2017年7月6日更新

2015年は超大作映画の続編・リブートの嵐!こんなに凄い年はもう2度と来ない!?

2015年は一時代を築いた人気作・話題作の続編やリブート作品の公開がとても多い1年となりました。世界中のファンが待ち望んだ『スターウォーズ』の新三部作は公開前から社会現象になるなど盛り上がりを見せています。今回は2015年に公開された見逃せない大作映画の続編・リブート作品をまとめてご紹介していきます!

12月公開の2015年最大級の台風

Yuka_Ono 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』3Dで鑑賞。イタリアは16日公開なのでひと足早く行ってきました。しかしイタリア語吹き替えなので言語の壁により映像中心の鑑賞。BB-8物凄く可愛いです。出来に期待して大丈夫です。

世界中で愛される史上空前のエンターテイメント作品『スター・ウォーズ』。その新たなる3部作の第一弾が『スター・ウォーズ エピソード7 /フォースの覚醒』です。

『スター・ウォーズ エピソード6 /ジェダイの帰還』から約30年後を舞台に“フォースを巡る全く新しい愛と戦いの物語”が描かれます。

感動!?のノンストップアクション!!

ririri511 サンダードーム飛ばして怒りのデスロード観てしまった(笑) 資源の底が尽き、荒廃した近未来で「生きる」事だけに執着した人間。慈悲の心や娯楽、生きる楽しみを失った世界観にカルチャーショックを受けながらもメッセージ性があって素晴らしいと思います。 トム・ハーディーのマックスもメル・ギブソンに負けず劣らず良かった・・・!しかも野生的な色気がセクシー(笑) シャーリーズ・セロンの女戦士もカッコいい、坊主頭が違和感なく綺麗!

荒廃した近未来を舞台に妻子を殺された男の壮絶な復讐劇を描き­、メル・ギブソンの出世作となった『マッドマックス』シリーズ第4弾。

30年ぶりの新作となった本作は、シリーズ最大のスケール&ほぼ全編ノンストップ・アクションという気合の入った“最狂”の出来に仕上がっています。

まさにファンタスティック!

inoino_aaaka いまいちだー、なんて聞いてたので、どうかと思いましたが普通に面白かったような!おお、こういうシリーズもありだなぁなんて思いました。

ファンタスティックフォーのメンバーが、姉弟だったり幼少期からの親友だったりで恋愛要素がほぼ無く、それもなかなか新鮮でよかったなぁと。主人公は殆ど親友のために頑張ってるし…笑

ただ、言うならば四人でチームワークを育む…なんてシーンが少ない、というか全くなく。笑 変身するまでの前振り長い割に、ボス倒すのもあっけないし…もうちょっと他の倒し方なかったのかなぁ…その辺りが残念でした。 2015/10/13 映画館

yuki12241 X-MENの全身となった4人を描いた言わずもがなのマーベル映画で、前シリーズ2作は鑑賞済み。そちらも大した映画では無いのですが、本作を観た後には猛烈に見返したくなりました。画としての面白さやヒーロー映画的カタルシスに欠けるので印象に残らず、少し『マン・オブ・スティール』の失敗の仕方と似ています。ただ、映画として形が出来上がっているか否かという点では比べるまでも有りません。本作ほど映画的に意味を持たないジャンプカットの連続を初めて観たかも。

まずは、人物描写。バラバラに生活していた人達が集結して一つのチームを創り上げるとなれば、それぞれのキャラクターの過去と協力に至るまでの価値観のぶつけ合いや信頼関係構築の描写が絶対に必要だと思うのですが、それがバッサリとカットされているので全く感情移入が出来ませんでした。キャラクターそれぞれの芯がぶつかり合ってこそ会話が活きてくるのにそれがなく、ただの冗長なシーンの連続に。また、SF色の強い描かれ方をしている割に研究や科学的な部分のロジックは全くと言っていいほど無いので、天才とされる主人公たちの凄さが伝わって来ず。100分が永遠に感じるのは、ここに原因があると思います。

そして、ダラダラとした展開で中々やって来なかった肝心のバトルシーンにも、残念ながら面白い画が殆どありませんでした。悪役の魅力は全くとして無いし、ケイト・マーラ演じるヒロインにはそもそも能力を手に入れる段階で突っ込みたくてたまりませんでした。お前が超能力手に入れちゃったらその辺の奴全員スーパーヒーローだろ…。CGに関しては、唯一映画としての体は成していたような気がします。

