僕らはみんな生きている

僕らはみんな生きている

1993年製作 日本 115分 1993年3月13日上映
rating 3.4 3.4
5 0

『僕らはみんな生きている』とは

1993年公開。世界をまたに仕事をするサラリーマンたちが赴任の地でクーデターに遭遇し思わぬサバイバルに巻き込まれていくコメディ映画。監督は同じくヒットコメディの『病院へ行こう』の滝田洋二郎、脚本一色伸幸のコンビによる作品。一色伸幸の原作を漫画家の山本直樹による作画でメディアミックスの一環としてコミックも出された。 タイで2か月以上におよぶロケを敢行。日本のビジネスマンたちが奮闘する姿を、自嘲気味にコミカルに描いて話題となり、キネマ旬報ベスト5位になった。

『僕らはみんな生きている』のあらすじ

建設会社の「高橋」は、恋人にしばしの別れを告げ、アジアの政情不安定な国タルキスタンに出張する。軍事政権のその国でライバル会社との入札競争。そんな最中クーデターが起こる。高橋とその仲間4人は、帰国の空港に向かうため市街戦を避けてジャングルへ。何の技術ももたないサラリーマンたちがいきなりサバイバルな環境に放りこまれる。 しかし生きるため、日本に帰るため懸命に戦いながら進み続ける。ところが革命軍に仲間の1人がとらえられてしまう。彼を助けるため、彼ら3人はゲリラ相手にジャパニーズビジネスマン魂を発揮。ゲリラ軍相手に交渉に挑む。

『僕らはみんな生きている』のスタッフ・キャスト

『僕らはみんな生きている』の感想・評価・ネタバレ

『僕らはみんな生きている』に関連する作品