エイリアン3

エイリアン3

Alien 3
1992年製作 アメリカ 114分 1992年8月22日上映
rating 3.2 3.2
153 0

『エイリアン3』とは

女性宇宙航海士リプリーと凶暴極まりないエイリアンとの死闘を描いて人気を博したSF映画『エイリアン』シリーズの第3弾。監督は『セブン(1995年)』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年)』『ドラゴン・タトゥーの女(2011年)』のデヴィッド・フィンチャー、本作が彼の初監督作品となる。主人公のリプリーを演じるのは第1作、2作同様シガニー・ウィーヴァー。共演には、2006年大英帝国勲章授与、人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』でタイウィン・ラニスターを好演した名優チャールズ・ダンスなど。31分に及ぶ未公開シーンを収録した完全版が後にDVDで発売されている。

『エイリアン3』のあらすじ

リプリー(シガニー・ウィーヴァー)らを乗せた宇宙船スラコ号は、惑星アチェロン(LV-426)から離脱した後、謎の事故に遭い、その脱出艇は辛くも惑星フィオリーナ161に不時着する。そこは流刑地であり、凶悪犯罪者のみが収容される強制労働施設だった。リプリーは医師のクレメンス(チャールズ・ダンス)から、同乗していたヒックスとニュートは死亡、ビショップも機能停止と知らされ悲しみに沈むが、スラコ号の事故に不信感を抱き、クレメンスに仲間の検死を依頼するなど原因究明に乗り出す。そんな中、男性しかいない施設で、女性のリプリーの存在が大きな混乱を招く。レイプされかけたが、囚人たちのリーダー格であるディロン(チャールズ・S・ダットン)が彼女を救い、囚人らを再びまとめ上げる。その裏で脅威は人知れず侵攻していた。脱出艇に潜んでいたエイリアンが囚人の飼い犬を宿主として活動を始めていたのだ。

『エイリアン3』のスタッフ・キャスト

『エイリアン3』の感想・評価・ネタバレ

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 3 2016年1月20日

    何かと評判の悪い3作目、ラストがターミネーター2ですあまりの叩かれ方にフィンチャーは「映画を撮るくらいなら大腸癌になったほうがマシ!」と引きこもったとか、、一番最初で辛いをしたけど それがかえって良かったのかもねフィンチャー。

  • ベルコモ
    ベルコモ 3 2015年11月8日

    好きな作品です。読書してるような流れとドキュメント的な暴力が直にくる。小者くさいランス・ヘンリクセンが好き。

  • ガウン
    ガウン 0 2015年10月4日

    記録用

『エイリアン3』に関連する作品