ゴースト ニューヨークの幻

GHOST
アメリカ
rating 3.8 3.8
450 40

「ゴースト ニューヨークの幻」とは

1990年、アメリカのサマー・シーズンで、数ある超大作(「トータル・リコール」「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3」など)を向こうに回し、興行収入No.1に輝いた大ヒット作。ラブ・ロマンスにファンタジーを絡めた1本である。銀行員のサムは恋人のモリーと共同生活を始めるが、その矢先に暴漢に襲われて幽霊になってしまう。かつての同僚カールに操られ、自分を殺した男を発見したサムは、エセ霊媒師オダ・メイの力を借りて、モリーを狙うカールの悪事に立ち向かう……。心で通じ合う恋人たちの姿が感動的。名曲『アンチェインド・メロディ』が切ないドラマを盛り上げる。

「ゴースト ニューヨークの幻」のスタッフ・キャスト

「ゴースト ニューヨークの幻」の感想・評価・ネタバレ

  • Tokiya_Suzuki
    Tokiya_Suzuki 5 2016年5月8日

    不朽の名作。 絶妙の役者、演出で 織りなすおとぎ話。

  • nyanhoho
    nyanhoho 3 2016年2月11日

    サスペンスな感じもありつつ、純粋なラブストーリーです。昔の映像の感じもまた素敵でした!

  • theskinheads
    theskinheads 3.5 2015年11月27日

    ライチャス・ブラザーズの歌う主題歌が大好き。 これも誰もが知ってるような映画だけど涙もろい自分には結構泣ける映画だった。 観た当時自分には心から好きな人がいたからかもしれない。誰しもがこうやって身近に霊体を感じれたら、そりゃあ恨みをかった人からは何されるかわからないけど、死んで終わりじゃないって考えられたらどれだけ報われるか。 主題歌とかラブストーリーの面が強調されてて、もちろんそうなんだけどこの映画ってちょくちょくコメディが入ってるんだよね。ただの純愛だけで成り立ってる映画ではないと思うよ。 女優の名前は分からないけどドアの前で座りながら泣いてるシーン。今でもジーンと来るものがある。きっと僕だって一途な人間だからね

関連する記事

「ゴースト ニューヨークの幻」に関連する作品