フォレスト・ガンプ 一期一会

フォレスト・ガンプ 一期一会

Forrest Gump
1994年製作 アメリカ 142分 1995年3月11日上映
rating 4.1 4.1
886 128

『フォレスト・ガンプ 一期一会』とは

知能指数は人より低いものの、驚異的な俊足、そして何よりも誠実な心を持った男フォレスト・ガンプの波乱万丈の人生に、アメリカ現代史をオーバーラップさせる形で描いたヒューマン・ドラマの世紀の傑作。1994年アカデミー賞にて驚異の13部門にノミネートされ、作品賞・主演男優賞・監督賞・脚色賞・視覚効果賞・編集賞の6部門を受賞した。監督は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のロバート・ゼメキス。主演は前年の『フィラデルフィア』に続き2年連続でアカデミー主演男優賞受賞という快挙を成し遂げたトム・ハンクス。その他サリー・フィールド、ロビン・ライト、ゲイリー・シニーズらが脇を固める。後に『シックス・センス』で話題となる天才子役ハーレイ・ジョエル・オスメントが、幼いながら顔を出している。

『フォレスト・ガンプ 一期一会』のあらすじ

アメリカ、アラバマ州グリンボウ。この小さな田舎町で、少年フォレスト・ガンプは母一人子一人の環境の中、母の愛情をいっぱいに受けてすくすくと育っていた。フォレストは知能指数が他の子よりも極端に低く、また背骨も曲がりがちではあったが、まったく意にも介さない母のもと、普通の子と同じように小学校へと入学。友達といえば、初日のスクールバスにて席を譲ってくれた優しいジェニーだけだったが、フォレストは毎日休むことなく登校した。ある日、心無いいじめっ子にいじめられているフォレストを見兼ねたジェニーは、「フォレスト、走って!」と叫ぶ。言われた通りに駆け出したフォレストの姿に、周囲は唖然としていた。彼は驚異的に足が速く、またどこまでも走り続けるスタミナも併せ持っていたのだ。こうして、波乱万丈なフォレストの人生が本格的に始まった。

『フォレスト・ガンプ 一期一会』のスタッフ・キャスト

『フォレスト・ガンプ 一期一会』の感想・評価・ネタバレ

  • Kochinchan
    Kochinchan 4 5月18日

    知的障害の話し方や動きの演技が◎ 泣けちゃう My mama said....って始まる文章全てはもう名言

  • おかね梨
    おかね梨 4 5月16日

    不器用な人間の生き方。

  • K o j i

    フォレストのまっすぐさが生み出した、面白おかしい人生を辿っていくのにとにかく夢中になりました。 「人生はチョコレートの箱のようなもの。開けてみないと分からない」 名言ですね。

『フォレスト・ガンプ 一期一会』に関連する作品