釣りバカ日誌5

釣りバカ日誌5

1992年製作 日本 96分 1992年12月26日上映
rating 3.1 3.1
9 0

『釣りバカ日誌5』とは

ハマちゃんとスーさんのデコボココンビで人気の「釣りバカ日誌」シリーズ第5作目。同名の原作コミックを監督・栗山富夫が手掛ける。前作に続き山田洋次と新たに高橋正圀と関根俊夫が加わり共同で脚色し、撮影は引き続き安田浩助が担当した。舞台は京都府丹後半島である。本作は第11回ゴールデングロス賞優秀銀賞を受賞した。 西田敏行、三國連太郎をはじめ、石田えり、丹阿弥谷津子らのレギュラー陣に加え、『二十四の瞳』(1987年)の乙羽信子と『無能の人』(1991年)の神戸浩がゲスト出演した。

『釣りバカ日誌5』のあらすじ

浜崎家の長男・鯉太郎は一歳になった。「ハマちゃん」こと浜崎伝助は、親バカぶりを発揮する。一方、「スーさん」こと鈴木一之助はハマちゃんに相手にしてもらえず寂しい思いをしていた。ある日、ハマちゃんの妻・みち子(石田えり)は同窓会に出掛けることに。そこで、上京してきたハマちゃんの母・たき(音羽信子)に息子・鯉太郎を預けるのだが、タキはぎっくり腰になってしまう。仕方なくハマちゃんは鯉太郎を会社に連れて行くことに。 ところが、目を離した隙に鯉太郎が社内で行方不明となってしまい、会社中が大騒ぎになってしまう。この騒ぎの責任を取らされ、ハマちゃんは家族を置いて一人京都丹後半島にあるすっぽん養殖場に左遷される事になったのだが......。

『釣りバカ日誌5』のスタッフ・キャスト

『釣りバカ日誌5』の感想・評価・ネタバレ

『釣りバカ日誌5』に関連する作品