何故か企画が生きている続編、悪いこと言わないので止めておきましょう。

『アベンジャーズ』の原点とも言うべき、マーベル最初のヒーローチームの誕生物語。これまでに3回映画化されており、2015年公開の本作はリブート版という位置付けです。

制作チームの不仲が原因で、予告編にあったシーンがカットされたり、ストーリーが薄いなど酷評を受けてしまいました。

これまでのMCUの伏線が回収されるマーベル映画ファンにはたまらない作品!

Ken_Chang 本当に単純に面白いです!!

ダレもないと思うし、シリアスな展開の中にも適度なユーモアも入って飽きさせません

ドン・チードル先輩のジョークや、ムジョルニア持ち上げ合戦などのショートコントは笑えましたねぇ(^^)

単作や前作からの伏線もしっかり回収されていましたしね、また次回作に向けて新たに張りなおしたり、大変でしょうけどね…

俳優陣も新たな魅力が出てきて愛着も湧いてくる頃です

ポール・ベタニー先輩とかもね、ほんとにこういうヒーロー物の俳優さんは可哀想というか何というか笑

エンタテイメント作品として、なるほど超一級です

ロバート・ダウニー・Jr演じる人気キャラクター、アイアンマンをはじめキャプテン・アメリカやハルクな­ど、マーベルコミックスのヒーローが集結するクロスオーバー大作の2作目。

アイアンマ­ンことトニー・スタークが完成させた人工知能“ウルトロン”の暴走をきっかけに、人類滅亡の危機に立ち向かうヒー­ローたちの戦いがダイナミックな映像で描かれています。

エヴァ・グリーンが美しすぎる『シン・シティ』続編

taichimachima 相変わらず面白い!かっこいい!新鮮さという意味では、前作で上がったハードルをギリギリ越えられなかった感ありますが、新キャストのジョセフ・ゴードン・レヴィットとエヴァ・グリーンに満足したのでこの評価です。特にエヴァ・グリーンですがこの美しさ、エロさは反則でしょう。マーヴのいかれっぷりも健在で安心しました(笑)
WdYgvh6VqaIc3oC もぉ~映像がめちゃくちゃかっこいーーーー!!! 深いこと考えずに映像を観ることに没頭すると良しです!

人気グラフィックノベルを基にしたクライムアクション第2弾。犯罪と欲望が渦巻く街シ­ン・シティを舞台に、その支配者である悪徳議員へのリベンジを誓う者たちの姿を描きます。

主演にジェシカ・アルバ、ミッキ­ー・ローク、ブルース・ウィリスと、1作目につづいて豪華メンバーが結集。ハードボイルドな物語に加え、鮮烈なビジュアルの数々にも注目です!

レベッカ・ファーガソンの衝撃!

queens_sakura 回数を重ねるにつれてイーサンが無茶をしまくるきがしてならないけど、それだからか、ミッションインポッシブルは面白い。 アクションシーンから何から大好き。
kurakura7_23 トム・クルーズ、とてもかっこよかったです。 トム・クルーズのかっこよさもさることながら他のキャラクターも良いと思いました。

トム・クルーズ主演の世界的大ヒットシリーズ『ミッション:インポッシブル』の第5作目。

スパイ組織IMFに所属する腕利きエージェントのイーサン・ハントが、仲間たちと協力して暗躍する無国籍スパイ組織の撲滅という史上最難関のミッションに挑戦するストーリーです。

飛行中の軍用機への潜入というシーンの撮影のため、時速400キロ、高度1,500メートルを飛行中の軍用機に、命綱2本のみで本当にしがみついて撮影したトム・クルーズの命知らずなスタントは必見!

