染谷将太の子役から軌跡、演技力の秘密まとめ【23歳で映画出演作は60本以上!】

2017年7月6日更新

多数の出演作と受賞歴のある若きベテラン俳優・染谷将太。『ヒミズ』や『寄生獣』など数多くの映画に出演し、自身も映画をこよなく愛する実力派俳優・染谷将太出演のおすすめ映画からその高い評価を受ける演技力のヒミツまで彼の魅力に迫りました。『バクマン。』をはじめとした最新作も見逃せません!

『ヒミズ」』『寄生獣』等で知られる俳優・染谷将太。

染谷将太

染谷将太は、1992年9月3日生まれの東京都出身の俳優です。身長は172cm。

『BUMP OF CHICKEN』などの多くのアーティストが在籍する、トイズファクトリーに所属しています。9歳の時に映画『STACY』で映画デビュー以降、多数の映画・ドラマに出演してきました。演技歴10年以上のベテラン俳優と言うことが出来ますね。

染谷将太は子役から活躍していた

32ce8ebc1f44794b6a1956b28c616f8e_24271

染谷将太は7歳の時に子役として活動し始めます。9歳の時に出演した『STACY』というホラー映画が彼の映画デビュー作となります。

なんと染谷は幼稚園の頃から映画を頻繁に鑑賞しており、当時すでにチャップリン等の無声映画のファンだったのだとか。映画という作品にのめりこんだ結果、子役としてスクリーンで演技をするようになりました。

俳優・染谷将太を世に知らしめた映画『ヒミズ』(2012)

鬼才・園子温が監督を務め、第68回ヴェネツィア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞するなど共演した二階堂ふみとともに「染谷将太」の名を世間に知らしめることになった彼の代表作。

突然帰ってきたろくでもない父親に人生を狂わされ、ついに彼を殺してしまった主人公の少年・住田祐一を演じています。普通の生活がしたいだけなのに、転落していく少年の人生を描いた衝撃作です。

日本の映画界に新生・個性派俳優が誕生した瞬間でした。

染谷将太

出典: prcm.jp

『ヒミズ』で共演しマルチェロ・マストロヤンニ賞をダブル受賞した二階堂ふみとは『悪の教典』で再共演しています。

サイコキラーの教師が引き起こす恐怖に挑む『悪の教典』(2012)

三池崇史作品でストーリーの過激さが話題となった『悪の教典』。

有能で完ぺきな教師でありながら、サイコキラーという裏の顔をもつ蓮実聖司(伊藤英明)が学校で起こす殺人事件を描いたサイコ・ホラーです。染谷将太は素行の悪い問題児でありながら、蓮実の正体に迫っていく生徒・早水圭介を演じています。

本作では『ヒミズ』で共演した二階堂ふみが生徒側の主人公・片桐怜花を演じたほか、山田孝之や林遣都らも出演しています。

また『ヒミズ』と『悪の教典』は、日本アカデミー賞で新人賞を受賞し、その演技力とインパクトは大きいものとなりました。

邦画史に残る林業映画『WOOD JOB!』に主演(2014)

三浦しをんの小説が原作の映画『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』に平野勇気役で主演しました。監督は『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』などの矢口史靖。本作は、主人公の現代っ子平野勇気の成長譚である青春映画の面と、林業を描いたお仕事映画の面があり、どちらも矢口監督が得意とするジャンルになります。

2014年の邦画の中でナンバーワンに挙げる人もいる作品で、染谷将太の代表作のひとつとなりました。

ワイナリーを営む兄弟を温かく描いた『ぶどうのなみだ』(2014)

映画『しあわせのパン』を手がけた三島有紀子が再び、北海道を舞台に優しい物語を紡ぎます。

主演は『しあわせのパン』に引き続き、大泉洋。染谷将太は大泉洋演じるアオの弟・ロクを演じます。理想のワインづくりに励む兄弟と人々の交流を温かく描きます。北海道の大自然とおいしそうなワインそして料理もみどころ!モントリオール世界映画祭にも出品が決定。

