"それはないでしょ。"と思わせるようなスターウォーズ7の噂まとめ

2017年7月6日更新

ジャー・ジャー・ビンクスは黒幕?ハン・ソロがジェダイ?レイが悪役?それはないでしょ、というあらゆる噂をお届けします。

『スターウォーズ7』の噂はどうしてこんなにたくさん広まっているのでしょうか?

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、まだ映画館に到着すらしていませんが、史上最も話題になることが多い映画の一つでしょう。その原因はまずJ・J・エイブラムス、キャスリーン・ケネディ(プロデューサー)、ルーカスフィルムそしてディズニーが初日までそのプロジェクトを覆い隠してきたからだと言えます。

その徹底した秘密主義のおかげで、スターウォーズの膨大なファン層は当て推量を徹底的に掘り下げ続けないといけなかったのです。ネット上の『フォースの覚醒』に対するファンの噂は果てしなくたくさんあります。公開準備中にファンにこんなにも多く噂された映画は他に思い当たりません。

この中でいくつかの噂は大いに意味があり、最終的に映画が公開された時、真実だったのか、ということになるでしょう。しかし他方で、噂のいくつかははっきり言ってむしろばかげています。

では、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』がいよいよ12月18日に映画館に到着するまでの間、的外れな噂をいくつかご覧ください。

1. ルークはダークサイドに加わります(?)

J.J.エイブラムスがスターウォーズの本・マンガ・ゲームの膨大な宇宙からインスピレーションを受けても不思議はありません。しかし、できれば失敬してほしくないアイデアはルークが『ジェダイの帰還』の後何十年かの間にダークサイドに転じるというものです。

悪のルークというアイデアにドラマチックな可能性があるのは否定できませんし、マーク・ハミルが錯乱した狂気の悪党を演じられることを私たちは知っていますが、広く知られているこのファンの噂が全く理にかなっていない大きな理由があります。これでは前6作の映画の主旨が打ち消されてしまうからです。

最初の3部作から始まり前編に展開したスターウォーズの物語は全てスカイウォーカーの家族についての話です。全体としては、壮大な銀河の父と子の話で、その中でルークはアナキンの悪行を解き放ち、ぎりぎり最後の瞬間にダークサイドから引き戻しました。そうすることにより、ルークとアナキンは最終的に銀河を救いました。

エイブラムスはこの膨大な一連の6作品の結果を無駄にしてルークを悪漢に変えるつもりはないでしょう。エイブラムスは熱心なスターウォーズファンなので、ルークを新しい悪漢にすることでジョージ・ルーカスの仕事を台無しにするはずがないのです。

2. ルークはカイロ・レンです(?)

アダム・ドライバーはカイロ・レンを演じています。マーク・ハミルはルーク・スカイウォーカーを演じています。あまりに単純ですね。同じキャラクターのはずがありません。見た目も声も行動も完全に違う全くの別人です。

巷に広まる型破りなファンの噂の一つは、アダム・ドライバーが演じる悪役のカイロ・レンは-予告ではどれもマスクを着けていますが-実は変装したマーク・ハミル演じるルーク・スカイウォーカーだというものです。この噂によると、悪に転じ帝国を一から建て直すことで父の遺志を継ぎたいのはルークだということになります。

この噂はどう見ても不可解なものです。1で言った通り、ルークを悪に転じさせることは前6作のスターウォーズ映画の重要性をなくすでしょうし、それはエイブラムスらしくない判断です。それにルークより若い新悪党を採用するのはスターウォーズの映画の物語を長らえさせること請け合いの賢いやり方です。

それより何より、カイロ・レンがマスクを外した姿を私たちはすでに見ているのです、雑誌ヴァニティ・フェアに載っていた上の写真のおかげです。別にアダム・ドライバーはマーク・ハミルと似ているわけではないですね。これで解決です。

3. ジャー・ジャー・ビンクスはシス卿です(?)

ジャー・ジャー・ビンクスこそがスターウォーズの物語の真の悪役だとインターネットの片隅ではつぶやかれています。

ただし、もちろん、これはばかげた考えです。

ジョージ・ルーカスは、前編の3部作を子どもにより親しみやすくして、副業でいくらかおもちゃが売れるようにと、コミカルで安心できるキャラクターのジャー・ジャー・ビンクスをつくりだしました。アーメド・ベスト(声優)はビンクスに合わせておどけた声をつけ加えました。ビンクスは前編の至る所でぎこちなくよたよた歩きますが、ビンクスの役割はただそれだけでした。

ジャー・ジャーが『フォースの覚醒』で重要な役割を演じるチャンスはまるでないでしょう。どうしてJ.J.エイブラムスが『スターウォーズ』の歴史の中で最も嫌われるキャラクターを呼び戻すでしょうか?関係者はみな前編3部作より前に進んで、ジャー・ジャーの記憶はきっぱりと忘れ去りたいと思っていることでしょう。

4. マックス・フォン・シドーはボバ・フェットを演じます(?)

