パトリオット・ゲーム

パトリオット・ゲーム

rating 3.2 3.2
46 3

『パトリオット・ゲーム』のスタッフ・キャスト

『パトリオット・ゲーム』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 2 2018年6月26日

    イギリスで事件に巻き込まれた家族。王族を救ったことで勲章を受けるが、犯人グループからは逆恨みされてしまい命を狙われることに。危機を感じた父はCIAに復帰する。 とにかく元気なハリソン・フォードを拝める映画。『パルプ・フィクション』より前のサミュエル・L・ジャクソンやショーン・ビーンがショーン・ビーンになりたての頃の(つまり絵に描いたような悪役)映画でもあります。こうした面白み以外は特筆すべきポイントはありません。ストーリーも午後のロードショーで十分ですし、こころ穏やかに全編鑑賞可能です。この映画、スコセッシ『ケープ・フィアー』と似た構成なのですが、『ケープ・フィアー』の方が数段面白い。『ケープ・フィアー』が如何にすげえかってのがわかる。 実は『レッド・オクトーバーを追え!』という映画の続編だそうで、後から知りました。俳優もショーン・コネリーだったそうで、こちらも観るか。

  • sogo

    「レッドオクトーバーを追え!」 「パトリオットゲーム」 「今そこにある危機」 の三部作の2番を久しぶりに観ました。 三部作と言っても、主人公の名前がジェームス・ライヤンって、名前だけで、何処から見ても楽しめるけど、順番は上記の通り。 ただ、「パトリオット」と「今、そこ」は、ハリソンフォードだけど、「レッド」はアレック・ボールドウィンがやっている。 3つとも、実際にあった話を100%じゃないけど、再現しているようですが、この作品は、うーーん、ただの復讐劇かつ返り討ち劇じゃん。 政治色は、若干あるものの。 パトリオット、愛国者という意味だけど、微妙なタイトル。もっと意味があるのかどうか、何回も見ることにします。

  • Hiro

    最後どっちだよ❗笑

『パトリオット・ゲーム』に関連する作品