2017年7月6日更新

おすすめドラゴンボール映画まとめ!厳選10作品を紹介!

1986年の第一作公開以降、これまでに全部で19作も作られている劇場版ドラゴンボール。中でもおすすめの10作品をまとめました。

世界中で大人気!『ドラゴンボール』

ドラゴンボールは鳥山明による人気漫画。1984年から1995年までの約10年間連載されました。海外での人気も高く、全世界での累計発行部数は2億3000万部。

1986年からはテレビアニメシリーズの放送が開始。これまでに『ドラゴンボール』『ドラゴンボールZ』『ドラゴンボールGT』『ドラゴンボール改』『ドラゴンボール超』が作られ、現在も放送中です。今年2016年は、テレビアニメ放送30周年の記念の年となっています。

劇場版ドラゴンボールは、これまでに19作が公開

テレビアニメ放送が始まったのと同じ1986年に、劇場版第一作『ドラゴンボール 神龍の伝説』が公開。以降、2015年の最新作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』まで計19作が公開されています。劇場版ドラゴンボールも軒並み人気を集め、第17作『最強への道』までの総動員数は4900万人を記録、中でも1991年からの5年間は、連続して日本映画収入ベスト10入りを果たしています。

今回は劇場版ドラゴンボール全19作品の中から、おすすめの10作品をご紹介します。

1:ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦(第6作 1990年)

Hiromi_Nakashima クールな父ちゃんも好きなキャラ
Yuki_Ishii 人生で初めて映画館で見た映画。 衝撃

サイヤ人戦士ターレスの軍団から地球を守るため、悟空たちZ戦士が戦いを挑む、劇場公開第6作。悟空と瓜二つの容姿を持つ敵、ターレスが登場。悟空役の声優、野沢雅子さんは悟空、悟飯、ターレスの三役をこなしています。

2:ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強(第8作 1991年)

yonetinman VSクウラ第一戦。 ピッコロさんがいいところ全部持っていってますが、悟空が超サイヤ人に変身する盛り上がりはやはりこの時間軸(フリーザぶっ殺したあたり)ならでは!! 是非みなさんもクウラのアホさや御飯の手際の悪さにイライラしながら本作を楽しみましょう!

フリーザの兄クウラは、フリーザが地球から来たサイヤ人に殺されたと聞き、機甲戦隊を引き連れて地球へ。悟飯をかばった悟空は重傷を負ってしまい…。フリーザの兄クウラと戦う第一作目です。

3:ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち(第9作 1992年)

巨大要塞に襲われた新ナメック星を救おうとやって来た悟空達の前に立ちはだかったのは、一度は倒したはずのクウラ。なんとメタルクウラとして復活し、さらに強くなっていたのでした。悟空とベジータはタッグを組んで、この最強の敵に挑みます。

4:ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人(第10作 1992年)

Yuki_Ishii 13号のスーパーデッドリーボンバーが全く効かない時のセリフをよくモノマネした、弟爆笑

レッドリボン軍の生き残りの天才科学者、ドクター・ゲロの意思を引き継いで開発された人造人間13号・14号・15号の3体と、悟空達の戦いを描く劇場版第10作。トランクスの初出演作品でもあります。

5:ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(第11作 1993年)

t_u333 悟飯をピッコロが助けに来るシーンはズルいです。格好良すぎます。弱いくせに! ヘタレ王子は格好悪すぎてお腹痛くなるほど笑えますが、出番は多いので本当にベジータは愛されていますね。 トランクスと悟飯がピッコロの技を使ったのは嬉しかったです。
Chanichz なんだろう!思った以上に面白い。熱い!ワクワクする。

劇場版ドラゴンボールでは初の長編作品。人気の高い敵キャラクターの一人、ブロリーが登場する第一作目で、悟空達とブロリーの迫力ある戦闘シーンが人気の映画です。

6:ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴(第12作 1993年)

Hiromi_Nakashima ご飯がきれるシーンが好き

天下一武道会に、全世界から格闘技の強豪が集結。その中には、全銀河を支配しようとする4人の最強戦士の姿も。悟空がこの世にいない状況で、悟飯は彼らに立ち向かいます。

7:ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない(第13作 1994年)

孫悟天とトランクス、ビーデルの三人がドラゴンボール集めのために訪れた村で、伝説の超サイヤ人「ブロリー」が、7年の眠りから復活。悟天を悟空だと思い込んだブロリーは、悟天に遅いかかります。悟飯が助けに来ますが、ブロリーは以前よりもパワーアップ。果たして勝負の行方は?!

8:ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ(第15作 1995年)

Hiromi_Nakashima 悟空とベジータがフュージョンすれば最強!

強大な力を持つ怪物、ジャネンバを前に苦戦を強いられる悟空。スーパーサイヤ人3に変身するもかなわず、窮地に追い込まれます。助けに現れたベジータと悟空は、ジャネンバを倒すため、融合技「フュージョン」を試すのですが…。

9:ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる(第16作 1995年)

封印を解かれ復活した幻魔人ヒルデガーンと、復活した悟空達が対決。ヒルデガーンとの最終決戦は市街地で行われますが、これは荒野でバトルすることの多いドラゴンボールでは異例のことなのだそう。

10:ドラゴンボールZ 神と神(第18作 2013年)

i_chan0124 おもしろかった ベジータのところ最高 やっぱり愛は強いってことだな それにしても破壊の神強すぎ お寿司おいしそう
Yousuke_Koizumi 同窓会レベルで総キャラ出てた。 ベジータが好きになれる作品やと思う。

前作『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』以来、18年ぶりとなった作品で、原作者鳥山明氏が脚本の段階から深く関わった初の作品です。映画オリジナルキャラクターや、メインキャラクター達の衣装も、鳥山氏が新たにデザインしています。