もう一つファンの間で大きな話題となっているのはSFにも出演するベテラン俳優マックス・フォン・シドーが『フォースの覚醒』で初老のボバ・フェットを演じるという噂です。マックス・フォン・シドーが落ち着き払ってその役を演じられることは間違いないですが、この噂が実現する見込みはありません。

前編の3部作が公式設定を残していることを人はいつも忘れるようです。もしボバ・フェットが仮にまだ生きていたなら、そのボバ・フェットはジャンゴ・フェットを演じたテムエラ・モリソンにそっくりの外見になるでしょう。ボバ・フェットはジャンゴ・フェットのクローンです。そしてテムエラ・モリソンはたくましいニュージーランド生まれの俳優で、痩せこけたスウェーデン人に姿を変えることはできません。

いくら私たちが前編3部作をきれいに忘れたいとしても、『フォースの覚醒』が前編3部作を簡単に無視できるわけはありません。

別の噂-マックス・フォン・シドーが砂漠惑星ジャックの村の長老を演じるという主張-の方がこれより理にかなっています。この噂によると、フォン・シドーの隠遁老賢人のキャラクターが、ルークスカイウィーカーが隠れ去った場所を知っている数少ない人のうちの1人だということです。なぜ映画で早くから(予告でちらりと見られるように)カイロ・レンとハン・ソロの両者が惑星ジャックに向かうかはこの噂で説明できるでしょう。この噂もまた本当かどうかは分かりませんが、ボバ・フェットの噂よりももっともらしい感じがします。

5. キャプテン・ファズマはダース・プレイガス です(?)

ダース・プレイガスはダークサイドの悪のやり方で皇帝を訓練したシス卿です。ダース・プレイガスはフォースに精通し自在に制御できたので「自分の大切な者を死から守ることすら」できたでしょう。しかし、最終的に、ダース・プレイガスは自分を救うことができませんでした。若い皇帝がダース・プレイガスの就寝中に殺し、銀河の悪の支配者の後がまに座ったのです。

これでダース・プレイガスの話は終わりです…もしあなたが噂の書き手でなければ。

ファンの中には、ダース・プレイガスは実は生きているという人がいます。ダース・プレイガスは変装してあたりをどかどか歩いていて、キャプテン・ファズマと同じ装備を身につけているとのことです。

J.J.エイブラムスがそのような誰も知らない歴史にふれて新しいファンを疎外する危険を冒すとは考えられません。

6. ハン・ソロとレイア姫は別れました(?)

ハン・ソロとレイア姫が別れるというアイデアはドラマチックな可能性があるとはいえ、スターウォーズの大ファンであるエイブラムスが『ジェダイの帰還』の数年後ジョージ・ルーカスの作った思いがけない恋人たちが別れたというアイデアを採用するとは考えられません。2人はしっかり結ばれたという逆のことならエイブラムスを惹きつけるでしょう。

確かにハン・ソロとレイア姫はこの30年波乱にとんだ時代を生きてきています。しかし2つのデススターを共に破壊してしまった後では、人はおそらくあちこちの取るにたりないけんかを丸く収めることができるでしょう。ハン・ソロとレイア姫が別れてしまうという噂はおそらく、何もないところにトラブルを探しているだけです。

7. ダースベイダーと皇帝が蘇る(?)

『ジェダイの帰還』のクライマックスで皇帝はデス・スターのシャフトに落ちて死に至るまで残忍でした。ダースベイダーも死にましたが、最終的には息子を自分自身の目で確認できました。アナキンはフォース・ゴーストとして再び現れ、もはや存在しないことが証明されています。

フォース・ゴーストが『フォースの覚醒』で何か役割を果たすかもしれない一方で、皇帝やダースベイダーが他のいかなる方法にせよ蘇るという考えは確証の持てないものです。しかし、巷には次のように主張する噂があります。『フォースの覚醒』ではカイロ・レンが最初の3部作の象徴的な悪漢を復活させるか、クローンを作る、というものです。

しかし、ダースベイダーや皇帝を悪のクローンや自身の生まれ変わりのバージョンとして蘇らせるのは、『ジェダイの帰還』のエンディングの結果を無駄にすることであり、本質的にルークとその仲間が銀河を救わなかったことを証明してしまいます。繰り返しますが、誰も古典的な作品の焼き直しを望んでいません。

8. レイはダークサイドに転じるでしょう(?)

映画で最初の女性のシスを見られるのは大変すばらしいのですが、デイジー・リドリーのレイがその役割を成し遂げるだろうというファンの噂はほんのわずかしか根拠がないようです。レイはシスというより、貧しい出自で、最終的には目ざましい冒険に連れ去られるという、ルーク・スカイウォーカーのタイプということしか予告からは読み取れません。

確かに、スターウォーズの宇宙で精神がいじくられることはあり得ることです。つまり、忠誠心のどのような変化も作家がそう望めば可能です。しかし、『フォースの覚醒』は間違いなく、新シリーズを動かし始めるために確固としたヒーローたちを必要としています。

ディズニーとルーカスフィルムの経営陣は、老若男女の視聴者に向け、視聴者にピッタリ合う、感情的に入り込める、若くて魅力的なヒーローを求めています。

9. ハン・ソロがジェダイ(?)

そして最後に、『フォースの覚醒』について巷で最もマヌケな噂はハン・ソロがジェダイだというアイデアです。インターネットの片隅で信じられているのは、ハン・ソロの厳しいシチュエーションから逃れる才覚(帝国の攻撃をかわし、小惑星を避け)はただのキャラクター的特徴ではなく、フォースの感性がある証拠だということです。

この噂によれば、ハン・ソロの熟練したパイロットの腕と驚異的な密輸能力は、ハン・ソロ自身も気づかぬうちに、フォースから生み出されています。

もちろん、しかしこれは全くあり得ないことです。ハン・ソロは自分のやり方で空想的銀河をくぐりぬけて戦う普通の男です。ハン・ソロを秘密のジェダイにするのはハン・ソロのキャラクターの大部分を取り去ることで、正直なところ、かなりクールさをなくすでしょう。エイブラムスがその決断をくだすことは絶対にありません。