劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母大暴走!

劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母大暴走!

2010年製作 日本 43分 2010年11月13日上映
rating 3 3
4 1

『劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母大暴走!』とは

原作はけらえいこの同名漫画『あたしンち』。 劇場版アニメーション作品の第2弾で、シリーズ初の3Dアニメーション作品である。監督は、劇場版『クレヨンしんちゃん』シリーズで演出を担当していた高橋渉。 監修は前作の劇場版や、テレビアニメシリーズでも監督を務めたやすみ哲夫が担当している。声の出演にテレビアニメ『Yes!プリキュア5』の渡辺久美子、『銀魂』の折笠富美子、『魔法陣グルグル』の緒方賢一、『もやしもん』の阪口大助など。主題歌を矢沢永吉の長女、矢沢洋子が歌う。

『劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母大暴走!』のあらすじ

ある日の朝、いつものように過ごすタチバナ家の家族たち。特に母はなにもかも調子が良くウキウキしていた。 しかし、そんな母に雷が直撃する。すると母に「超能力」が宿った…!? 家族に嬉々として超能力を披露する母。調子に乗った母は、家事を超能力でこなすようになる。徐々に家族も超能力が使える母に慣れてしまい驚いてもらえなくなった母は、ついに家を飛び出し「正義のヒーロー」として超能力を使ってこっそり人助けを行うようになる。 しかし、そのせいで家を疎かにしてしまい、家族から反感を買ってしまい大喧嘩。長女・みかんからは、母の行動は余計だと指摘され、母は思わずみかんを吹き飛ばしてしまう…。

『劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母大暴走!』のスタッフ・キャスト

『劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母大暴走!』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『劇場版3D あたしンち 情熱のちょ~超能力♪母大暴走!』に関連する作品