テルマ&ルイーズ
テルマ&ルイーズ
Thelma & Louise
1991年製作 アメリカ 128分 1991年10月19日上映
rating 3.8 3.8
86 25

『テルマ&ルイーズ』の感想・評価・ネタバレ

  • hattin

    2017.7.2 うーん馬鹿映画 男にはこの気持ちは分からん

  • yukakurobe
    yukakurobe 2 2017年6月9日

    『テルマ&ルイーズ』鑑賞。結構前に観たけども、終わり方のモヤモヤ感は未だに覚える。二人の正反対の女性が自分を取り戻すロードムービーだけども、特に心に引っかからなかった。途中は確かに吹っ切れて楽しそうではあるけども、吹っ切れ方が自分を取り戻すというより人生最後の日を思いっきり楽しむという感じで見ていて良い気分にならなかった。

  • Daiki Kinoshita
    Daiki Kinoshita 3 2016年11月24日

    監督・リドリー スコット シドフィールドの本にやたらと書かれていたので鑑賞。 個人的にはハマらなかったけど、ストーリーが進むにつれて、テルマとルイーズが吹っ切れていくあたりが、最後の最後で人生を楽しんでいた。なんだかなぁ。

  • chuchupachups
    chuchupachups 4 2016年4月29日

    女友達って最高!!!!!って感じ。ファッションが激かわいい♡ビキニにGジャン最高。

  • HM world-traveller
    HM world-traveller 3 2016年3月11日

    女2人の破滅型ロードムービー。友達って、似た者同士故に話が合い意気投合するケースと、正反対で自分に無いものに惹かれ親しくなるケースがある。テルマとルイーズの場合は明らかに後者。姉御肌でテキパキと事を進めるルイーズに対して、ふわふわしている上に旦那の顔色を伺いながら言いたいことを飲み込むテルマ。 前半ルイーズに感情移入した私はテルマにイライラ。彼女の軽率な行動や あり得ないほどの無防備さが事件や被害の引き金になる。映画で見ているぶんには「憎めないキャラだわ」で済むけれどこれが現実の友達だったら、、うーん、やってられない(笑)。それでもルイーズがテルマと行動を共にするのは 「あんなことが起きた以上は一連托生、運命共同体」という気持ちだろうけど、事件以前については、男性に関する苦い経験という同種の痛みから来る親近感が大きいのかもしれない。 鳥籠の鳥のように妻を支配下に置きたがる夫、レイプ、レイプ未遂、一夜を共にした後の持ち逃げ。本作に出てくる男はどいつもこいつもロクでもないのである (笑)。けれど男に翻弄されて人生を台無しにしたなどとは言いたくない。ルイーズのトラウマのレイプのいきさつは不明だけど、テルマの場合は自分の意思による行動が発端なので責任の一端、いや大半は自分にあると思う。 この映画のテーマについて「抑圧からの解放」「自分らしさを取り戻す」というのを見かける。それは否定しないし、多様な見方があっていいと思うけれど私はこれが解放だとは思わない。すべては男のせい?すべては旦那のせい?籠の中の鳥が心から嫌なら、子供もいないんだし離婚して自立すればいい。仮に「男が一方的に悪い」と仮定して、それならばなおさらその悪い奴らのせいで 死を選択することはないと思ってしまう。 リアルな目で見ると、人物描写にリアリティが無さ過ぎだし女はこんなに弱くないわ〜、とも思うし、一方どこまでもエンタメとして見て 犯罪は抑圧からの解放の極端なメタファーだと解釈すると 峡谷に飛び込むくらいならいっそ酷い目にあわせた男達と刺し違えて死ぬほうが納得感あるな、と思う(笑)。女の私から見ると、これは男性目線で作った映画に見えて仕方がないのであった。 モニュメントバレーやグランドキャニオン(の一部)の映像と若きブラピの見事なチンピラぶり(褒めてます)は見どころ。

  • Aki

    テルマとルイーズの2人の女性のロードムービー。 想像以上に刺激的で面白かった。 前半、しっかり者のルイーズの忠告も全然聞き入れずダメダメなテルマだけどいつの間にか頼もしくなってて良かった。

