© Buena Vista Pictures"

『ムーラン』の知られざる事実・制作秘話22選【ディズニー映画】

2017年12月1日更新

1998年公開『ムーラン』はディズニー長編アニメ史上初めてアジア人女性を主人公とした映画です。本作には様々なトリビアや裏話が隠されていました。今回は『ムーラン』の知られざる事実・制作秘話22選を紹介します。

ディズニーアニメ『ムーラン』の知られざる事実&制作秘話!

1998年に公開されたディズニーの長編アニメーション『ムーラン』は、中国古代の伝説「花木蘭」をモチーフとした作品です。ディズニーとしては初となる中国を舞台とした物語で、中国伝統芸能の京劇「花木蘭」を基にしています。 欧米のディズニー・プリンセスが多い中でアジア人のムーランがヒロインとなっており、ディズニー作品としては異色作!斬新でスタイリッシュな映像のセンスも高く評価されました。 また男装のヒロインというのもディズニー作品としては珍しい要素もあり、足の悪い父親に代わり男装して従軍するという物語も新鮮なものでした。

1.莫大な時間、スタッフ、コーヒーが必要だった!?

ディズニーはアニメーター、アーティスト、技術者など700人のスタッフを雇い、5年以上の歳月をかけて『ムーラン』を製作していました。『ムーラン』の製作期間中、約740kgのコーヒーが消費されたと言われています。

2.花木蘭の偽名「ピン」に隠された意味とは?

主人公ムーランの名は「花木蘭=ファ・ムーラン」ですが、“Fa(ファ)=花”は広東語の発音です。広東語は香港やマカオなどで使われている中国語方言の一つですが、なぜ中国公用語の普通話の発音“Hua(フア)”ではなかったのか不思議なところです。もしかしてシャン隊長の中国語版声優が香港スターのジャッキー・チェンだったからでしょうか? ムーランが男装時に使った偽名は「ピン」でしたが、“Hua Ping(フア ピン)”とは花瓶という意味です。これは中国ではよく「女性的な男性」を指して使われる言葉だそうです。実は男装した女性ということを暗示していたわけですね。

3. 監督がカメオ出演していた!?

映画終盤、監督のトニー・バンクロフトとバリー・クックが花火師としてカメオ出演していました。

4.クリキーは伝説のアニメーターが生み出したキャラクター!?

コオロギのキャラクター、クリキーは当時最も古株だったディズニーのアニメーター、ジョー・グラントが生み出したキャラクターだったそうです。

ジョー・グラントはディズニー長編アニメ第一作『白雪姫』からディズニーのアニメーターとして働いていた人物です。

5.徹底的にこだわったリリック!?

『ムーラン』のテーマ曲“リフレクション”の歌詞は何度も書き変えられていました。ムーランというキャラクターを出来るだけ忠実に表現するために無駄な歌詞は排除されていたそうです。

製作陣たちはこの曲でムーランが芯があり、多くを求めない人物であることを表現したかったと言います。

6.スタッフが名前でカメオ出演していた!?

チ・フーが徴兵される人物の名前を呼ぶ場面がありますが、その時に『ムーラン』のスタッフの名前が何度か呼ばれています。

また、光る中国語文字には制作に関わったアーティストの名前が使われていたそうです。

7.ムーランの行動はすべてお見通し!?

ムーランが家を出る準備をするシークエンスで、ムーランが決断する度におそろしい顔が登場していました。

この顔はムーランの先祖を意味していて、ムーランの考えは全て彼らがお見通しだということを表現したそうです。

8.自己紹介ソングがカットされていた!?

元々、ムーシューがムーランに自己紹介する場面はムーシューが歌で自己紹介する案が考えられていました。

ムーシューのために3曲候補が用意されていましたが、映画のテンポが停滞するという理由で自己紹介ソングはカットされたそうです。

9.ムーランが男性の声を出していたのは一瞬!?

映画公開前、女性のミン・ナがどうやって青年を装ったムーランの声を出すのか注目を集めていました。

映画を通してミン・ナに低い声を出させるのは難しいと判断した監督は、序盤だけ低い声を出させて徐々に女性の声に戻す決断を下しました。

10.将軍はシャンの父親ではなかった!?

『ムーラン』制作過程のある時点では、リー将軍はシャンの父親ではありませんでした。リーをシャンの父親の設定に変えた理由は、ムーランとシャンの物語をより深く描くためだったそうです。

11.カンフースターがシャンを演じていた!?

中国版『ムーラン』では『プロジェクトX』『酔拳』などで知られるアクションスター、ジャッキー・チェンがシャンの声優を務めていました。