世界侵略:ロサンゼルス決戦
世界侵略:ロサンゼルス決戦
BATTLE:LOS ANGELES
アメリカ 2011年9月17日上映
rating 3.1 3.1
179 10

『世界侵略:ロサンゼルス決戦』の感想・評価・ネタバレ

  • やじろべえ
    やじろべえ 3 2017年2月20日

    中途半端な感じがしたけど、意外と面白かったです。 いいお金の掛け方してる感じで、スケール感がありましたよ^ - ^

  • えいちゃん
    えいちゃん 3 2016年2月3日

    結末の歯切れが悪い

  • なおと
    なおと 4 2015年7月21日

    いいね、エイリアンの地球侵略 ドンパチ好きにはあり

  • Kobayashi Shoki
    Kobayashi Shoki 3 2015年6月28日

    以外に面白かった。ひたすら戦闘シーンで内容らしい内容はありません。

  • chiho

    予想以上に面白かったです。 最初に集中して各海兵がどんな立場にあるのか描いています。それが、途中でかなり利いてきて、戦いの中で亡くなっていく海兵の思いや言葉がそこまで多く描写されていませんでしたが、充分でした。 終始緊張感がある戦いや展開はすごかったです。敵は宇宙からやってきて、見た目も威力も特段珍しくはない。ただ、絶望的に強いわけでもなく、撃てば殺せるほどよい強さと知的レベルが良かったと思います。 全く気持ちが休まる時がなくカロリー消費量高そう。これは、映画館で見たかったかも。

  • 英樹諌山
    英樹諌山 2 2015年5月22日

    全てにおいて中途半端

  • Ryo

    海「バトルシップ」空「インデペンデンスデイ」ときたら陸は本作品「バトルオブロサンゼルス」じゃなくて「ロサンゼルス決戦」笑 バトルオブロサンゼルスは類似B級映画です^ ^ 人類VS地球外生命体の作品の中では上の方にくる作品ですね^ ^ 言い方変ですけどラスト5分くらいからがこの映画が始まります、この映画1本だとほぼ前振りに過ぎません笑 続編は恐らくないと思いますけどそう思える1本です。

  • Ayano

    戦争映画みたいだった。苦手。はらはらさせられるし、勇姿を感じるところもあってぐっとくるものはある。

  • 田中卓也
    田中卓也 3 2015年5月17日

    ストライクパッケージ最高!

  • zume

    登場人物が多すぎて、あの銃撃戦の中で誰が誰だか分からなくなる。

  • とし

    突然宇宙人が侵略して来てアメリカ陸軍と対戦になり初めから終わりまでずっと撃ち合う感じだ。宇宙人は地味でやたら強く、これ絶対太刀打ち出来ないだろって思っていたのに最後は逆転してしまうかなり都合が良い展開。SFものでも全体的に微妙だ。

  • Tsugu

    戦争ものだね。意外とまとも。思ってたより大規模になってた(笑)

  • ぶうさん
    ぶうさん 0 2015年5月16日

    20150519 0213 試聴終了 20150516 2230 試聴開始

  • roseちゃん
    roseちゃん 4 2015年4月9日

    めちゃくちゃ面白かった٩(๑> ₃ <)۶♥

  • TAKUYA

    neyo✨

  • Kei Miyazato
    Kei Miyazato 1 2014年10月29日

    真珠湾攻撃の後アメリカ本国への攻撃を警戒中の1942年、ロスアンジェルスへ何十機もの飛行物体が現れアメリカ空軍が出撃 ミサイルをいくら打ち込んでも一発も当たらず飛行物体は消える、、という事件があり日本軍の攻撃と勘違いして3人が心臓発作で死亡、、ロスアンゼルス決戦と新聞にも載ったらしいのでホラ話しとも片付けるのもどうだろう?検証して映画化して欲しいな!肝心のこの映画は有りがち過ぎて予想通り。

  • Mari

    宇宙人が地球に攻めてくるよくあるストーリー。あまりハラハラ感もなく(^_^;) 「軍人数名vsたまたま出会した宇宙人数体」って感じ。

  • アパ予約して。
    アパ予約して。 3 2014年9月6日

    2011にDVDで

  • F(仮名)
    F(仮名) 3 2014年7月6日

    DVD所持 レンタル落ちをつい購入してしまった。最近アーロン・エッカートが何か好きで。 リアル宇宙人が攻めてきたら話。一小部隊から見た対宇宙人戦。人間関係もなかなか複雑で面白い。 ルーカス・ティルが出てるんだけど、どこで退場したかよく分からなかった。

  • yamahei
    yamahei 1 2014年7月1日

    あえてなのか、予算の影響からかは分からないですが、世界規模で起きている危機を扱っているはずなのに最初から最後までものすごく狭くるしい印象。カメラも寄りのシーンばっかなのでそんな印象を受けるのかもしれません。 戦闘シーンが映画の9割を占めてます。他に特にどうということもありません。よくあるストーリーです。まあ、そういう映画として見ればよく出来ています。