『インターステラー』を観る前に観ておきたい5つの映画

2017年7月6日更新
『ダーク・ナイト』や『インセプション』を手がけた巨匠クリストファー・ノーランの最新作『インターステラー』はいよいよ日本で11/22(土)に公開。そんな『インターステラー』を見る前に観たい5つの映画を英エンパイア誌が紹介していました。

いよいよノーラン監督最新作が11/22(土)公開!

『メメント』『ダーク・ナイト』『インセプション』など数々の傑作を世に送り出してきたクリストファー・ノーラン監督の最新作『インターステラー』の舞台はついに宇宙、そして未開の星へ。

滅び行く地球のため宇宙船で新たな星を開拓に行く、というのが大まかなストーリーラインになっています。

そこで英映画誌エンパイアに掲載されている「インターステラーの前に観たい5つの映画(Five Films You Should See Before Interstellar)」を紹介したいと思います。これらは、ノーラン監督及び「インターステラー」のストーリーに影響を与えた映画たち、とエンパイア誌は報じています。

①キューブリック監督の名作。宇宙映画といえばこれを連想する方も多いはず。

賛否両論ありますが、映画ファンなら一度は観てるはず、と言っても過言ではないスタンリー・キューブリックの1968年公開の傑作。

ノーラン監督はキューブリック監督から非常に影響を受けていて、7才の時この作品を観てかなり衝撃を受けたそう。

②宇宙船の中で正体不明の怪物に襲われる恐怖..

1979年に発表されシリーズ化もしたリドリー・スコット監督の名作。

もちろんインターステラーの宇宙船内にエイリアンが出るとかそういうことではなく、『エイリアン』の美しいプロダクション・デザインに影響を受けたとのこと。

③スピルバーグ監督のSF宇宙映画といえばこれですね!

謎の飛行物体遭遇事件、そして未知の生命体「彼ら」と人類とのコンタクトを描いた1977年公開スピルバーグ監督の作品。この作品も"家族の話"ということで影響があるそう。

ちなみに「インターステラー」というプロジェクトはもともとスピルバーグ監督のものでした。ノーラン監督の弟が書き上げた脚本まであったのですが、なかなか企画が進まずノーラン監督が交渉し監督することになりました。

④NASAのマーキュリー計画を背景にした宇宙映画初期の名作。

フィリップ・カウフマン監督の1983年公開作品。

おそらくこの作品が最も直接的に影響を与えている、とエンパイア誌は報じていますが、確かに宇宙飛行士とその家族というストーリーはこの作品を連想させますね。また監督と「インターステラー」制作チームは細かいメモを取りながら「ライトスタッフ」を鑑賞したそうです。

⑤地球外生物とコンタクトを取った研究者はワームホールを通りベガへ。

ロバート・ゼメキス監督の1997年公開作品。この作品には「インターステラー」主演のマシュー・マコノヒーが出演しています。

この作品の脚本に直接的には影響を受けてはいないとのことですが、ワールホールを経由し未知の星へ向かう、という共通点など関係がないとは言えない作品です。