平成狸合戦ぽんぽこ

平成狸合戦ぽんぽこ

rating 3.5 3.5
542 6

『平成狸合戦ぽんぽこ』とは

化学(ばけがく)を使う狸が、人間に抵抗する様子を描いたジブリアニメ。監督・原作・脚本は『火垂るの墓』『かぐや姫の物語』の高畑勲。キャラクターデザインは大塚伸治。作画監督は大塚のほか、賀川愛、河口俊夫の3人が担当。また企画として宮崎駿がクレジットされている。声の出演は野々村真、石田ゆり子、清川虹子など。ほかに3代目古今亭志ん朝や5代目柳家小さんなどの落語家も出演している。テーマ曲を歌うのは上々颱風。

『平成狸合戦ぽんぽこ』のあらすじ

舞台は開発が進む多摩ニュータウン。自然が豊富で、人間が住んでいる場所とも距離が保たれており、タヌキたちは平和に暮らしていた。しかし最近ではタヌキたちの間で縄張り争いが起こり、ついには全面戦争にまで発展してしまう。その争いを沈めたのは「おろく婆」。おろく婆は、人間が住宅地を作るために森を開発していることが縄張り争いの原因だと説明する。人間が住む場所を広めていたため、逆にタヌキたちの住む範囲が狭くなっていたのだ。仲間同士での争いをやめたタヌキたちは、人間を森から追い出すことを決意。その手段として「化学(ばけがく)」を復活させる。

『平成狸合戦ぽんぽこ』のスタッフ・キャスト

『平成狸合戦ぽんぽこ』の感想・評価・ネタバレ

  • エミデブ
    エミデブ 4 2018年1月18日

    こんなことを言うとジブリ好きには白い目で観られそうだけど、スタジオジブリで一番好きな作品。ちなみに2位は紅の豚 この映画、改めて大人になって観るとすごく重いテーマを持っていることに気づかされる。子供の時から好きだったけど、アニメ映画として好きなだけだったんだなぁ。 可愛らしいアニメーションと言えども描かれるのは動物側からしたら理不尽な人間の環境破壊である。ちょっとあまりにもエグいんじゃないかと思わせるほどだ。 本当に色々と考えさせられる映画なんだけど何回も観てる僕は環境破壊を阻止しようとも促進しようともせずただただ理不尽を見つめて嘆いてるだけの一番ダメな位置にいるなぁと。

  • アパ予約して。
    アパ予約して。 3 2016年5月8日

    大昔にDVDで

  • さくら
    さくら 3 2016年1月5日

    #eiga #movie 淋しすぎる映画。生きることが当たり前ではない世界で、明るく夢を見てもことごとく壊されてしまう狸たち。違う種が一緒に生きていく道を、という妥協だって所詮はひとりよがりの言い訳。新しいもの、便利なものを求めてしまうのが人間だけど、それによって失ってしまうものの大きさを感じられるままでありたい。そしてつらいことがどんどん増えていく世界。無理なこともたくさんあるけれど、最初に抱くものは諦めではなく精一杯でありたい。

『平成狸合戦ぽんぽこ』に関連する作品