ヒロインのイルサを演じ世界中に衝撃を与えたレベッカ・ファーガソンは、『ミッション:インポッシブル』次回作にも出演が内定したと報じられています。

シリーズ最感動作

Claude_Higano 完結編 レースにアクションにファミリー 言うことは何もない ラストがリアルにシンクロで泣ける
watadon_46 2015年 監督:ジェームズ・ワン

並外れたカーアクションには幾度となく鳥肌が立った。カーアクションをメインとした映画なのに格闘シーンはどのアクション映画よりも繊細、そして迫力的に描かれていて圧巻だった。 音楽もいつもながら最高。 ポールの死をノンフィクションでテーマとしたラストには制作側、キャラクター達、演者の様々な想いが入り乱れる感動的な作品。 ポールに捧ぐ。

派手なカーアクションと仲間との絆や友情を描いた物語で車好きに限らず世界中にファンを持つ『ワイルド・スピード』シリーズ。

作品によって時間軸が前後するこのシリーズで7作目となった本作は、ストーリーにおいては今までの集大成的な内容になっていると言えます。もともと新3部作の1作目の言われていた『スカイミッション』ですが、クランクアップ前に主演のポール・ウォーカーが交通事故により他界したこともあり、2017年に予定されている新作では新たな物語が紡がれていくことになるのかも知れません。

賛否両論のターミネーターリブート作

fumi ターミネーターで洋画好きになった。日曜洋画劇場でよく放映されていた小学生の頃、サラとカイルの純愛(?)にキュンとなったもの。何故か私のなかで恋愛映画。 で、その時代1984年に戻るこの作品。あのキュンとなった純愛がT800(シュワちゃん)曰く“合体”ですから笑。でもキュンとなったサラとカイルの時代に戻る話なので、もう好物ッ! が、T800が既に居たりT1000が送り主不明で居るあたりが、なーんか次回作意識してる?と勘繰ってしまったのと、オブライアン警部居る?とか、ネタバレなので言えないけど、最後のあたりとか、ツッコミどころが所々アリ。あと恋愛要素が物足りないんだけどね。 それを全部ひっくるめて、やっぱり好きです。
halu1211 ターミネーターで泣いちまった。

説明不要の大ヒットシリーズ『ターミネーター』の5作目にして新三部作の一作目。

2015年は多くの人気シリーズ作品のリブート作が公開されましたが、その中でもこの『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は前作、前々作を「なかったことにする」という大胆な仕切り直しを図った作品です。

アーノルド・シュワルツェネッガー本人が満を持して出演することに加えて、1作目2作目を彷彿とさせながらも新たな物語の方向性を見出しているので、ファンだけでなくシリーズ未視聴の方も楽しめる作品となっています。

意外なほどに素晴らしかった誰もが知るディズニー名作の実写化

kanabrulee 2015.12.6

心が洗われた。美しい。 映画館で観た方がよかったな。

pupil_f27 宮廷でのダンスシーンがお気に入り。素敵なドレスと、ふたりの間に流れる緊張感、見惚れました。勇気と優しさを持って。

『シンデレラ』と言えば、全てのディズニープリンセスの原点にして1950年のアニメーション版の公開から色褪せることのない、ラブストーリーのお手本のような作品。

誰もが知るこの物語を、現代の技術と感性で描き出した王道プリンセスストーリーです。徹底的に作りこまれた世界観やドレスなどの衣装にも注目です!

12月公開のロッキー新章

toshibakuon 2015/12/14 一ッ橋ホール試写会にて。ロッキーファイナルで終わりだと思っていたのに新章始まる。老体になったロッキーがアポロの息子を鍛える。これまでのロッキーシリーズのオマージュが各所に見られロッキーファンにはたまらない作品になっている。今回はセコンド側からの視点もたくさんありかなりリアルなボクシングシーンになっている。本当の試合を見てるみたいで結構疲れたが背負うものをもった男たちの戦いは輝いている。スタローンが若い監督に意思を継がせる意味では作品と重なるな。

シルベスター・スタローンの代名詞『ロッキー』シリーズの新たな物語。

今回の主役はロッキーの宿敵アポロ・クリードの息子、アドニス・クリードだということもあり、オリジナル1作目へのオマージュが全編に溢れていて、シリーズのファンにはたまらない内容になっています!

