2000年以降のカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞したオススメ映画8選

2017年7月6日更新
とても考えさせられるような重い題材を扱い、観終わった後には様々な思いが馳せるようなカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞作品を2000〜2013年からオススメ名作を厳選した8選ご紹介します。

音楽もビョークが担当し、特にトム・ヨーク(Radiohead)とデュエットした主題歌『I've seen it all』はゴールデングローブ賞およびアカデミー賞の歌曲部門にノミネートされるなど高く評価された。

zackey 後半に行くほど苦しいけど苦しいほど音楽が美しいとおもった ビョークはCDを聴くより歌っている姿を見る方がいいなと思います。my favorite thingsをあんな形で聴くとは…。

美しい音楽と映像で家族の成長を描く名作。

tanav89 息子の死を受け入れるまでの家族と、死んだ息子のガールフレンドとの交流を描いた名作。 brian enoの名曲「by this river」が悲しいけれど美しい・・><

ナチス・ドイツのポーランド侵攻以後、廃墟の中を生き抜いたユダヤ系ポーランド人のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの体験記を元にしている。作中、シュピルマンが弾くショパンの夜想曲第20番嬰ハ短調「遺作」がよく知られるようになった。

a8pom2 描写が物凄くリアル。自分が映画のなかに入ってるような気がした。観ながらずっと泣いてた。

2003年の第56回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルム・ドールと監督賞を史上初めて同時受賞した。コロンバイン高校銃乱射事件をテーマにしている。

tmmyon 現実叩きつけられた感じ、 答えは、出てない あなたも考えて みたいな

アイルランド独立戦争とその後のアイルランド内戦を背景に、英愛条約をめぐって対立することになる兄弟を描いた戦争映画。

marima_rin 前半の独立戦争も目を覆いたくなるシーンばかりだが、後半の内戦はそれ以上に精神的に辛い。撃ち合う者同士が名前を呼び合ってるなんて…異常すぎ(/ _ ; ) #映画

パリの下町の中学校のあるクラスには、出身国の異なる24名の生徒が通っていた。そこへ国語(フランス語)教師のフランソワが教壇に立ち、問題児だらけの生徒たちと向き合ってゆく。

asarni パリにある多国籍であり問題児が多い中学校のあるクラスでの話。

病に倒れた妻とその夫が描かれる。

Miyako__Nagumo 苦しいな‥。愛の結末が。罪であり、幸せであり。考えさせられました

青い髪の美大生エマと出会い、運命的な恋に落ちた女性アデルの情熱的な人生を、大胆な性愛描写とともに描く。

pk_walker_ 探求する。全身全霊で。 これ以上の愛の言葉をわたしは知らない。 2人の女優の素晴らしさに涙が止まらなかった。愛に乾杯。