男はつらいよ 寅次郎の青春

男はつらいよ 寅次郎の青春

1992年製作 日本 1992年12月26日上映
rating 2.8 2.8
4 0

『男はつらいよ 寅次郎の青春』とは

『男はつらいよ』シリーズの45作目。『男はつらいよ 寅次郎の告白』の山田洋次と、朝間義隆が共同で脚本を執筆。監督も山田洋次が手がけている。4年目を迎える満男と泉の恋物語であり、今回も満男と泉、そして寅次郎と宮崎で出会った女性・蝶子の物語が同時進行で描かれていく。マドンナは引き続き後藤久美子がつとめ、ゲストとして風吹ジュン・永瀬正敏・夏木マリらが出演している。ロケ地は岐阜県の下呂温泉、宮崎県の日南など。また、長年にわたって御前様役を演じた笠智衆は本作が公開された3ヶ月後に死去、これが最後の出演作品となった。キャッチコピーは「愛しているなら態度で示せ!」。

『男はつらいよ 寅次郎の青春』のあらすじ

九州は宮崎に立ち寄った寅次郎は、理髪店を営む女性・蝶子と出会い、雨宿りしているうちに彼女の家に1日泊めてもらうことに。翌日、観光地の飫肥城を訪れた寅次郎は、友人の結婚式のため宮崎に来ていた泉と偶然出会う。再会を喜ぶ2人だったが、蝶子がやってきたことに慌てた寅次郎は転んで足を挫いてしまった。それを泉から電話で知らされた満男は、泉に会いたい気持ちもあり、急いで宮崎へ向かった。ところが、蝶子の弟・竜介が泉と一緒に彼を迎えに来たため、満男はヤキモチを妬いてしまうが、竜介に婚約者がいると知ると態度が豹変。また寅次郎は、竜介が蝶子に「寅次郎と結婚すれば」と勧めているのを聞いてしまう。

『男はつらいよ 寅次郎の青春』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 寅次郎の青春』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『男はつらいよ 寅次郎の青春』に関連する作品