男はつらいよ 寅次郎の休日

男はつらいよ 寅次郎の休日

1990年製作 日本 1990年12月22日上映
rating 2.7 2.7
3 0

『男はつらいよ 寅次郎の休日』とは

「男はつらいよ」シリーズの43作目。『男はつらいよ ぼくの伯父さん』の山田洋次と、朝間義隆が共同で脚本を執筆。監督も山田洋次が手がけている。第42作『ぼくの伯父さん』から一年後の物語を描く。マドンナは前作に引き続き後藤久美子がつとめ、ゲストとして夏木マリ・寺尾聰・宮崎美子らが出演。ロケ地は大分県の日田。満男と泉、そして寅次郎と泉の母・礼子の恋が同時進行するストーリーである。キャッチコピーは「若い二人のかけおちに おじさん いよいよ登場!」。

『男はつらいよ 寅次郎の休日』のあらすじ

晴れて大学生になった満男だったが、あまりパッとしない毎日を過ごしていた。ある日、満男の元に初恋相手の及川泉がやってくる。泉の両親は別居しており、その不自然な生活に耐えられなかった彼女は父親を捜すために上京してきたのだという。満男は泉と共に彼女の父・一男の勤める秋葉原の電気店を訪ねるが、一男はすでに仕事を辞め、大分県の日田市に住んでいることがわかる。東京駅に泉を見送りに来た満男は、彼女が九州に向かうと聞いて居てもたってもいられず自分も新幹線に乗り込む。寅次郎は満男から電話を受け心配するさくら達を「子ども扱いするな」とたしなめるが、泉の母親である礼子がくるまやにやってきた途端態度が一変。「すぐに探しに行きましょう」と礼子を連れてブルートレインで九州へと向かう。

『男はつらいよ 寅次郎の休日』のスタッフ・キャスト

『男はつらいよ 寅次郎の休日』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『男はつらいよ 寅次郎の休日』に関連する作品