイ・ハード3

Die Hard with a Vengeance
1995年製作 アメリカ 131分 1995年7月11日上映
rating 3.6 3.6
321 5

『ダイ・ハード3』とは

不死身の刑事ジョン・マクレーンの活躍を描くアクション映画の金字塔『ダイ・ハード』シリーズの第3作。ロサンゼルスの高層ビル、ワシントンの空港と閉鎖空間を舞台にしてきた本作が遂にニューヨークという巨大な都市を舞台に一大スペクタクルを展開する。再びメガホンを取るのは記念すべき初代『ダイ・ハード』のジョン・マクティアナン監督。主演は前作から引き続きルース・ウィリスが務める。また、本作には『パルプ・フィクション』、『死の接吻(1994)』などで知られるサミュエル・L・ジャクソンが出演し、相棒役を務めている。

『ダイ・ハード3』のあらすじ

舞台はニューヨーク。5番街のビルが何者かによって爆破され、中央警察署の署長の元に犯人からある要求が寄越される。それは妻ホリーと別れてやけになり、休職中の刑事ジョン・マクレーンを指定された場所に呼び出すというものだった。指定された場所・ハーレムに向かったジョンはギャングに囲まれたところを家電修理店の店主・ゼウス(サミュエル・L・ジャクソン)に助けられる。共に行動することになった2人は犯人から地下鉄に強力な液体爆薬を仕掛けたと聞き、必死で爆弾を解体する。やがて犯人は凶悪な国際的テロリストであり、ジョンに復讐を誓っているのではないかと推測する警官たち。ジョンが戦慄する中、またしても爆弾を仕掛けたという犯人の電話が入るのだった……。

『ダイ・ハード3』のスタッフ・キャスト

『ダイ・ハード3』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2016年6月19日

    アクション映画としては良いです。しかし『ダイ・ハード』の第三弾で、しかも1の監督がカムバックするとのことでこのクオリティが残念です。頭の良さはありませんが、1の焼き増しのようになっていた2よりは『ダイ・ハード』っぽく感じました。 停職中のジョン・マクレーンの元にテロリストからの電話が。ゼウスという黒人の男を巻き込み、バディムービーのような形になります。随所に人種差別に言及する話があり、犯人の動機にも繋がっていきます。ただそれがそこまで深いテーマであるかと言われれば微妙。ジョンとゼウスが共闘の末にどんどん仲良くなっていくための演出にしか見えません。その演出は実は悪くなかったりするので、評価は高めです。 2よりも良い続編を作るぞ、という意欲は非常に高いと言えます。そもそもゼウスが昔タクシーの運転手をしていた…辺りで1のファンはニヤリとできるはず。あちらこちらに移動させられる展開もまさに1の逆をいくものです。 本作も多少なりはその後の作品、おそらく1や2と同じく劇場版コナン映画には影響を与えていそうです。コナン映画に爆弾とゲーム感覚なテロリストの登場が多いのはこの映画のせいだと思います。劇場版コナンと比べればこちらのほうが明らかに質の良い脚本です。

  • 2525toiki
    2525toiki 3 2016年2月8日

    公園での水のクイズが好きだわ

  • Shinji Sasaki
    Shinji Sasaki 3 2016年1月25日

    2016.01.25鑑賞

『ダイ・ハード3』に関連する作品