三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
THE THREE MUSKETEERS
2011年製作 アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ 110分 2011年10月28日上映
rating 3.3 3.3
300 18

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 』の感想・評価・ネタバレ

  • Erika

    やりたい放題やっちゃった。 超大作なんだから細かいことは無視して何でもアリだー!ってノリの映画。時代設定と矛盾した物事がいっぱいだけど、ここまで振り切ってるとそれなりに楽しく観れる。

  • ことね。
    ことね。 3 2016年11月27日

    20161119 悪役オーランド・ブルームもよい

  • pinkfish

    多分、映画館でみたんですけど、改めてみても面白かったです。

  • Shinji Sasaki
    Shinji Sasaki 3 2016年4月3日

    2016.04.02鑑賞

  • HEROHALU

    記録用

  • mom

    期待以上!110分あっという間でした。 戦いのシーンは迫力満点な上にハラハラする部分もあって魅入ってしまったし、自分の好きな世界観だったからか画面に釘付け状態でした。 しかし、あからさまなCG(冒頭部分の水のシーンや、鍵を開けるシーンなど)が少し気になりました。もう少しさり気なく入れた方が良かったのではと…。 それと展開が少し早いので、ある程度三銃士とヨーロッパに関する知識が必要かもしれません。勿論無くても楽しめると思いますが、あった方が絶対楽しいです! 過程があやふやで思わず首を傾ける部分もありましたが、そこは勢いで見た方がいい作品ですね(笑) あともう一つ気になったのが、三銃士の存在感です。途中、ミレディによってそれぞれの特徴の説明がありましたが、なんか存在感が薄く感じてしまうんですよね…。良く言えば全員に光が当たるわ悪く言えば誰が主役なのかわからないって感じです。ダルタニアンですらパッとしないのがもったいないな〜と思いました。一番印象に残ってるのは陛下ですもん(笑) 頑張ってる姿が可愛くて…! 三銃士の名台詞は何度聞いても心に響きますね。最後の三銃士とダルタニアンが剣を合わせるシーンでは、仲間っていいなって思いました。(展開早くていつ絆深まったのかわからないけど) また機会があれば見たい作品です。

  • kei

    普通に面白かったかな。 中世ヨーロッパの情景が美し過ぎてそっちに目がいった。 ガブリエラワイルドが可愛すぎた。オーランドブルームもかっこいいわー。

  • なっさん
    なっさん 4 2015年3月2日

    「一人はみんなのために、みんなは一人のために!!!」 キャストが豪華で戦闘シーンが胸熱だった! 続編待ってる!!

  • Yuk@

    オーランドブルームが カッコ良いです

  • Yukie Ozawa
    Yukie Ozawa 3 2015年2月9日

    三銃士が今まで観てきたのと 少しイメージが違ったけど… 悪役のオーランド・ブルームと ミラ・ジョボビッチが良かった‼︎ いつも通り三銃士が悪を成敗する スカッと終われる物語

  • おーば
    おーば 3 2014年12月27日

    オーランド・ブルームがバカカッコいい

  • 映画記録用(ネタバレ有り)
    映画記録用(ネタバレ有り) 2 2014年12月24日

    映画館 三銃士の世界をより派手でスタイリッシュに描いた作品。三銃士よりもオーランド・ブルーム演じるバッキンガム伯爵やミラ・ジョヴォヴィッチ演じるミレディなど悪役の方が目立っているのが印象的。 映像はかなり迫力があり、バトルやダンジョンなども非常にワクワクできる作品でした。次作もありそうなエンディングだったが、果たして作られるのだろうか?飛行船まで出てくるしスケールがとんでもないことになりそうだが…。

  • かなえ
    かなえ 3 2014年12月11日

    ミラ・ジョボビッチ、洋画界の峰不二子!わかりやすい物語だからこそ、大袈裟な表現がさまになっていてよかった。オーランドブルームもカラフルでおもしろかった。

  • tophelos

    2014/11/05 BS 長ったらしい副題がついているが原題はそのものズバリ「三銃士」であり、ポール・W・S・アンダーソンによる今風なリメイクと捉えるのが正しいだろう。少し前にソフィー・マルソーの変化球版も観たが、我々の世代だと「三銃士」といえばリチャード・ドナー版である。繰り返し映画化されているという事が、物語やキャラクタの魅力を表しているだろう。本作では主役であるはずの銃士側よりも、敵方にミラ・ジョヴォヴィッチ、 オーランド・ブルーム、 クリストフ・ヴァルツ、マッツ・ミケルセンという豪華な顔ぶれを配するあたりが面白い。終わり方が完全に続編ありきであるが、リチャード・ドナー版のように「四銃士」は制作されないのだろうか?

