釣りバカ日誌4

釣りバカ日誌4

1991年製作 日本 96分 1991年12月23日上映
rating 2.8 2.8
10 0

『釣りバカ日誌4』とは

やまさき十三、北見けんいちの同名連載コミックを原作に、主人公であるサラリーマンのハマちゃんと社長のスーさんが繰り広げるコメディ映画第4作目。第3作目に引き続き、栗山富夫が監督を担当。脚本は「男はつらいよ」シリーズの山田洋次と堀本卓が共同で執筆。撮影も引き続き安田浩助が手掛けた。第15回日本アカデミー賞を受賞作品。 キャストには、レギュラー出演の西田敏行、三國連太郎、石田えり、丹阿弥谷津子らと、ゲスト出演として『略奪愛』(1991年)の尾美としのり、アイドル歌手でもある佐野量子を迎えた。

『釣りバカ日誌4』のあらすじ

子供を授からない事を悩んでいたハマちゃん夫婦だったが、ついにみち子(石田えり)はめでたく妊娠する。仕事はそっちのけで定期健診に付きそう大喜びのハマちゃん(西田敏行)。その頃、スーさんこと社長の鈴木一之助(三國連太郎)は、営業三課に配属された甥の宇佐美和彦(尾身としのり)の仕事のやる気の無さに頭を抱えていた。そんな和彦は自由なハマちゃんに憧れハマちゃんの家に出入りするようになっていた。 そして、そこで出会った船宿・八郎(中本賢)の妹である太田町子(佐野量子)と恋に落ち交際をすることに。しかし、町子は八郎から反対され二人は和歌山県の漁師町へ駆け落ちするのであった。そして、二人を探す事を口実に釣りが目的のハマちゃんとスーさんは和歌山の漁師町へ向かうのだが......。

『釣りバカ日誌4』のスタッフ・キャスト

『釣りバカ日誌4』の感想・評価・ネタバレ

『釣りバカ日誌4』に関連する作品