坂井真紀を徹底解説!知っておくべき9のこと!

2017年7月6日更新

1992年デビュー、その後数々のテレビドラマに出演し人気を博した坂井真紀。1996年からは映画にも出演し、主演を務めた2008年の『ノン子36歳(家事手伝い)」では星野源との共演や体当たりの演技が話題になりました。そんな坂井真紀を様々な角度から徹底解説!!

坂井真紀のプロフィールについて紹介!

sakai

出典: sakaimaki.jp

坂井真紀は1970年5月17日生まれ、東京都台東区出身でスターダストプロモーション所属の女優です。

モデルとして自身のキャリアをスタートさせた坂井真紀は1992年に女優としてドラマデビューをします。その後も数々のテレビドラマに出演し、1996年『ユーリ』でスクリーンデビューを果たします。

2001年からはバラエティ番組『ココリコミラクルタイプ』にレギュラー出演するなどさらに活躍の幅を広げ、2008年に公開された主演作『ノン子(家事手伝い)』では、体当たりの演技を見せ人気女優の座を確かなものとしました。

また、プライベートでは2009年に結婚した10歳年下の写真家・鈴木心との子どもである長女を2011年に出産。

公私ともに順調そのもので、2015年10月クールのドラマ『偽装の夫婦』にも出演を果たした坂井真紀をご紹介します!

1:『90日間トテナム・パブ』でデビューし、その後様々なドラマに出演!

坂井真紀

モデルとしてキャリアをスタートさせた、坂井真紀ですがドラマデビューは何とも不思議な『90日間トテナム・パブ』というドラマ。かわいらしい英語のセリフなど、女優デビュー作とは思えないほどの堂々とした演技を見せます。

まだデビュー間もない新鮮な坂井真紀が垣間見られるこのドラマを皮切りに数多くのドラマに出演し、人気を集めました。

中でも、坂井真紀の名前を全国に広めたともいえるのが、TBSのドラマ黄金期を築いた『ダブルキッチン』や『長男の嫁』、『私の運命』などの作品です。

tod104150000101

『ダブルキッチン』や『長男の嫁』では、物語の中心となる家庭の妹的存在の役でドラマを盛り上げていましたが、主演を務めた1994年放送の『私の運命』では、挙式を直前に控えた婚約者の発病や、同時に妊娠の判明に戸惑うという難しい役柄を見事に演じ、本格派女優の仲間入りを果たしました。

2008年公開の映画『ノン子36歳(家事手伝い)』で主人公・坂東ノブ子を演じる

芸能人として東京で生活するも芽が出ず、自身のマネージャーとの結婚もうまくいかずに離婚。実家へ戻ってきた坂東ノブ子は、家事手伝いをして日々を過ごします。

坂井真紀はやり場の無い不安を抱えた36歳の坂東ノブ子を演じました。共演には星野源や津田寛治、斉木しげる、鶴見辰吾などが名を連ねました。

2:4代目リハウスガールを務めていた!

babe8fa188041acc224b7c782780b8e7

出典: liketimes.me

初代リハウスガールを宮沢りえが務め、その後も注目の若手女優が起用されているリハウスガール。坂井真紀は4代目リハウスガールとしてCMに出演していました。

最近では10代目に蒼井優、11代目に夏帆、13代目に川口春奈が務めています。

3:『クレヨンしんちゃん』の大ファン

『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃』2005年公開

kuresin

出典: laughy.jp

ゲスト出演した、堂本兄弟の『堂本一問一答』で「あなたにこどもができました、なんと名前を付けますか?」という問いに対して「これはもう、”しんのすけ”。」と即答してしまうほど、大のクレヨンしんちゃんファンである、坂井真紀。

映画『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃』にTVリポーター役として出演を果たします。

その際の記者会見では、「本当にうれしくてドキがムネムネでした。」としんのすけ節をさく裂させ、しんのすけの(着ぐるみの)小指と自身の小指を赤い糸で結ぶなど、でき愛ぶりを見せつけていました。

4:坂井真紀の旦那はダレ?

2009年に入籍した鈴木心

shib

出典: laughy.jp

2009年に10歳年下の写真家・鈴木心との入籍を報告しました。

坂井真紀のオフィシャルサイトには、鈴木心が撮影した素敵な坂井真紀の写真がたくさんアップされています。

5:坂井真紀の交友関係は?

o102407681269609185812-1024×768

出典: arukunews.jp

坂井真紀と親しい友達は女優の鈴木杏樹やEvery Little Thingのボーカル持田香織などがいるそうです。Every Little Thingのシングル『ささやかな祈り』のMVには坂井真紀が出演するほど。

また最近ではPerfumeのファンと公言しています。

落語家である林家三平(林家いっ平)とは同級生で、過去に林家三平は坂井真紀に恋心を抱いていたこともあったそう。

6:史上最強のライダー”ロッシ”の大ファン?

MotoGPロッシ選手

rossi

オートバイのロードレースのMotoGPの『生きる伝説』とも言われている”史上最強のライダー”ロッシに夢中なようです。

大きな悲鳴や歓声をあげながらMotoGPの解説も初挑戦を果たしました。さらに、ご本人ロッシから坂井真紀へのメッセージ映像が紹介されると、坂井真紀は「ビックリした。このVTRください。」と感動し、涙を流すほど喜んでいた様子が話題になりました。本当に大好きなんですね。

7:若かれし頃には数々のcmに出演!坂井真紀の懐かしcmまとめ

TBC「絶対きれいになってやる編」

エステサロンの草分け的存在TBCのCMで、劇中のセリフとともに人気を博し、CM女王への階段を駆け上がりました。

そんな坂井真紀の懐かしCMをまとめてみました。

「絶対きれいになってやる。」や「絶対とりこにしてみせる。」などのキャッチコピーが当時、話題になります。

TBC「絶対とりこにしてみせる編」

森永ハイチュウやAXIAなど数多くのCMに出演し、1990年代後半のCM女王とも言われました。

サントリー「ビックル」

サントリーのビックルのCMでは「おーい、中村くん。」を歌い、坂井真紀のオリジナル曲ではないかと噂されるほど、お茶の間の注目を集めました。

8:ココリコミラクルタイプで看板キャラに!

『ココリコミラクルタイプ』2001年~2007年on air

mirakuru

2001年から放送のバラエティ番組『ココリコミラクルタイプ』には番組開始からレギュラー出演しており、松下由樹とともに看板女優として、コントドラマに挑戦します。

バラエティとは思えないほどの、迫真の演技で「〇〇の女」シリーズは大人気コントとなるなど、2001年から始まった番組が2007年に終了するまで番組の人気を支えました。

9:「ミキです」「マキです」・・・速水もこみちを混乱させる話題のCMに出演

KIRIN「ビターズ」の新CMに坂井真紀をはじめとする、「ミキ」と「マキ」が出演しています。坂井真紀の他に速水もこみちを混乱させる女性社員は、女優の水野美紀、酒井美紀、そしてカルーセル麻紀です。

以前から女優・酒井美紀とは名前が似ていて間違えられることが多かったそう。今回のCMを機に正しく覚えてもらいたいですね。

add3861d2e87179a3f4fcdfc1fa3f3d84155d378_l

出典: sumally.com

年齢を重ねて、さらに素敵な女性になる坂井真紀。今後の女優としての活躍に注目です。