中高生から絶大な支持を集める人気バンド「RADWIMPS」ボーカルが映画初主演!『トイレのピエタ』

2017年7月6日更新
日本中の、特に中高生から絶大な支持を誇るロックバンド「RADWIMPS」のボーカル、野田洋次の映画初主演が決定しました。作品名は『トイレのピエタ』。公開が2015年夏ということもあり、まだ情報はほとんど明らかにされていませんが、今回はその気になる映画について、御紹介します!

「RADWIMPS」とは?

RADWIMPS

RADWIMPSは、特に中高生から絶大な支持を得ている、2001年に結成されたロックバンドです。バンドの名前の由来は、英単語を組み合わせた造語で、RAD(かっこいい、強い)と、WIMP(弱虫)という2つの意味が込められています。

『ピュ~ぴる』で脚本に好評価を受けた、松永大司の長編映画初監督作品

159_1221702689_l-2

今回、監督・脚本をつとめるのは松永大司。性同一性障害の現代アーティストを追ったドキュメンタリー映画『ピュ~ぴる』で高評価を得たことで、話題になりました。今回初の長編映画監督をつとめます。

「生命の尊さ」をテーマにした、感動作

手塚治虫

今回は、手塚治虫の病床日記に影響を受けた松永大司が完全にオリジナルの脚本を書いていますが、そのテーマの根底には、「生命の尊さ」を真っ正面から挑む作品になっているといいます。

製作は『ノルウェイの森』と『ヘルタースケルター』がタッグを組む

yagi.pic.Ogawa_

ヘルタースケルター

製作は、『ノルウェイの森』など、多くのヒット作を手がけてきた小川真司と、『ヘルタースケルター』で注目を集めた甘木モリオ。公開は来年の夏の予定ですが、どんな作品に仕上がるのか、これから楽しみです!

参考情報
www.cinematoday.jp