ゴジラvsメカゴジラ

ゴジラvsメカゴジラ

1993年製作 日本 108分 1993年12月11日上映
rating 3.4 3.4
22 1

『ゴジラvsメカゴジラ』とは

「ゴジラ」シリーズの第20作目で、「ゴジラ生誕40周年記念作品」と銘打たれている。監督は『ゴジラVSモスラ』の大河原孝夫が担当、脚本は『リトル・シンドバッド 小さな冒険者たち』の三村渉が手掛けている。作品のキャッチコピーは「この戦いで、すべてが終わる」。日本映画として初めて、ドルビーデジタル5.1chサラウンドフォーマットが実験的に採用されている。出演は高嶋政宏・佐野量子・小高恵美ほか。また高嶋忠夫も出演しているため、高嶋政宏とは親子での共演となる。本作では建物を破壊するシーンに特に力を入れており、使用した火薬量はシリーズ最高である。

『ゴジラvsメカゴジラ』のあらすじ

1992年、国連はゴジラに対抗する術として筑波にG対策センターおよび対ゴジラ部隊のGフォースを設置した。G対策センターはゴジラとの戦いで海底に沈んだメカキングギドラを引き揚げて分析、その情報を元に対ゴジラ兵器「メカゴジラ」を完成させた。一方、ベーリング海にアドノア島で翼竜の化石が発見され、派遣された調査隊が翼竜の卵を発見する。それを分析していた調査隊は巨大な翼竜・ラドンに襲われるが、海中からゴジラが現れてラドンと戦い始める。何とか脱出した調査員たちは持ち帰った卵を京都の国立生命科学研究所に持ち込むが、卵からは翼竜ではなくゴジラザウルスの幼獣であるベビーゴジラが誕生する。

『ゴジラvsメカゴジラ』のスタッフ・キャスト

『ゴジラvsメカゴジラ』の感想・評価・ネタバレ

  • ほっち
    ほっち 1 2015年12月20日

    小学生の頃テレビで。 特撮やCGで映画を作ってることになぜだか悲観しちゃって、見ながら悲しくなってしまった思い出。ゴジラはとっても好きなのに、へんなかんしゃく起こした思春期のころ。

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 2 2015年12月10日

    これって1974年のやつですよね?ややこしい事にゴジラ×メカゴジラなんて1993年の作品もあります、ここに出てくる沖縄が超適当なのに苦笑い だけどキングシーサーの可愛さで全て許してしまいます(*´-`) ゴジラは子供映画路線じゃなく 今からでも遅くないので一作目の社会派路線、現実世界で何かゴジラが激怒するような出来事がおきた時にのみ製作するべき!シン ゴジラもキングコングとの再戦も映画館で観ますけど アトラクション的じゃない骨のあるゴジラが観たい!

  • Hiro

    子供の頃見た衝撃が未だに忘れられない ちなみにDVDもBDも買いました

『ゴジラvsメカゴジラ』に関連する作品