クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝

クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝

1994年製作 日本 93分 1994年4月23日上映
rating 3.3 3.3
66 1

『クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝』とは

1994年4月23日に公開された、93分のコメディーアニメ映画。臼井儀人のギャグ漫画が原作となっている。第二作目として、ゴールデンウィーク前に公開されている。監督は本郷みつる。脚本は本郷みつると原恵一が担当した。主人公のしんのすけを、矢島晶子が演じた。しんのすけと瓜二つのスンノケシ王子を演じたのは、山田妙子。悪役として、ブリブリ魔人を加藤精三が演じている。

『クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝』のあらすじ

ブリブリ王国の首都ブーリーで、犯罪組織・ホワイトスネーク団によって、ブリブリ王国の王子・スンノケシ王子が連れ去られてしまった。一方、しんのすけは町の福引きで、特賞であるブリブリ王国5泊6日の旅を当てる。大喜びの野原一家だが、それはホワイトスネーク団が仕掛けた罠だった。一家は空港で小型飛行機に乗るが、それはホワイトスネーク団が用意したものだった。離陸したあと、ホワイトスネーク団は正体を明かして襲い掛かる。なんとか野原一家はパラシュートで脱出する。降り立った一家は、ジャングルをさまよう。やがて道を辿るうちに、一家は電車に乗り込む。そこには、ブリブリ王国の王室親衛隊少佐の少女もいた。しかし、ホワイトスネーク団が襲撃。ホワイトスネーク団の本部に連れ去られたしんのすけは、そこでスンノケシ王子と出会い、二人は仲良くなる。ホワイトスネーク団はなんでも願いを叶えるブリブリ魔人を手に入れるために、しんのすけとスンノケシ王子を利用しようとする。

『クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝』のスタッフ・キャスト

『クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝』の感想・評価・ネタバレ

  • Yuk@

    子どもと一緒に Amazonビデオ

  • 重光太郎
    重光太郎 3 2015年5月29日

    ギャグセンスが秀逸

  • 雨子

    序盤40分くらいまでは割と野原家の日常というところが特徴。幼稚園でいいかおめぇら!っていう組長最高。飛行機ダイブするところからが本番。 サポートキャラのルルちゃんはかわいいなあ。 スンちゃんもとってもかわいくて、素敵に育って欲しい。 まだひとりっこしんちゃんなので子供っぽさ全開でかわいい。 こみやのえっちゃんは元気してるかなあ。

『クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝』に関連する作品