今週映画館で観たいおすすめ映画5選!(1月13日〜)

2017年7月6日更新

今週映画館行くならこの作品を!毎週水曜更新!Ciatrスタッフによる上映中の話題作・今週末公開の新作から厳選したおすすめ映画5選です!口コミ・予告をチェックしよう!

1.15(金)公開:見た目はモフモフなクマ!だけど中身はとても紳士なパディントンが大活躍!

【あらすじ】真っ赤な帽子を被った紳士が、家を探しにペルーからイギリスのロンドンへやってくる。丁寧な言葉遣いで道行く人に話しかけるが、クマであるため、誰からも相手にしてもらえない。親切なブラウンさん一家と出会い、屋根裏に泊めてもらう事になった彼は“パディントン”と名付けられ、街の人気者に。だが、謎の美女ミリセントに誘拐されてしまう。

1.16(土)公開:いろんな「のようなもの」が織りなす笑と涙の物語。

【あらすじ】東京、谷中。30歳で脱サラ、落語家になるものの、いまだ前座の出船亭志ん田(松山ケンイチ)。師匠、志ん米(尾藤イサオ)の自宅に住み込み修行中だが、「小学生が国語の教科書を読んでいる」ような落語で、全然パッとしない。同居している師匠の娘、夕美(北川景子)に秘かな想いを寄せているが、彼女にはいつもイジられっぱなし。 ある日、志ん田は志ん米から、以前、この一門にいた兄弟子・志ん魚(伊藤克信)を探し出すよう命じられる。志ん米の師匠、志ん扇の十三回忌一門会に、スポンサーである斉藤後援会長(三田佳子)のご機嫌とりのため、彼女お気に入りの志ん魚を復帰させようという魂胆。 すったもんだの挙句、夕美と張り込んだ墓地で見つけ出した志ん魚は、落語とは無縁の生活を送る55歳の男になっていた。志ん扇が亡くなってから、もう二度と落語はやらないと誓っていた志ん魚の頑な心を動かすべく、志ん米の命令で志ん田は志ん魚と男2人のおかしな共同生活を始めることに。

1.16(土)公開:捕鯨船を襲った巨大な、白鯨。名作に隠された衝撃の実話が明らかに!

【あらすじ】1819年、一等航海士オーウェンは、21人の仲間たちと捕鯨船エセックス号に乗り、太平洋を目指した。妻とまだ見ぬ子に「必ず帰る」と誓って。しかし、彼らを待ち受けていたのは巨大な白鯨。死闘の末、船を大破された彼らにさらなる試練が待ち受ける……。

1.16(土)公開:何者かに連れ去られた最愛の子。3年後、子は生みの親を忘れていて..

【あらすじ】2009年7月18日。中国・深圳。 下町で寂れたネットカフェを経営しているティエンは3歳の息子ポンポンと二人暮らし。ポンポンは週に一度離婚した元妻のジュアンと過ごしていた。ある日、近所の子どもたちと遊びに出かけたポンポンは、母親の車が通りすぎたことに気づきあとを追いかける。だが、母親の車を見失ったポンポンを、何者かが連れ去ってしまう。

1.16(土)公開:ベストセラー「千年医師物語」が映画化!壮大なスケールで描かれる医学アドベンチャー!

【あらすじ】11世紀のイングランド。多くの子供が炭鉱や畑で働き、十分な食事ができる者はほんのひと握り。医術というものがあるとしたら、旅まわりの治療師か理髪師が行うものであったが、その治療を神の冒涜だとして教会は彼らを迫害していた。幼いロブと2人の弟妹にとっても辛い日々だった。ある夜、母が突然の腹痛を訴える。急いで理髪師(ステラン・スカルスガルド)を探しに行くが、その到着前に母は命を落としてしまう。この運命の夜から、母の命を奪った病気の治療法を見つけるためのロブの長い冒険の旅が始まった。弟妹は親戚に引き取られ、一人きりになったロブは、ある理髪師の弟子となり、ともに旅を続けることになる。数年後、若者に成長したロブ(トム・ペイン)はすっかり経験を積み、理髪師と国中を回りながら、吸玉療法や放血、抜歯などの治療行為を人々に施していた。ある日、理髪師が2人の修道士に襲われ、ロブが仕事を引き継ぐことになる。それからしばらくして、あらゆる技術を身につけたロブは、人々を救うため、母を奪った病を治す方法を見つけるためには、もっと多くを学ばなければいけないと感じるようになる。そんな時、失明しかけた理髪師の目を、ユダヤ人医師が手術で治すのを目の当たりにしたロブは、手術の方法を学べる場所へ行こうと決意。最も聡明で腕の立つ医師イブン・シーナ(ベン・キングズレー)がいるというペルシアのイスファハンを目指すことになるー。

Twitterで投票!あなたはどちらが観たいですか?

5作品の中から編集部が特に注目度が高いと判断した『パディントン』と『白鯨の戦い』とではどちらが観たいか、投票を行いました!