  • HEROHALU

    記録用

  • Ryoco

    楽しい女二人旅のはずが運命を左右する旅になるとは・・・。 テルマはレイプされかけたのに胡散臭いブラピを部屋に入れた挙句、金盗まれちゃうわでイラついたけどそれを教訓(?)に破天荒なビッチに変貌してきてひと皮むけた姿は恰好いいとさえ思った(笑) なんとかメキシコまで逃げてほしいと思ったけど崖っぷちで包囲されて腹くくって自滅するシーンはなぜな清々しかった。 私的にテルマ&ルイーズは何回でも観たくなる作品に追加されました♪

  • fuyu

    可愛げはあるがおバカなテルマのせいでどん底へ。けどこれが本当の自分でこの旅楽しい~、っと前向きな2人。最後は友情にちょい泣けちゃう。

  • Ayk

    最高!

  • Alex

    沢山の人がフェミニズムに目覚める少し前。 私はこの時代が好き 女性のパワーに鼓舞される まだみんなが水底で耐えている時に 飛び出して強さや自分の価値を見せつける あんな時代でもそんな少数の女性が世界の所々にいたの 私たちが今こうして生活できるのは彼女たちのおかげもある 今の気取った言葉で女性の権利だの訴える運動はとても好きじゃないけどね。 20141122

  • roseちゃん
    roseちゃん 3 2014年10月6日

    ブラピさまぁ

  • tora404

    映画を観て「面白くなかった」としか思えない作品はそうそうない。 面白くなくても約2時間の上映時間の中には少なからず心に残るシーンやなるほどと思えることがある。ほんの些細なことだけどそのちょっとのシーンのお陰で面白くない映画もなんとなく救われるような気がするし、なにより約2時間観た自分が救われるのである。 というか2時間無駄じゃなかったなと自分で慰めているのかもしれない。 これはあかんやつ(映画)やな…。と思い始めた瞬間からどこかいいシーンはないのか、心に引っかかるシーンはないのかと必死になって探し始める。ストーリーそっちのけで探す。そうやって必死に探すと大抵の映画の場合見つかるものなのです。 この映画はロードムービーというジャンルです。このジャンルは観た記憶が無いなと思いちょろっとあらすじを読んでみました。 簡単に書くと、退屈な日々を過ごしてたルイーズと夫婦仲が冷えきったテルマがある日突然ドライブに行きます。途中で止まったドライブインで羽目をはずしてお酒をガンガン飲んでたらテルマがレイプされそうになったからルイーズが男を撃ち殺す。そこからドライブが一転して逃避行になっちゃたよ。という感じ。 あぁ理不尽なことに巻き込まれながらキャッキャウフフと笑いあり涙ありのドタバタコメディみたいな感じなんだろうな、これはちょっと面白そうだなと思い見始めました。 で、問題の撃ち殺すシーンまで来ました。僕のイメージだとテルマが襲われてキャーやめてー!とそこにルイーズが銃を持って登場。「放しなさい!」「なんだこのヤロー!」と揉み合いになってズドン。やべー殺しちゃったよ。警察行くにも今まで和気あいあいと飲んでた男にレイプされそうになったとか信じてもらえそうにないから逃げるぜ!ぶいーん。というのを想像してましたが実際は テルマ「キャーやめてー」男「おらおら」ルイーズが銃を持って登場「放しなさい!」男「お、おう。」「テルマ行きましょう」という所で男が罵声を浴びせます。内容は覚えてないけど早くやっときゃ良かったぜ。口でしろよ!みたいな感じ。そこで怒り心頭、怒りのアフガンと化したルイーズがズドン。 あれあれー?ですよ。いや、確かにこの男の口は悪かった。あんな酷いこと言われたらまあしょうがないかもしれない。それに後々ルイーズのトラウマみたいなのも直接ではないけれどほのめかすシーンもあるのでしょうがないかもしれないけど、その理由で撃ち殺したらこの後のドタバタコメディちょっと無理。ここで理不尽なドタバタコメディの線が僕の中では消えてしまいます。この後どうなってしまうのか!と思いながら続きを鑑賞しました。 なんかもう書くのが面倒になってきたな。 この後の展開をちょっとワクワク、ちょっとハラハラ(違う意味で)して見てたのですが、映画自体は理不尽なことが積み重なって逃げなければいけないという、僕が最初に思い描いていたドタバタコメディを描きたいそんな気持ちがムンムンと臭ってくるのです。 しかし、どう考えてもどう見ても理不尽ではない。自業自得だ。いやこの二人以外の人達からしてみれば理不尽極まりないんだけど。もうなんか胸くそ悪い。お前ら早く死ね!としか言えない。ラストもなんか清々しい感じで終わったけどはあああああという感じ。なにが本当の友達よね♡だよ!うんこ!死ね!って思った。 理不尽系ドタバタコメディで行けばまぁ納得出来たかもしれないけどホントに酷い。 こりゃうんこ映画だな。1つもいいシーンがなかったし2時間完全に無駄にしたな!くそ!と思いながら停止ボタンを押しました。そしてこの気持を誰かと共有したいきっと皆こんな気持ちのはずだと思いながら光の速さで光回線のインターネッツを開き光の速さで検索して評価を見てみたらですね、もうめちゃめちゃ評価いいの。いっぱい賞とかとってんの。なんだこりゃ。どうなってんだ。 というわけでこんな映画を他の人に見せるわけにはいかない。2時間無駄にさせるわけにはいかない。誰か見ようかなと言ってたら殴ってでも見させない。こんなもの見るくらいなら2時間犬のうんこ見てたほうがまだましだ。僕みたいな被害者を2度と出すわけにはいかない!このサイト(ciatr)でレビューを書いて読んでくれた人だけでも思い留まらせたいと思ったのですがどうやら僕は少数派みたい。単純に僕にはあっていなかっただけみたい。 この映画すごく面白いらしいので観てみるといいと思うよ!

