それいけ! アンパンマン 恐竜ノッシーの大冒険

それいけ! アンパンマン 恐竜ノッシーの大冒険

1993年製作 日本 60分 1993年7月17日上映
rating 2.5 2.5
1 0

『それいけ! アンパンマン 恐竜ノッシーの大冒険』とは

アンパンマン生誕20周年記念映画として制作されており、1993年7月17日公開。やなせたかし原作による大人気アニメ映画「それいけ!アンパンマン」シリーズの通算第5作目である。同時上映作品には『かいけつゾロリ まほう使いのでし・大かいぞくの宝さがし』が上映された。 脚本は、前作と同じく岸間信明。恐竜の国の住人ノッシーとアンパンマン達との触れ合いと光の玉をめぐる冒険を描いている。そして、メロンパンナが初めて劇場版に登場するのもこの作品からである。 声の出演には戸田恵子、中尾隆聖、増岡弘ほか、『ちびまる子ちゃん』で主人公・まる子役を担当しているTARAKOがノッシーの声で参加。

『それいけ! アンパンマン 恐竜ノッシーの大冒険』のあらすじ

ある日のこと、SLマンの列車に乗ってピクニックに出かけたアンパンマンたち。ところが、途中でばいきんまんとドキンちゃんがいわおとこをけしかけて邪魔をしてきたのだ。何とか追い払ったものの、その直後全員が異次元空間へと迷い込んでしまうことに。 異次元空間を抜けると、恐竜の国にたどり着いたアンパンマンたちは、そこでケガをしていた恐竜の子・ノッシーを助けて仲良くなった。ノッシーから、恐竜の国を支える「命の木」が枯れかかっていると知ったアンパンマンたちは、命の木を救うことができる「光の玉」を探しに行くが、ばいきんまんの妨害に遭ってしまう。

『それいけ! アンパンマン 恐竜ノッシーの大冒険』のスタッフ・キャスト

『それいけ! アンパンマン 恐竜ノッシーの大冒険』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『それいけ! アンパンマン 恐竜ノッシーの大冒険』に関連する作品