ぼくらの七日間戦争2

ぼくらの七日間戦争2

1991年製作 日本 80分 1991年7月6日上映
rating 2.3 2.3
9 0

『ぼくらの七日間戦争2』とは

1988年公開。宗田理の同名小説を映画化。中学生の少年少女たちが、理不尽な学校や大人たちに対抗し、廃工場にたてこもり知恵をしぼって戦うエンターテイメント。監督はこの作品がデビュー作となった菅原浩志。主演は宮沢りえで本作で日本アカデミー賞新人賞を獲得した。出演者の生徒たちは、1万人を超える一般公募で選出された少年少女たちで、それぞれ個性的な演技をみせた。作品内に登場する61式戦車は本物そっくりに制作されており話題になった。

『ぼくらの七日間戦争2』のあらすじ

青葉中学1年A組から男子8人が行方不明になった。学校や親たちは騒ぎにならないように事態を世間から隠し、必死に捜索活動を開始する。実は彼らは、町はずれの元自衛隊の廃工場に立てこもり、学校や親たちに闘いを挑むつもりだった。様子を見に行った女子たちも彼らの考えに共鳴しと合流することを決意する。バリケードを築き、徹底抗戦の構えを見せる。大人たちもシャッターを壊し工場に侵入。前代未聞の戦いが始まる。 しかし生徒たちが知恵をしぼった様々な仕掛けに悪戦苦闘する大人たち。子供たちはついに戦車まで持ち出し、大人たちも機動隊に出動を要請することを決めるなどして騒ぎはどんどん大きくなっていき......。

『ぼくらの七日間戦争2』のスタッフ・キャスト

『ぼくらの七日間戦争2』の感想・評価・ネタバレ

  • kumi

    1は懐かしさで見れたけど、2は何故かキツかった。色々無理がありすぎるかなぁ。

『ぼくらの七日間戦争2』に関連する作品