  • しぐれ
    しぐれ 1 2014年7月3日

    こういう巻き込まれ系不幸スパイラル話って(ホラー映画もそうですけど)不幸展開のターニングポイントで『登場人物には、もうその選択しかなかった』『そうするしかなかった』と思わせてくれないと乗れないんですよー。 この映画はいちいち、『え?なんでそんな愚かな行動とるの?』『いやさっさと警察に連絡しろよアホかよ』とツッコミまくりで全然主役二人に共感出来ませんでした。アラフォーのおばさんにしちゃ頭悪すぎるでしょ!これが女子高生二人の逃走劇とかならまだしも。 ラストの、お話に上手くオチがつけられないから安易に登場人物を殺して美談っぽくしちゃう展開も園子温的で大嫌い。二人が死を選ぶ動機がわかんない。やっと親友と人生のきらめきに気付けたんでしょ?過剰防衛の殺人なんか5年くらいで出所できますやん。そこは泥をすすっても生き続けるべきじゃないの?人の命をなんだと思ってんのよ。携帯小説みたい。

  • Kumiko Matsubara
    Kumiko Matsubara 2 2014年6月10日

    思い出し記録。 最後のシーンが印象的すぎる。

  • さくら
    さくら 4 2014年6月9日

    #eiga #movie どんどん追い込まれていくはずなのに、なぜかすっきりした気持ちになっていく女性ふたりの逃避行。女についてくる現実と悲しさ。少しずつ色々なものを諦めていた日々より、なぜか逃避行が清々しいから不思議。なぜこんな美女ふたりの周りにろくな男のひとがいないのよ...こういう自立もありなんじゃないかな?人生が鮮やかに変わっていく瞬間を見たよう。たくさん笑った。特に女の人は観るべき!

  • S.Watanabe
    S.Watanabe 5 2014年5月23日

    きっと女性はこうあるべき!!なんていうフェミニズム爆発の痛快ロードムービー。 最高のラスト。最強の2人。最上の青春。 青春ってやっぱりどこか切なくないとね。

  • Kei Tani
    Kei Tani 4 2014年4月30日

    ブラピが若かったw

  • しげ

    中年?女性2人で旅に出て、ひょんなことから殺人。逃亡しつつ、どんどん泥沼にはまり、最後は…。 最後まで展開も良く、楽しめた。ハッピーエンドではないが、何と無く清々しく、開放感を感じる。 若かりし頃のブラピが出てきて、びっくり。

  • Satoko Suzuki
    Satoko Suzuki 5 2014年4月14日

    解放されて、どんどん素敵になって行く主婦2人の逃避行。絶望的なラストなのに、スカッとするのが不思議。二人の笑顔のせいかしら。 ちなみに、私はこの映画が初ブラピです。