映画『サベージ・キラー』世界NO,1ホラーサイトが大絶賛!美女の強烈なリベンジ…!

2017年7月6日更新

かつてない、美女によるリベンジホラームービー『サベージ・キラー』が、遂に日本に上陸!12月6日より公開予定です。予告編だけでも、壮絶で激しすぎる内容に絶句します。結婚式を控え、一人旅に出た美女ゾーイを待ち受けていたものは、卑劣なギャングたち。拉致監禁と暴力の末に瀕死の状態で生き埋めにされてしまいます。しかし、このままでは終わらない。何かの力によって復活を遂げた彼女が復讐の鬼と化して・・・。

実際に起きた事件がベース

本作品は実際に起きたレイプ事件をベースに、自身を凌辱した男たちを復讐していく女性を描いた強烈で衝撃的なリベンジ映画です。

レイプという卑劣な犯罪に巻き込まれた人には、胸苦しい題材になるかもしれませんが、恥辱した奴らに思いっきり復讐するという作品。結婚を控えた美しい女性が、悲惨な末路の末、ゾンビとなって戦う壮絶な姿に高い評価が与えられているようです。

世界NO.1ホラーサイトで最高評価

Savaged2web1

世界No.1ホラーサイト『Bloody disgusting』が「面白さ、残酷さ、過激さ、全てが最高レベルの傑作!」と絶賛したそうです。

ホラーサイトのみならず、世界各国で開催された映画祭で観客を熱狂させた本作品。各メディアでも絶賛の声が聞かれ、単なるリベンジムービーでも、ゾンビ映画ではないようです。

監督マイケル・S・オヘダの思いとは・・・。

Michael-Ojeda-Pic

メガホンを取ったマイケル・S・オヘダ監督は次のように語っています。

「主人公・ゾーイ役を演じたアマンダ・エイドリアンは完璧な仕事をしてくれた! 彼女は9カ月の格闘訓練を経て撮影に臨み、結局、本作には3年も携わっていた。ゾーイの受けた恥辱は、まさしく凄惨なものであり、それに対する胸すく復讐劇がテーマの作品で、たくさんのアクションシーンのあるホラー映画だが、この作品にほろ苦い感情を感じ取り、かつ涙してくれれば嬉しい。私のゴールは、観客が涙しながらその劇場を出ることだ」

マイケル・S・オヘダ監督の作品が日本で劇場公開されるのは、本作品が初になるようですが、本作品への意気込み、世界各国からの評価から、今後が期待される監督の一人です。

また、今回、主人公を演じたアマンダも、監督が評価しているように、その美しい容姿からソンビと化した後の変貌ぶり、見事なアクションシーンと女優魂が感じられます。

参考情報 www.facebook.com