波の数だけ抱きしめて

波の数だけ抱きしめて

1991年製作 日本 104分 1991年8月31日上映
rating 3.4 3.4
11 1

『波の数だけ抱きしめて』とは

1982年の湘南のFM局を舞台に、サーフィンブーム真っ只中の若者達の恋愛模様を描いた1991年公開の青春映画。 バブル景気以降、流行を生み出したホイチョイプロダクションズ馬場康夫監督が手がける、「ホイチョイ・ムービー」よばれ大ヒットした映画三作のうちの一つに数えられる作品。 出演は『Love Letter』、『東京日和』の中山美穂、「踊る大捜査線」シリーズの織田裕二、テレビドラマ『臨場』の松下由樹、「闇金ウシジマくん」橋爪弁護士役の阪田マサノブ、テレビドラマ『魔女の条件』の別所哲也ら。 音楽は『私をスキーに連れてって』でも馬場監督とタッグを組んだ松任谷由実が担当。劇中のラジオで流される曲にはJ.D.サウザーの「ユア・オンリー・ロンリー」などAOLと呼ばれるメロディアスなロック曲も流され、82年当時を懐かしむような曲が多用されている。

『波の数だけ抱きしめて』のあらすじ

1991年11月、田中真理子(中山美穂)の結婚式を見つめるかつての仲間たち。結婚式の帰り道、小杉正明(織田裕二)と芹沢良明(阪田マサノブ)は茅ヶ崎に向かう途中で車を停め、二人は学生時代を懐かしく思い出していた。 1982年5月。大学4年で就職を控えた小杉、芹沢、真理子、友人の高橋裕子(松下由樹)は、無線マニア・芹沢の提案で、湘南にミニFM局を開設することになる。FM「Kiwi」と名付けられたミニFM局で、DJを務める真理子は間もなく留学のため、両親の居るロサンゼルスに7月には引っ越す予定だった。しかし、真理子は想いを寄せる小杉にはまだ気持ちを伝えられないままでいた。 ある日広告代理店に勤める吉岡(別所哲也)が湘南キャンペーン企画のためにFM局に現われ、真理子に一目惚れをする。吉岡はキャンペーンを利用して真理子に急接近する。それぞれの気持ちがすれ違う中、真理子がロサンゼルスに立つ当日、彼女に気持ちを伝えようと小杉はマイクの前に立ち放送で「好きなんだ、お前が!」と伝えるのだが。

『波の数だけ抱きしめて』のスタッフ・キャスト

『波の数だけ抱きしめて』の感想・評価・ネタバレ

  • おくてぃん
    おくてぃん 5 2015年9月19日

    ミポリンと松下由樹がマブすぎだョ! 私もこの時代に産まれたかったー!

  • okdkstmp
    okdkstmp 0 2012年2月12日

    #eiga バブルの時期に作られたホイチョイプロダクション3部作の最後の作品。中山美穂と松下由樹の不自然な肌の黒さに撮影当時の時代の勢いを感じる。話の内容は1982年の湘南が舞台の恋の話なのだが、何とも切ないお話…。かなり前にも観たけど、こんなに切ない話だったっけ?人間歳を重ねるとモノの捕らえ方感じ方が変わると言うことでしょうか。映画としては、話が破綻していたり突っ込みどころ満載なのだがそんなのはもうどうでもよくて、ただひたすらにわざとらしさと懐かしさを楽しむ!!そういう映画。コレれでいいのだ。

『波の数だけ抱きしめて』に関連する作品