フォーリング・ダウン

フォーリング・ダウン

rating 3.5 3.5
33 10

『フォーリング・ダウン』のスタッフ・キャスト

『フォーリング・ダウン』の感想・評価・ネタバレ

  • U2

    マイケルダグラスの淡々とした怪演や細かなサイドストーリー、人物描写が良い。またロードムービーのようなテンポ、喜劇でもあるような主人公の主観、美しい(ベタな)エンディングまで見逃せない。 多分3度目だったけどしっかり観れた。

  • えくえあ
    えくえあ 4 2017年8月29日

    渋滞から始まった男の怒りがどんどん暴走し、街を混乱に陥れて行く そんなストーリーの中には誰もが感じたことはあるであろう、虫の居所が悪いときにあるちょっとしたことに対しての苛立ちや破壊衝動、世の中に対する煮え切らない思いがこれでもかというほどよく形になっていました そして理性を突き抜けて暴走する男と対比的に描かれる理性的で大人しすぎる老刑事、こちらもこちらで心当たりはあるかも知れません 単純でありながら自分自身に響くところも多く、非常に意味深な映画でした

  • southpumpkin
    southpumpkin 4 2017年8月21日

    交通渋滞に巻き込まれた男のイライラは頂点に達し、車を出て街へと繰り出す。いかにも真面目そうな男は徐々にそのボルテージを高めていくのだ。 暴れまわる男とそれを追う老警官という非常にシンプルな構図ながら、他の映画に類を見ないほど突き抜けている。男の目的はなかなかわからないものの、差別、貧困、誇大広告など街に蔓延るありふれた理不尽に対して、圧倒的なまでの暴力という超・理不尽で凌駕していく様は時にシニカルに描かれる。真面目そうなホワイトカラーの男を演じるマイケル・ダグラスは完全にブチ切れており、これだけでパニックアクションとしての完成があります。 加えて、退職間近の老刑事…、というありがちな設定だが、とてもよく対比が効いています。ストレスを全て解放し好き放題しまくる男に対して、ストレスを抱えながらどんよりとした老後を目前にする老刑事。イかれた男に学ぶことは多そうです。 オープニングは『ララランド』と同じくフェリーニ『8 1/2』的渋滞から始まります。もしかすると全ては渋滞でイライラしている男の妄想に過ぎないのでは、という隙を与えているオマージュだと思います。

『フォーリング・ダウン』に関連する作品