バカヤロー!3 へんな奴ら

バカヤロー!3 へんな奴ら

1990年製作 日本 94分 1990年10月20日上映
rating 0 -
0 0

『バカヤロー!3 へんな奴ら』とは

気弱な主人公がストレスを爆発させ「バカヤロー!」と叫ぶまでの物語を4つの群像劇で描く人気シリーズ第三弾。総指揮・脚本は第二弾と同じく『悲しい色やねん』(1988年)の森田芳光。本作で迎えた監督は、鹿島勤(第一話)、長谷川康雄(第二話)、黒田秀樹(第三話)、山川直人(第四話)らの4人である。撮影は、『キッチン』(1989年)の仙元誠三が担当した。 各話の主役には、平田満、清水美沙、中村雅俊、永瀬正敏を迎えた。

『バカヤロー!3 へんな奴ら』のあらすじ

第一話「こんな混んでどうするの」家族で帰省の途中、国道のドライブインで吉村秀樹(平田満)は、トイレの行列に耐え切れず用を足さずに車に乗り込んでしまう。ところが出発してすぐ、渋滞の中で秀樹は再び尿意に襲われる。そんな秀樹に数々の邪魔が入り爆発寸前という時、息子に渡された空きカンに用を足そうと決意する。それを妻の美栄子(原田美枝子)が止めようとした瞬間、秀樹はついに「バカヤロー!」と叫ぶのだった……。 第二話「過ぎた甘えは許さない」ショーパブのダンサー・西岡ひかる(清水美砂)は、両親と三人で暮らしていた。ある日、離婚したわがままな姉・みどり(松本伊代)が息子を連れ出戻った。わがまま放題のみどりの態度に我慢するのだが、それが原因でひかるは彼氏とも別れるはめに。一向に治まらないみどりのわがままに、ひかるの我慢は遂に限界に達した......。 第三話「会社をナメるな」就職情報誌の課長・中島典雄(中村雅俊)は、部下達の退職に悩んでいた。部長(角野卓造)から喝を入れられ、辞めた元社員達に辞めた原因を聞きに回るのだが、いまいち突き止めることが出来ない。そこで彼は、温泉への社員旅行を思いつく。旅行は楽しく盛り上がり喜ぶ典雄だったが、翌朝戻った会社では部下達は二日酔い。仕事にならない部下達に典雄の責任だと言われ、遂に典雄のイライラは爆発するのであった......。 第四話「クリスマスなんか大嫌い」寂れた商店街に活気を取り戻そうと薬屋の息子・岡嶋正(永瀬正敏)は、都会でばかり遊ぶ友人をよそに、一人街に残り、商店街のイメージチェンジを試みる。そして、都会から戻った友人たちは盛り上がっている商店街を目にすることに。彼らを迎えたサンタ姿の正はマイク手に「バカヤロー!」と叫ぶのであった......。

『バカヤロー!3 へんな奴ら』のスタッフ・キャスト

『バカヤロー!3 へんな奴ら』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『バカヤロー!3 へんな奴ら』に関連する作品