ベン・スティラーの人気シリーズ最終章

maroon1olly これで最後かって思いながら観るととても寂しかった…でもいつものようにとても笑わせてくれる♪めちゃ声をあげながら笑ったかな(´∀`)ベンスティラーとデクスターの掛け合いがとてもすきやったな! もう一回シリーズの最初から観てみようかな(*´°`*)
Makiko_Kato これで最後なんて残念(;´ρ`)

真夜中になると展示物が動き出す博物館で起こる騒動を描いた、ベン・スティラー主演の人気アドベンチャー作品「ナイト ミュージアム」。

物語のスケールをパワーアップさせた、シリーズ最終章となる第3弾。惜しまれつつも亡くなった名優ロビン・ウィリアムズの遺作でもあります。

黄色い奴らが大暴れ!

ouog13 かわいいだけかな?と思ったけど、ちゃんとストーリーもあっておもしろかった。 怪盗グルーシリーズもみてみたい。
Ayano_Tosa ずっと笑えるほっこりかわいい映画♡ 見終わった後はミニオンズのセリフマネしちゃう!

『怪盗グルー』シリーズで登場し人気を博した、謎の生物ミニオンたちが主人公のアニメーション作品。

本作ではグルーに出会う前のミニオンたちの姿が描かれています。

今年の夏最大の話題作!最高の恐竜エンタメ!

dtanbe 新宿のTOHOでMX4Dで見た!恐竜が出てくるたびに席が揺れるので、まさに4Dにピッタリの映画だったw 8月上旬公開の映画なのに、10月後半で未だに予約満席なことに驚き!

恐竜が怖いっていう映画だと思ってたけど、なんか可愛いし、味方になって一緒に悪い恐竜と戦ってくれて恐竜バトルを繰り広げるし、エンタメ恐竜映画に振り切ってて面白かった。ラプトル飼いたい。

ygtui377 随所に散りばめられた過去作のオマージュは上がるのは過去作見た人なら当然あがるし最後のTレックスが勝つシーン最高。スピルバーグオマージュなのかレーティング対策なのかわからないが残酷描写を見せないのは結果的に効果的に怖くなってて一作目の興奮かそれ以上に楽しめた。

全世界歴代興収で『アバター』『タイタニック』に次いで第3位という大ヒットを記録した『ジュラシック・ワールド』は、シリーズ1作目の『ジュラシック・パーク』から20年の時を経て作られたシリーズ4作目の作品となります。

遺伝子操作によって生み出された恐竜が脱走し、人間を襲うという『ジュラシック・パーク』をなぞったようなストーリーながら、CG技術の発達により迫力や説得力は確実に増していると言えます。

2代目フランク・マーティンの評価は!?

maru ジェイソン・ステイサムのリメイクともあり 賛否両論あったが、自分は好きだった。

常に緊張感あるし、ドライビングも見ていて爽快! アクション映画として楽しく見れました。

ロアン・シャバノル セクシーで良かった!

iamAmy トランスポーターは相変わらず爽快感あるから好き。 ジェイソン・ステイサムもかっこよかったけど今回もかっこいい。どっちも好きだな! てか、1度でいいから私も乗せて欲しい(笑)楽しそう(笑)

『トランスポーター』シリーズの顔であるジェイソン・ステイサムに代わり、新たにエド・スクレインを主演に迎えた人気アクションシリーズ。2代目フランク・マーティンに注目です!

ダニエル・クレイグボンドシリーズの伏線が回収される

skr_icj #eiga #movie シリーズ通してシリアスな雰囲気から一転、スペクターは結構お茶目な雰囲気だった気がする。新しいMと、マネーペニー。そしてQ。陰で動く仕事とは思えないほどの派手さはさすが007。今回のボンドは少し弱い?結構やられていて驚いた。ヘリコプターアクションはどきどきするねえ。結末は淋しかったけど、最後の最後の文字に救われたね。待ってます。
toshibakuon ヘリでのアクション、高級車でカーチェイスなど今回も最初から引き込まれるな。爆破量もギネス記録になるだけあってCGじゃないのが良い。それにしても敵がタフで嫌になってしまう。この映画お金かかってそうだけどその分見応えたっぷりなので満足感がある。

長い間世界中の人に愛されてきた元祖スパイ映画『007』シリーズで、ダニエル・クレイグが4度目のジェームズ・ボンドを体当たりで演じたアクション大作。

前作のラストシーンの舞台であるスカイフォールで見つかった謎の写真をきっかけに新たなる敵スペクターと007との戦いが描かれます。

過去に24作、50年の歴史をもつこのシリーズの伝統をしっかりと継承し、ダニエル・クレイグ版007の最高傑作とも言われる見逃せない最新作です!