西内まりや、可愛すぎる女優の歌手活動からモデル以前のことまでまるっとおさらい!まとめ9選

2017年7月6日更新

2016年現在一番輝いているモデル、女優、歌手の西内まりや。デビューのきっかけから少女時代に打ち込んだバドミントン、そしてニコラ、セブンティーンの専属モデル時代、そして歌手としての輝かしい軌跡、家族の職業まで、ここに西内まりやの今までが詰まっています。

1:スカウトされ芸能界入り、ティーン誌の大人気モデルへ

ニコラ画像

2006年夏、当時中学一年生だった西内まりやは、友達と福岡市内に遊びに来た際、芸能事務所スタッフにスカウトを受けました。

そして一年間福岡でレッスンを積んだ後上京、ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』の専属モデル(ニコモ)になったのだそうです。

またスカウトをされた2006年には多くの芸能人を輩出している福岡第一高校・第一経済大学付属高校が合同開催している学園祭「パラマ祭」の「中学生カラオケ選手権」に立花里紗、宮原梨江と共に3人組ダンスユニットで出場した結果、見事グランプリを受賞しました。

ニコモ出身の芸能人は数多く、新垣結衣、能年玲奈、川口春奈、沢尻エリカ、蒼井優、栗山千明、日南響子、など後に大活躍している面々が揃う中、中高生に絶大な人気を誇り、2010年5月号で『ニコラ』を卒業、同年の2010年7月号よりティーン向けファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルとなりました。

セブンティーン

2:映画『ライラの冒険/黄金の羅針盤』の吹替えオーディションでヒロイン役を勝ち取る

ライラの冒険

上京して間もなくまだ13歳の西内まりやは2008年3月公開の映画『ライラの冒険/黄金の羅針盤』のライラ役日本語吹替えオーディションに参加。(ライラの冒険 黄金の羅針盤ファンタジー・ヒロイン・オーディション)5000人を超える応募の中から見事グランプリを勝ち取りました。ギターを演奏するのが得意な西内まりやですが、ギターがなかったためそのオーディションではエアギターを披露したそうです。

そんな西内まりやはロンドンワールドプレミアにて同じく日本語吹替え版に出演している、山口智子、成海璃子とともに人生初のレッドカーペットウォーキングを楽しみました。

3:『スイッチガール!!』では田宮仁香としてドラマ初主演を果たす

スイッチガール

2008年日本テレビ系列ドラマ『正義の味方』に初出演をはたした西内まりやは2012年、累計発行部数650万部を突破している人気少女マンガをドラマ化したフジテレビTWOドラマ『スイッチガール!!』で初主演をはたしました。

『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス2011~』などで人気のイケメン俳優桐山漣と共にONとOFFを使いこなす女子高生役を演じ、好評を博します。

スイッチガールON

スイッチガールOFF

4:日本レコード大賞受賞!歌手としても活動

レコ大2014

2014年8月20日に『LOVE EVOLUTION』でデビューした西内まりやは同年第56回日本レコード大賞新人賞および最優秀新人賞受賞また第47回日本有線大賞新人賞受賞。これまでとまた違った嬉しさだったそうです。

さらに勢いは止まらず、2015年には作詞作曲まで手掛けたサードシングル『ありがとうForever...』をリリース。これによりシンガーソングライターとしてもデビューを果たします。

読売テレビ系列ドラマ『恋愛時代』の主題歌にもなったこの曲はピアノの弾き語りにも挑戦しており話題になり、第57回輝く!日本レコード大賞優秀作品賞に選ばれました。

5:『ピカルの定理』ではレギュラー出演も

ピカルの定理

2012年4月に深夜番組から始まり同年4月にゴールデン放送2013年9月4日に最終回を迎えたフジテレビ系列バラエティ『ピカルの定理』にレギュラー出演し、コントやトークに初挑戦しました。

芸人さんの中に混じってのトークなど上手くいかない事もあり当初は自信がもてなかったという西内まりやですが、西内まりお役での男装姿が男前過ぎると話題になり、とても好評だったようです。

西内まりお

6:モデルになる前バドミントン選手だった

バドミントン

出典: prcm.jp

そんな華やかな人生を歩んできた西内まりやですが、小3からデビューした中2までほぼ毎日500回の腹筋と6キロのランニングをかかさないバトミントン少女でした。

その腕前はオリンピックを目指すほどで福岡の大会では4度も優勝したそうです。

先生からも大変期待されていたため、上京によりバドミントンを辞める時は「どんな気持ちでやってきたと思ってるんだ!」と言われるほどでした。

7:映画初ヒロインを務めた『レインツリーの国』では難しい役柄も

レインツリー

2015年公開の映画『レインツリーの国』では映画初ヒロインに挑戦。

その役柄も感音声難聴というハンデキャップを背負っているとても難しい役柄でしたが、難聴者の感覚を知るために実際に、耳栓をして生活したり、街に出たりするといった経験もしたようです。

またストーリーの中でそれまでトレードマークだったロングヘアをバッサリと切ったことでも話題になりました。短いヘアスタイルもとてもよく似合っていてかわいかったです。

ショートヘア

出典: irorio.jp

8:時代劇に出たいがためにピアスは空けなかった

耳

20歳になったらピアスを開けると言っていたのになぜ開けないのですか?と問われた西内まりや。開けなかったのは、ピアス穴が開いていると時代劇の役が受けれなくなるからとのこと。イヤリングでおしゃれを楽しんでいたそうです。

そして、長年の我慢が実り、2015年NHKの時代劇ドラマ『かぶき者 慶次』に出演しました。前田慶次の娘、佐乃役での出演で、正座や所作など慣れない事の連続で苦労したそうです。

時代劇

出典: www.jprime.jp

9:姉はタレント、いとこはラグビー選手の西内まりや

姉妹

西内まりやには5歳年上の姉、西内ひろがいます。西内ひろは「2014ミス・ユニバース・ジャパン」で準ミスを受賞しています。

そしていとこには、同い年でラグビー選手として活躍している西内勇人選手がいます。ポジションはフランカーでなんとあの五郎丸選手の後輩でヤマハ発動機に2015年入社したそうです。小さい頃から仲が良いそうで、今でもお互い刺激し合える関係なんだとか。そんな西内勇人選手はラグビーU‐20日本代表で主将務めるなど期待のホープなんですね。いつかテレビで共演するところを見れるかもしれません。