ゾーイ・ドゥイッチの2016年の活躍がハンパない!【画像】

2017年7月6日更新

2010年のデビューから、多くのテレビシリーズや映画に出演し、実力をつけてきたゾーイ・ドゥイッチ。2016年には7本の映画への出演が決定しています。彼女の出演作やトリビアをご紹介します。

ゾーイ・ドゥイッチのプロフィール

ゾーイ・ドゥイッチ

ゾーイ・ドゥイッチは、1994年11月10日、カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれました。

幼少期から優れたダンサーで、バレエや競技ジャズダンス、タップダンスで実力を発揮しました。ロサンゼルス郡芸術高校では、演劇と視覚芸術の2つを専攻し、同時にレオナルド・ディカプリオなどを輩出した専門学校ヤング・アクターズ・スペースで演技を学んでいます。

2012年まではドラマを中心に活躍!

『スイート・ライフ オン・クルーズ』(2010〜2011)

ゾーイ・ドゥイッチ『スイート・ライフ オン・クルーズ』

ドゥイッチは、2010年にディズニーチャンネルのドラマ『スイート・ライフ オン・クルーズ』のマヤ・ベネット役でデビューしました。

『スイート・ライフ オン・クルーズ』は、豪華客船ティプトン号を舞台に、双子の兄弟ザックとコーディのいたずら三昧の日々を描いたコメディです。

ドゥイッチが演じたマヤは、シーズン3から登場したニューヨーク出身の女の子で、主人公のひとりザックが彼女に一目惚れし、のちに付き合うことになります。

『リンガー 〜2つの顔〜』(2011〜2012)

ゾーイ・ドゥイッチ『リンガー 〜2つの顔〜』

サラ・ミシェル・ゲラー主演のミステリードラマ『リンガー 〜2つの顔〜』は、犯罪組織のボスの殺人を目撃してしまい命を狙われることになったストリッパー、ブリジットが双子の姉と入れ替わったものの、姉の裕福な社会生活に溶け込もうと様々な困難にぶつかりながら、追っ手を逃れていくミステリードラマです。

ゾーイ・ドゥイッチは、主人公の姉シボーンの義理の娘ジュリエットを演じました。

『クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル』(2011)

ゾーイ・ドゥイッチ『クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル』

人気犯罪捜査シリーズ『クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル』のシーズン1第12話に、ゾーイ・ドゥイッチは出演。殺害した被害者の顔の皮を剥ぐ殺人犯に監禁されている少女を演じています。

2013、2014年は映画に出演!

『ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者』(2013)

ゾーイ・ドゥイッチ『ビューティフル・クリーチャーズ』

主人公イーサンが通う学校に転校してきた不思議な少女レナ。彼女に惹かれていくうち、イーサンはレナが「キャスター」と呼ばれる魔法使いで、16歳の誕生日には光と闇のどちらかの勢力に選ばれる宿命であることを知ります。

ゾーイ・ドゥイッチは主人公のクラスメイトで、意地悪な少女エミリー・アッシャーを演じています。

『ヴァンパイア・アカデミー』(2014)

聖ウラジミール学園に通う人間とヴァンパイアの娘ローズは、親友を守るガーディアンになることを目指しています。教官ディミトりへの恋に悩むなか、ローズの親友で王族のリサに危険が迫ります。リサを守ろうとするローズも王位継承の争いに巻き込まれていきます。

この作品でゾーイ・ドゥイッチは主人公のローズを演じ、ハードなアクションシーンからセクシーなラブシーンまで幅広い演技を見せました。

ゾーイ・ドゥイッチの知っておきたい3つのこと

俳優一家出身!

ゾーイ・ドゥイッチ_両親

ドゥイッチの母親は女優のリー・トンプソンで、彼女は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で主人公の母ロレイン・マクフライを演じて有名になりました。また、父親のハワード・ドゥイッチは『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』などで有名な映画監督です。

また、大叔父のロバート・ウォーデンや姉のマデリン・ドゥイッチも俳優として活躍しています。

ドラマ『ねじれた疑惑』主演のアヴァン・ジョーギアと交際中

ゾーイ・ドゥイッチとアヴァン・ジョーギア

ゾーイ・ドゥイッチは2011年9月から、ティーンを中心としたミステリードラマ『ねじれた疑惑』の主演俳優アヴァン・ジョーギアと交際しており、仲の良いデート姿を目撃されています。

『アメイジング・スパイダーマン』に出演していた?!

2012年にアンドリュー・ガーフィールドが主演した映画『アメージング・スパイダーマン』に、ドゥイッチは小さな役で出演していましたが、劇場公開版ではカットされてしまいました。

DVDの特典映像ではカットされたシーンを見ることができます。

ゾーイ・ドゥイッチの2016年の活躍が凄い!

ゾーイ・ドゥイッチは2016年中に7本の映画に出演する予定です。

『The Year of Spectacular Men(原題)』

ゾーイ・ドゥイッチ_母と姉

出典: cue.ms

コメディ映画『The Year of Spectacular Men(原題)』は、ドゥイッチの母であるリー・トンプソンが監督としてメガホンを取り、姉のマデリン・ドゥイッチやボーイフレンドのアヴァン・ジョーギアと共演することでも話題になっています。

『Before I Fall(原題)』

ゾーイ・ドゥイッチ『Before I Fall』

2010年に出版されたローレン・オリバーの小説を原作にしたコメディ映画『Before I Fall(原題)』に、ゾーイ・ドゥイッチは出演します。

ドゥイッチの役柄はサマンサ・キングストンという、毎日が人生最後の日だと考えている高校生です。

『ダーティ・グランパ』

ザック・エフロンとロバート・デ・ニーロが共演するコメディ映画です。結婚を目前に控えた内気な青年ジェイソン(エフロン)は、元陸軍将軍で遊び人の祖父(デ・ニーロ)と春休みのフロリダ旅行へ行くことになります。

この作品に、ドゥイッチはマイアミの環境保護活動に熱心な大学生シャディアという役で出演します。日本では2017年1月6日公開予定です。

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』

ゾーイ・ドゥイッチ『Everybody Wants Some』

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に)』は、2014年に『6歳のボクが、大人になるまで。』で注目を集めたリチャード・リンクレイター監督の最新作です。

1980年代を舞台に、大学の野球チームの1年生たちが成長していく姿を描くコメディ映画です。ドゥイッチはバレリーという大学1年生の女の子を演じます。日本では2016年11月5日に公開されました。

この他にも『Good Kids(原題)』、『Why Him?(原題)』、『Vincent-N-Roxxy(原題)』の3本に出演します。