イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
EXIT THROUGH THE GIFT SHOP
2010年製作 アメリカ・イギリス 2011年7月16日上映
rating 3.8 3.8
43 20

『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』の感想・評価・ネタバレ

  • tora

    バンクシーが監督なのでただならぬ作品だろうとは思っていたのですが、MBWのクソ?作品があんな事になるとは…爆笑しました。バンクシーの「アートはジョークなのかも。」という言葉が印象的。皮肉の極みみたいな作品。OBEYの人の苦笑いが忘れられません…この作品を観て、グラフィティではないのですが日本で千住博や村上隆、草間彌生、トム・クリストファーらの作品が一堂に介する展示会に行った時、美術担当を自任する方や観客が手放しで全ての作品を絶賛しているのをみて、うさんくささ(作品を評価する側の)を感じた事、本当の意味で彼等の作品の芸術としての価値を見抜いている人ってどれだけいるんだろうと疑念に思った事を思い起こしました…

  • mazda

    バンクシーが監督したドキュメンタリー。 ストリートアートのプロセスを趣味で映像として撮り続けていたLA在住のおっさんが最終的に影響受けまくってMBWという名で自身も有名ストリートアーティストになってしまった話です。 冒頭バンクシーが彼はすごいみたいなことを言っているからてっきりすごいアーティストがいますよっていう普通のドキュメンタリーかと思ったけど、最終的に観たら、それごと皮肉ったこの作品まるまるバンクシーのアートだった。まさしく裸の王様のような話で実話なのによくできた話、アートに興味がない人でも内容的に面白いと思える作品だと思う。 アートはまさに影響と洗脳で循環してる。何かしらから影響を受けたアーティストが洗脳される多くのものを題材に作品を作り、それを見て影響された人間がそれに洗脳されて、そんな洗脳される人物をみて、またそれを皮肉に作品を作る。 自分がアートを感じる美的感覚に作り手も観客もきもちよくなっちゃうマスターベーション、そこには価値観や感受性なんてないに等しいけど、世の中の評価なんてそんなものなのかもしれない。その作品をどう感じてどうすごいとかではなく、そこまでメディアにとりあげられるほどの作品だからすごいといった感じ。 わかりやすい例であげればピカソは偉大な芸術家だけど一般の私たちにはこれがどうすごいかなんてたぶん説明できない、でも生のピカソの作品を見れればみんな口を揃えてすごいと言うと思う。 完全にアートに飲まれてる世間一般とMBWを呆れて何も言えないバンクシーがやり返してやろうというような姿勢で彼らしい世界観で斬った素晴らしい皮肉映画です。 自分の美的感覚を世界に知らしめるものではなく、世間に問題定義してこそのもの、それを通して伝わる美こそ真のアートだということ、それを伝えるバンクシーは偉大なアーティストだなと、私も多くの観客の一人になっていることに気づく。

  • tmck3000
    tmck3000 3 2015年3月13日

    フィクションみたいなドキュメンタリー。ティエリーはバンクシーの偶然できた作品なんでしょう。でも、ティエリーの大成功は、決して一人で作り上げたものではないし、こんな成功も誰も予想しなかった。どこになにが待っているか、全くわからない世の中。ティエリーの最後の姿は勘違いそのもの。でもティエリーってそういう人だというのはこの映画前半部のがむしゃらにアートを追い続けているをみるとわかる。3.7

  • Baku Iida
    Baku Iida 5 2014年7月3日

    この映画自体がART。

  • Sakurako Kita
    Sakurako Kita 4 2014年2月9日

    ラブバンクシー

  • blazing_stars
    blazing_stars 4 2013年12月26日

    バンクシーのドキュメンタリー、と見せかけて、ストリートカルチャーが本質を奪われ資本主義へと回収されていく過程を描いた映画。バンクシーからの、現代アート界への強烈な皮肉。

  • kensuu

    ゲリラ的なアート活動で有名なバンクシー初監督の作品です。ドキュメントリー風にはじまりますが、どこから本当なのかわからない、不思議な進み方をします。 めちゃくちゃおもしろい!

