仮面ライダーJ

仮面ライダーJ

1994年製作 日本 46分 1994年4月16日上映
rating 3 3
7 0

『仮面ライダーJ』とは

前作の『仮面ライダーZO』に続き、劇場用オリジナルとして制作された作品。監督は前作に引き続き雨宮慶太が務め、アクション監督や撮影スタッフも前作の顔ぶれが揃っている。仮面ライダーJを務めたのは俳優だけでなく、声優としても活躍する望月祐多。

『仮面ライダーJ』のあらすじ

世界各地を異常気象が襲う中、かつて地球に氷河期をもたらし、恐竜を絶滅させた機械獣母艦フォッグ・マザーが再び地球に襲来した。フォッグは無数の怪人を孵化させ地球上の全生物を滅亡させようと目論む。 フォッグはトカゲ男、ハチ女、コブラ男を使い、生け贄として心優しき少女の加那を捕らえた。環境破壊を調査していたカメラマンの瀬川耕司は彼女を助けようとするが、返り討ちにあい谷底へ落とされてしまう。 しかしその後、地球の奥深くで暮らす地空人の改造手術によって、精霊の力『Jパワー』を持つ仮面ライダーJに変身し、フォッグらに闘いを挑む。恐ろしい力を持つフォッグだが、仮面ライダーJはなんと身長40メートルにまで巨大化。そして大迫力のライダーキックでフォッグに挑むのだった。

『仮面ライダーJ』のスタッフ・キャスト

『仮面ライダーJ』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『仮面ライダーJ』に関連する作品