  • Harumi Terasaki
    Harumi Terasaki 4 2014年9月12日

    2011/11/13 ワーナーマイカル6

  • さよ(*´ω`*)
    さよ(*´ω`*) 3 2014年7月3日

    ミラジョヴォヴィッチとオーランドブルーム! ヒロインが可愛かったです(*´ω`*) 続きがあったら観たい。 劇場で観賞。

  • ちぃ

    観てたらねちゃった。

  • fish

    ■CAST    ●アトス:マシュー・マクファディン  ●アラミス:ルーク・エヴァンス  ●ポルトス:レイ・スティーヴンソン  ●ダルタニアン:ローガン・ラーマン  ●ミレディ:ミラ・ジョボヴィッチ  ●カリオストロ:ティル・シュヴァイガー  ●バッキンガム:オーランド・ブルーム  ●ダルタニアンの父:デクスター・フレッチャー  ●ダルタニアンの母:ジェーン・ペリー  ●ロシュフォール:マッツ・ミケルセン  ●仕立て屋:ベン・ムーア  ●リシュリュー:クリストフ・ヴァルツ  ●ルイ13世:フレディ・フォックス  ●ジュサック:カースティン・ノルガード  ●コンスタンス;ガブリエラ・ワイルド  ●プランシェ:ジェームス・コーデン  ●アンヌ王妃:ジュノー・テンプル  ●OPで船にいた女性:ヘレン・ジョージ     ■原題:The Tree Musketeers ■原作:アレクサンドル・デュマ・ペール 『三銃士』 ■監督:ポール・W・S・アンダーソン ■脚本:アンドリュー・デイヴィス/アレックス・リトヴァク ■音楽:ポール・ハスリンジャー ■製作国:アメリカ/イギリス/フランス/ドイツ ■時間:1時間51分 ■主題歌:━ ■挿入歌:━ ■公開日:2011年10月28日 ■発売日:2012年4月20日 ■配給:GAGA ■ジャンル:アクション/アドベンチャー ■コメント  誰もが知ってる『三銃士』を元に『バイオハザード』の監督が担当してる映画。  勿論、奥さんであるミラさんも出てるんだけど、今回は2重スパイという悪女役です。  随所、ミラさんのアクションが観れるからミラさんファンの自分にはそれだけで十分でした。    ミレディが仕掛けられてる罠をいとも簡単にくぐり抜けてしまうシーンには、  『んなアホなーーー。』って思っちゃいました。  しっかり妻のミラさんを素敵に演出されてるって感じがしましたね。  クライマックスのダルタニアンとロシュフォールとの一騎打ちのシーンは良かったと思います。  ハラハラドキドキ。戦いを重ねるうちに成長しているダルタニアンの姿がかっこいいです。  ただ、『三銃士』というタイトルの割にあまり三銃士にスポットを当ててる率が少ないというか、魅力が感じられないというか。  今回はダルタニアンが主役で一番光ってて、プランシェの意外な活躍が印象に残ってしまいました。  ラストのあの終り方はちょっと・・・。  戦いが終わって、舞踏会を後にする三銃士とダルタニアンとプランシェ・・・・・・・。で綺麗に終わらせた方が良かったのでは?  まさか、自死したはずのミレディがバッキンガムに救われてて生きていた、そしてバッキンガムの復讐が始まる??  続編を匂わせるような終わらせ方をしちゃったんですねぇ。  しかし、本当にするんでしょうか。  自分は続編は望まないですね。

  • n0x0n

    2014/5/6

  • 333io

    TSUTAYAにて、気になっていた作品。 なんか、どーしてもパイレーツと重ねちゃう。