『インターステラー』の海外感想評価まとめ

2017年7月6日更新
『インセプション』、『メメント』など作品を完成ごとに大きな反響を作っているクリストファー・ノーラン監督の最新作『インターステラー』が2014年11月22日から日本で公開されることになっています。公開は先ですが、作品の評判が気になりますよね。というこで、今回は海外の大手映画情報サイトIMDbとRotten Tomatoesに寄せられたレビューや評価、感想をまとめてみました

絶対に見て損のないSF映画の傑作という絶賛の声多数!

interstellar-poster

魂のこもった、絶対見るべき傑作だと思うよ。今世紀入って一番の気分を軽くしてくれる作品だった!
ビジュアルがとてもリアルで綺麗ということもあり、とてもスリルがある作品でした。人間の技術の可能性や、願いや、希望が詰まったSF映画の代表みたいな映画だなと思いました。
引用:www.imdb.com
大胆で、美しい宇宙の冒険物語だった。なんか夢の中にいるみたいだったな。

クリストファー・ノーラン監督の最高傑作ではないけど野心作との声も

Interstellar-1

クリストファー・ノーラン監督の最高傑作とは言えないけども、彼がもっとも野心を持って取り組んだ作品だと思うよ
個人的には『メメント』がノーラン監督のベストで今回の作品はそれを超えなかった。ただノーラン監督の最も野心にあふれた作品だと思ったし、ビジュアルが美しいから彼のベスト作品だと思う人もいるだろうけどね。
引用:www.imdb.com

ちょっと時間が長い…?

Interstellar-2014-Movie

僕はノーラン監督の作品が好きだし、この作品も例外ではなかったんだけども、もし僕が監督なら良い部分際立てるためにもっと作品の時間を縮めるよ。
ノーラン監督はこの作品で観客を泣かせようと頑張ったと思う、彼の作品の中でこれほどまで強く感情を描いた作品はなかったからね。でも、この作品に限ってはその試みが裏目にでた気がするな。家族との関係を描くのに時間を長く使いすぎてると思った。
引用:www.imdb.com

宇宙の映像美に期待

無題fefwge

引用:
この作品は綺麗な映像が特徴かな。監督が映し出す宇宙と色の使いぐわいは見事しか言いようがない。
ノーラン監督の作品の中で最もビジュアル的に美しい作品であり、最もストーリーが複雑な作品だね。
視覚的にとっても美しくて、芸術という言葉が似合うし、音楽も壮大でとても素敵だった。ただ、その編集方法なのか、ストーリーそのものかよくわからないけど、なにか足りない感じがする。
引用:www.imdb.com

がっかりしたという声もちらほら

CHRISTOPHER-NOLAN-INTERSTELLAR-MOVIE-2014-HD-WALLPAPERS

この作品で最もがっかりしたのは、宇宙船だね。安っぽく見えたし、形が馬鹿げて見えた。それに音楽も未来を意識しすぎた人工的な音すぎて好きになれなかった。
引用:www.imdb.com