愛人/ラマン
愛人/ラマン
rating 3.4 3.4
20 12

『愛人/ラマン』の感想・評価・ネタバレ

  • Ryoco

    貧しいフランス人少女と裕福な中国人青年との美しくて切ない恋の話。 愛していても愛人以上にはなれない、してやれない、そんな悲しくてやるせない感情が繊細に描かれていて良かった。ただの官能映画では終わらない心の描写を大切にしている所がとても好きです。

  • Ken-Chang
    Ken-Chang 4 2014年9月25日

    公開当時の未成年男子の「エロいの見たい」という純粋な欲求を完膚なきまでに叩きのめした「R指定」という大人による理不尽な暴力 校舎のガラス割ってまわりたくなった未成年男子、多数

  • 竪琴

    2004.9月以前に鑑賞

  • Satoko Suzuki
    Satoko Suzuki 3 2014年3月17日

    フランス統治下のベトナムが舞台の、官能(?)小説の映画化。 ただのロリコンエロ映画、と取ることもできますが、時代背景の複雑さが、切ない純愛映画、として観る事を可能にしています。(でもやっぱり、いやらしいなあ、という描写は多い) 映像はとても綺麗です。主人公の少女の、サラリと着たワンピースに三つ編みにカンカン帽、そして真っ赤なルージュ。このスタイルはとても新鮮で、今でも記憶に残ります。

  • Hoale

    日本語タイトルで安い官能映画みたいな印象を受けて、嫌煙してたけど、中身はとても繊細で美しい作品だった。ベトナムを舞台に、フランス人だけど、フランスを知らない少女とフランス帰りの華僑の青年のロマンス。 かなり官能的なのは確かだけど、でもそれだけじゃない。少女の年に似合わない強くて、どこか悲しい眼差しが印象的。