ホーリー・マウンテン

The Holy Mountain
アメリカ
rating 3.8 3.8
32 20

「ホーリー・マウンテン」のスタッフ・キャスト

「ホーリー・マウンテン」の感想・評価・ネタバレ

  • Kenta_Kawamura
    Kenta_Kawamura 3.5 2017年12月1日

    美術に疎いですが、この作品が美術に感じたのは、私だけでしょうか? 手足のない男が印象的でした。

  • mazda620
    mazda620 4 2016年9月15日

    泣く子も黙る、鬼才ホドロフスキーの超大作。シュールとかいうレベルじゃないし、オカルトとかいう枠を優に超えてホドロフスキーというジャンルを完全に確立してる。 どんな映画と聞かれてもちょっと説明できませんとしかいえません。あと10回観たとしてもたぶん同じことしか言えない・・・。ただホドロフスキーの中では1番好きだった。 開始5分であいた口が塞がらない。超神秘的、宗教的、冒頭の念仏に合わせた謎の儀式だけで既に強烈。 修行やら儀式やらして、変な人々と共に聖なる山を目指すんですがストーリーなんてほぼおまけなようなもんで、話を理解できてもできなくても面白いと思える人にはすっごい楽しい映画だろうし、合わないひとにはただの気色悪い映画にしかならないと思う。気色悪さは否定できないけど、きしょいのありきでこれが面白い。 イエスキリストが逆さまになって風船で飛ばされたりとか、生の裸体を飾るアトリエとか、棺桶のような住居シェルターとか、ヒキガエルとカメレオンのサーカスとか。斬った体から果実がでてきたり鳥がでてきたりなんてフォースメンでもこんなイリュージョンできません。相変わらず血が空と同じようなコントラストで美しく描かれる。 ホドロフスキーはこれらをどういう意図で表現しているのか、宗教論に対して知識も興味もないので少しも理解できないけどただただ圧倒される映像の連続。そして少しも理解できないはずなのに、それらから人への強烈な皮肉を感じる不思議。15年後の戦争のために、今から子供達に「戦争ごっこ」をさせる教育。ペルー人を見たら喜んで殺せるようにと悪役がペルー。北朝鮮がアメリカ人を悪役にする教育法にそっくり。ただただ唖然。 『ガンモ』と同様、パッケージがおしゃれだからなんてあまいきもちで鑑賞したら2時間後にはトラウマです。これ見たあとならわりとなんでも普通に観れそう。ホラーよりもずっとホラーだしサイコパスよりもずっとサイコ。でも間違いなくすごいセンス。 『権力や金があっても人は必ず死ぬ』と『決定事項は妻の性器で決める。濡れているならイェス パサパサならno』がとても印象に残った。妻、ミイラだけどな。

  • Koji__Mitani
    Koji__Mitani 3.5 2016年3月4日

    「カメラよ引いてくれ」

「ホーリー・マウンテン」に関連する作品