グスコーブドリの伝記

グスコーブドリの伝記

rating 2.3 2.3
28 6

『グスコーブドリの伝記』とは

1896年生まれの童話作家、宮沢賢治最晩年の同名作品が原作。仏教と農民とテーマに作品を作り続けた宮沢が最後にたどり着いた境地、自己犠牲が主題であったと言われている。小栗旬など第一線の俳優を声優に迎えた作品だったが、原作童話や1994年公開のアニメ版などに比べると、ストーリー展開や、結末にオリジナルの部分がみられ、賛否をよんだ。本作品は、同作家童話『銀河鉄道の夜』のアニメ版(1985年公開)同様、ますむらひろしの猫を擬人化したマンガ版を原案とし、杉井ギサブローが監督を務めた。

『グスコーブドリの伝記』のあらすじ

父と母、妹のネリとイーハトーブの森で暮らすブドリは静かで幸せな日々を過ごしていた。しかしある年に大飢饉が一帯を襲い、その後一家は生活を立て直すことはできなかった。困窮を極めた両親は子供たちだけは守ろうと、自ら口減らしのために森へと姿を隠す。それでも貧しい生活に苦しむ兄妹の前に、コトリという名前の男が現れ、助けてやる、と言ってネリを連れ去ってしまう。悲しみの中ひとりになったブドリは工場や畑で働きなんとか生きていく。その中で知識もどんどん高めていった。そんな時、とある場所で、ネリによく似た娘を見つけ後を追う。しかし幻かのようなその世界では、行けども行けどもネリに追いつけることはなく……。

『グスコーブドリの伝記』のスタッフ・キャスト

『グスコーブドリの伝記』の感想・評価・ネタバレ

  • まじ

    序盤からもう意味わかんなかった…とりあえず音楽と背景は素晴らしかった 個人的には原作を読んであぁ、こういうことかってなればいいかな 妹ちゃん結局どうなっちゃったんだろ

  • なぶ

    絵やBGMがとても美しく、宮沢賢治の世界観を表現出来ていたと思う。オリジナルのシーンも独特のおどろおどろしさがあって好き。 全体的に平坦なままラストを迎えたのが残念。

  • のなか
    のなか 2 2014年12月8日

    原作を読んだことがない人には理解するのに少し時間がかかるような気がしました。 ただ背景画の美しさは素晴らしかったです。

『グスコーブドリの伝記』に関連する作品