『ヒミズ』、『悪の教典』とダークな役を演じることが多かった染谷ですが、本作に出演して演技の幅を広げ俳優としての伸びしろを見せました。

豪華キャストによるSFコミック実写化二部大作『寄生獣』に主演!(2014・2015)

大人気SFコミックを実写映画化した『寄生獣』で、染谷将太は主演に抜擢されました。染谷は、ある日突然右腕に「ミギー」という寄生生物“パラサイト”が宿ってしまった少年・泉新一を演じます。

漫画が発売された当時、ストーリーの設定や意外性のある展開から、多くのファンを獲得した『寄生獣』。しかしそれから長らく映像化はされずにいました。2014年に映画化されることが決定し、染谷は数奇な運命をたどることになってしまった新一を好演しました。

寄生生物が右手から生える演出や、俳優の顔が寄生獣によって変形する演出は原作の設定をそのままにCGや模型を組み合わせて撮影されたそうです。また本作に出演した東出昌大は新人賞を、深津絵里は主演女優賞を受賞しています。

元AKB前田敦子と倦怠期のカップルを演じた『さよなら歌舞伎町』(2015)

歌舞伎町のラブホテルのある一日を描くオリジナル群像劇。

染谷が演じるのは、一流のホテルマンになりたかったが、実際は歌舞伎町のラブホテルの店主として働いている徹。徹の恋人でミュージシャンとして成功する夢をかなえようと奮闘する女性・沙那を前田敦子が演じています。

ラブホテルを舞台に男女の関係を繊細に描いたストーリーです。元AKBで、女優に転身した前田敦子の演技も高く評価された作品となりました。

広瀬すずとともに声優に挑戦!『バケモノの子』(2015)

『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』等の数々の人気アニメーションを世に生み出し、ジブリ映画と2大巨頭とされるスタジオ地図の細田守による新作アニメーションでる『バケモノの子』において、染谷将太が声優を務めています。

孤独な少年・九太がひょんなことからバケモノの棲む世界に迷い込み、そこで出会ったバケモノ・熊徹との師弟関係を描いた冒険活劇で、夏にぴったりの清涼感溢れる物語です。

園子温と再タッグ!『映画 みんな!エスパーだよ!』(2015)

映画『みんな!エスパーだよ!』は、2013年にドラマ化された『みんな!エスパーだよ!』を監督・園子温によって劇場映画化した作品。愛知県東三河を舞台に、エスパー能力に覚醒した人たちが起こす騒動を描いた、ちょっとエッチなコメディです。

染谷将太が演じたのは人の心の声が聞こえる精神感応能力を持つエスパー鴨川嘉郎。ヒロインの平野美由紀はドラマ版では夏帆が演じており、映画版では池田エライザが演じています。

ジャンプの人気漫画『バクマン。』実写映画(2015)

『モテキ』『恋の渦』でその手腕に定評がある大根仁監督による邦画一大プロジェクト『バクマン。』で、染谷は佐藤健や神木隆之介・小松菜奈等、豪華キャストと共演しています。漫画家を夢見る真城最高(佐藤健)と高木秋人(神木隆之介)の夢を追う物語です。

染谷将太 in 『バクマン。』

出典: jin115.com

染谷は天才漫画家・新妻エイジを演じ、2人のライバルとして劇中でも異彩な雰囲気を放つキャラクターとして活躍しています。桐谷健太や新井浩文もライバルの漫画家として出演しています。

天才棋士、村山聖の生涯を描いた映画『聖の青春』

2016年11月に公開された『聖の青春』は羽生善治を追い詰めたことのある天才棋士でありながらわずか29歳で亡くなった村上聖の生涯を描いた作品です。

主人公の村上聖を松山ケンイチ、主人公のライバルの羽生善治を東出昌大が演じています。染谷将太はプロ棋士を目指す奨励会員で聖の弟弟子である江川貢役で登場しています。

『聖の青春』染谷将太

江川は、26歳の誕生日の前にプロデビューを果たさないと、奨励会を強制退会になるルールのもと、崖っぷちに立たされた役柄を演じ切っています。

負ければ退会が決ってしまう、という対局でのシーンでは、染谷将太の熱演が光ります。