中村勘九郎、ドラマや映画でも活躍する歌舞伎役者のこれだけは知っておきたい9つのこと

2017年7月6日更新

2012年に襲名披露口上を行った歌舞伎役者・中村勘九郎。映画『真田十勇士』の主演も決まり、映画やドラマなどでも活躍しています。今回は彼のブレイクや弟・中村七之助との仲など9つのことを紹介します。

1:六代目中村勘九郎に襲名

中村勘九郎 襲名

六代目中村勘九郎は、十八代目中村勘三郎を父に持つ歌舞伎役者です。1986年に『近江源氏先陣館』「盛綱陣屋」の小三郎役で初お目見えをしました。

1987年に『門出二人桃太郎』で桃太郎を演じ、二代目中村勘太郎を襲名。弟の二代目中村七之助と共に初舞台を踏みました。

そして2012年、父の前名である中村勘九郎を襲名しました。

2:大河ドラマ『新選組!』の藤堂平助役で人気を博す

新選組

2004年に放送されたNHK大河ドラマ『新選組!』に藤堂平助役で出演しました。本作は近藤勇を主人公とし、幕末の京都で反幕府勢力を取り締まったり、戊辰戦争で旧幕府軍の一軍として戦ったりした新選組を題材とした作品です。中村勘九郎が演じた藤堂平助は、普段は穏やかだが、戦闘中は別人のように激しい剣さばきをする副長助勤・八番組長です。

本作の出演をきっかけに人気を集めるようになりました。

3:ドラマ共演をきっかけに女優の前田愛と結婚

中村勘九郎 前田愛

出典: laughy.jp

2009年に前田愛と結婚しました。交際のきっかけは2001年に放送されたドラマ『光の帝国』での共演。2人は互いの第一印象について次のように語っています。

中村「ちっさい子だなと」 前田「撮影が暑い時期だったので、タンクトップを着られてて。タンクトップ、苦手だったので、ちょっと変な人だなって思った」

4:その後2人の子供のパパに

中村勘九郎 息子

2011年に長男の波野七緒八、2013年に次男の波野哲之が生まれ、2児の父親になりました。2017年に七緒八は三代目中村勘太郎を、哲之は二代目中村長三郎を襲名し、初舞台を踏みます。

気になる演目は『門出二人桃太郎』。『桃太郎』は中村勘三郎・勘九郎・七之助の初舞台の演目です。桃太郎を演じる役者の父親が鬼を演じることが恒例となっているため、中村勘九郎も鬼として出演するのではないかと言われています。

5:息子とは「にほんごであそぼ」でも共演

にほんごであそぼ

2014年からは「にほんごであそぼ」の歌舞伎のコーナーに出演。長男の七緒八と共に殺陣の型や歌舞伎の名台詞などを紹介しています。

6:弟の七之助とも仲がいい

中村勘九郎 中村七之助

出典: enterstage.jp

真面目な中村勘九郎と遊び人の中村七之助。性格が正反対な2人ですが、仲のいい兄弟として知られています。

2人は祖父の十七代目中村勘三郎や父の十八代目中村勘三郎から兄弟は仲良くするべきだと言われながら育ちました。そのこともあり、幼いころは喧嘩ばかりしていた二人も舞台で共演して気持ちが分かりあえるようになったそうです。

幼い頃から互いを支え合う存在で、母親から追い出されて靴が一対しかなかった際には、片足ずつ履いて祖父の家に行ったそう。また、2012年の中村勘九郎の襲名口上の際には、病気で出席できない勘三郎の代わりに、七之助が勘九郎のサポートをしていました。

7:亡き父と交わした「平成中村座」復活の約束

平成中村座

「平成中村座」とは江戸時代の芝居小屋・中村座を模した小屋で行われる歌舞伎公演です。2000年に中村勘三郎が中心となって始め、ほぼ毎年行われていました。

しかし、2012年12月に中村勘三郎が他界。その影響で2013年には行われませんでした。

それを受け、2014年に中村勘九郎・七之助兄弟は父との約束として「平成中村座」の復活に向けた取り組みを始めます。「平成中村座」は中村座だけでなく、歌舞伎界を背負った公演で2人にかかる責任は重いものだったそうです。

さらに、中村勘三郎の盟友・坂東三津五郎の他界や子供の頃から世話になっていた中村小山三の入院などの試練もありました。しかし、2014年7月にニューヨークで無事に公演を行うことができました。

8:ファンキー加藤と顔がそっくり?

https://twitter.com/fmb_funkykato/status/709287212047736832?lang=ja

元FUNKY MONKY BABYSのファンキー加藤と中村勘九郎は、以前から「似ている」という声が多数ありました。

2016年3月14日のファンキー加藤のtwitterで、2人が並んで撮った写真をアップしたとたん、「兄弟みたいにそっくり」「弟の七之助より似ている」との声が多く寄せられました。

確かに、輪郭の感じや鼻の形がそっくりですね。本当の兄弟のようにそっくりというのも納得がいきます。

9:舞台と映画で猿飛佐助を熱演

真田十勇士

中村勘九郎は2016年9月に公開される映画『真田十勇士』で主演を務めます。本作は真田信繁(通称・真田幸村)の10人の家臣「真田十勇士」を題材にしたもので、2014年に上演された舞台『真田十勇士』を映画化した作品です。

勘九郎が演じるのは、真田十勇士第一で甲賀流の忍者・猿飛佐助。2014年の舞台でもこの役を演じていました。

撮影はかなり過酷だったようで、霧隠才蔵役の松坂桃李の話によるとアクションも多く、少年漫画を地で行くような内容だったとか。

映画の公開と同時期に舞台の再演がされることも決まっています。