  • yumimu5656
    yumimu5656 3 2012年9月20日

    映像作家のティエリー・グエッタが覆面芸術家バンクシーのドキュメント映画を作ろうとするが、紆余曲折ののちに逆に自分の映画をバンクシーにとられてしまう。それがこの映画。 ドキュメンタリー映画にありがちな退屈な印象はまったくありませんでした。普段あんまりのぞかないアートの世界が新鮮だったのかも。 作中にふんだんに登場するストリートアートの数々。興味がなかった人もこれを見ればおもしろさに気付くはず。 現代アートの姿、舞台裏をバンクシー自ら皮肉たっぷりに紹介してくれます。 この男、ティエリー・グエッタ。天才と見るか道化と見るか(笑)

  • _ryo_o

    けっこう前にUPLINKで鑑賞. おいおいおいwという構成が最高.

  • カーチャック
    カーチャック 5 2012年9月9日

    すごく面白いドキュメンタリーだった!観れた偶然さに感謝

  • manikademonika
    manikademonika 0 2012年8月27日

    絶妙に妙な表情になってしまいます。 きらいじゃないけどいたいたいっ

  • roobaby
    roobaby 0 2012年6月8日

    やっと見てきましたよバンクシー!! こんなにドキュメンタリーとは思えないテンポのいい映画は初めてかも! ドキュメンタリーが苦手な人でも、暗い気持ちにはならないし、痛快な作品でした。 面白かったです。 色々なグラフィティアーティストに迫りつつ、バンクシーの魅力を堪能できる作品なんだろうな~ と思ってみたら、そうではなく、バンクシーのおかけで今を輝くMr. Brainwash のお話でした。 アートが好きな人は絶対楽しめると思います。 色々なグラフィティアーティストの裏側を見れるのも面白いし、なによりこの映画の主役である Mr. Brainwashこと、ティエリーグエッタの天狗になっていく様が面白かったです。笑 ただのバンクシーの魅力を説明するドキュメンタリーだったら ここまで面白くはなかった! このミスターブレインウォッシュのありえねーだろ!!という運の良さ めちゃくちゃ感が この映画を面白くしてくれたんです。 この映画を見ると、モチベーションというか良い刺激をもらえるし ひとつのことに夢中になって、突き進めば どんな形にせよ、幸せは巡ってくるんだな~という教訓? も得る事が出来ました。 今 自分のやってることが たとえ 今は無駄にみえても... それは未来の自分にとって、かけがえのない出会いときっかけを運んでくれるものかもしれない。 そしてアートとは何かということも考えさせられました。 法律の壁を超えてまでも表現したかった熱い想いがグラフィティアートには込められてる。 バンクシーが最後にティエリーに対して 天才か、はたまたただ運がいいだけか... というんですが その運の良さ、チャンスをつかむタイミングの良さが彼の才能だと思いました。 どんな形にせよ、それも才能なんだなと! で、メディアに乗せられるアートをよく分かってない人たちがティエリーの作品を見て褒め讃える メディアの力ってすごいな~ 偽物の彼が大成功していく過程は え?こんなに上手くいくはずないだろ! と思っても 現実は上手くいってしまっている... そんな世の中に それでいいの?と思ったりもしたけど それがバンクシーの言いたいことなのかも... 結局ティエリーは偽物か、本物か。 これがこの映画の問いかける問題で、それは観客に委ねられる。 あなたの感性では、ティエリーは偽物なのか、本物なのか、どっちだと思う?と。 冷静に、著作権や肖像権の問題とかを考えてしまったし どこからアートにかける資金が出てるの?とか奥さんの理解力に感心したり... 本当の話とは思えない展開で、すごく良い意味でドキュメンタリーっぽくない。 ますますバンクシーをカッコいいと思えるし、グラフィティアートについてもっともっと知りたいと思わせる作品です。 ティエリーのことも、運のいい人だし、パクリっぽいけど 悪い人ではないし、嫌いにもならないし、むしろ面白くてキュートな人だな...とも思える。 この映画を見た後は絶対、自分もなんかしてやろう!って前向きになれるとおもいます。 ポスターほしいーー! 曲も良いです!

  • nana

    DVD

  • tanakayuta3
    tanakayuta3 0 2012年4月30日

    お調子者ってやっぱいいなー。 ある意味最強だよなー。 あこがれるわー。 で、監督は誰なんだ?

  • 錆犬

    2011/09/03 UPLINK X

  • mino

    "世界で最も有名。けれど誰もその素顔を知らないグラフィティ・アーティストBANKSY初監督作品" アーティストたちと彼らをカメラで撮り続けるティエリーのドキュメンタリー映画。 この出会いがまさに"教訓になる"