2017年7月6日更新

一度は行ってみたい!海外のディズニーリゾートのおすすめスポットをまとめてみた!

日本には東京ディズニーランド、ディズニーシーがありますが、世界にはより規模の大きなディズニーテーマパークやディズニーリゾートが存在します。今回は一度は行ってみたい!海外のディズニーリゾートのおすすめスポットを紹介します。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー

2001年2月にオープンしたディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー。アメリカカリフォルニア州アナハイムに位置、ハリウッドをテーマにしたエリアやヴィクトリア調の建築、遊歩道が特徴のパークです。

ソアリン・オーバー・カリフォルニア

“ソアリン・オーバー・カリフォルニア”はパークと同時期にオープンしたハンググライダー型の映像体感アトラクションです。

美しいカリフォルニアの3D映像に合わせてシートが上下、パイプからオレンジなどの香りが漂う演出が施されています。動きは絶叫マシンほど派手ではないものの、それでもスリル満点の空旅を体感できます。

また、アトラクションの建物にはカリフォルニアの航空の歴史を学べるセクションが設置されているため、待ち時間も退屈することはなさそうです。

ラジエイター・スプリングス・レーサーズ

2012年新たにオープン、ピクサーの『カーズ』をテーマとした“ラジエイター・スプリングス・レーサーズ”はパークで1、2を争う大人気アトラクションです。

ライトニング・マックイーンやメーターなど現実世界に再現されたカーズキャラクターに乗ってラジエイター・スプリングスを走り抜けるスリルライドです。レース中も様々なキャラクターが顔を出して話しかけてくれるようです。

アトラクションで映画の世界を体験したら、もう1度『カーズ』を観たくなることは間違いないでしょう。

カリフォルニア・スクリーミン

パラダイスピアエリアに位置する“カリフォルニア・スクリーミン”はディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー屈指の人気アトラクション。スタートからの急加速や360度のループなど ディズニーアトラクションであることを忘れてしまうほどスリル満点のジェットコースターです。

グリズリー・リバー・ラン

“グリズリー・リバー・ラン”は円形のボートに乗って激流下りを楽しむアトラクションです。急カーブや急斜面を下る時に大きな水しぶきを浴びることになるため、夏がオススメのライドです。また、このアトラクションにはカリフォルニアの廃止された鉱山近くのゴーストタウンというバックストーリーがあるそうです。

香港ディズニーランド

2005年にオープンした香港ディズニー・ランドは“トイストーリー・ランド”(2011)“ミスティックポイント”(2013)など新たなテーマランドが続々とオープンした今注目のパークです。

ディズニー・イン・ザ・スターズ・ファイヤー・ワークス

“ディズニー・イン・ザ・スターズ・ファイヤー・ワークス”はディズニーの名曲に合わせて花火が上がる大人気のショーです。夜空に輝く花火とパークの建物が見事にマッチして幻想的な世界を生み出します。

ミスティック・マナー

ミスティック・ポイントエリアに位置する”ミスティック・マナー”は香港ディズニーに来たら絶対に乗るべきアトラクションです。魔法のオルゴールによって命が宿った展示物が溢れる博物館を通り抜けるライドです。ダークな雰囲気などアジア版“ホーンテッド・マンションのようなアトラクションです。

フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング

“フェスティバル・オブ・ザ・ライオン・キング”はディズニー映画『ライオン・キング』をテーマにしたライブショーです。アクロバットのパフォーマーやシンガーが登場して『ライオン・キング』の1場面を臨場感と迫力いっぱいに再現します。

ビッグ・グリズリー・マウンテン・ランナウェイ・マイン・カーズ

グリズリー・ガルチエリアに位置する“ビッグ・グリズリー・マウンテン・ランナウェイ・マイン・カーズ”は“ビッグサンダー・マウンテン”によく似たジェットコースターです。ビッググリズリーが住む鉱山の中をコースターが高速で駆け抜けてゆきます。

ディズニーランド・パリ

フランスのマルヌ=ラ=ヴァレに位置するディズニーランド・パリは1992年4月に開演、ディズニーランドパーク、ウォルト・ディズニー・スタジオなどのテーマパークやホテルから成るリゾートで、ヨーロッパ最大の観光地の1つとして知られています。

眠れる森の美女の城

ディズニー・パークのメインストリートに位置する“眠れる森の美女の城”はディズニーランド・パリのシンボルです。メインエントランスの下で眠る恐ろしいドラゴンが時々目覚めて吠えるので注意してください。

クラッシュ・コースター

ウォルト・ディズニー・スタジオのトゥーン・スタジオに位置する“クラッシュ・コースター”は『ファインディング・ニモ』をテーマにしたジェットコースターです。クラッシュの形をしたライドに乗って海の仲の世界を疾走します。

超高速ではないので小さな子供でも乗ることが可能です。それでも急カーブや加速は本格的なので子供から大人まで家族全員が楽しめるアトラクションです。

アニマジック

ウォルト・ディズニー・スタジオのトゥーン・スタジオに位置する“アニマジック”はディズニーキャラクターが数多く登場する大人気のショー。ドナルドがディズニー映画の世界に入り込んでしまうストーリーです。日本のディズニーランドだと「ミッキーのフィルハーマジック」が同じようなストーリーですね。

ショーのセリフはフランス語と英語ですが、キャラクターが表現豊かにパントマイムしてくれるので言語が分からなくても十分楽しめます。

1日数回しかショーが行われないので、事前に開演時間をチェックしたほうがよさそうです。

ロックン・ローラー・コースター

バック・ロットエリアに位置する“ロックン・ローラー・コースター”はエアロスミスの音楽を聴きながら疾走するジェットコースターです。スタートからわずか2.8秒で90キロに加速、日常ではあり得ない4.5Gの世界を体感することになります。

アラワ二 ディズニー・リゾート&スパコオリナ・ハワイ

”アラワ二 ディズニー・リゾート&スパコオリナ・ハワイ”はハワイのオワフ島に位置するディズニーの大人気リゾートホテルです。

様々なプールが楽しめる!

このホテルに滞在してプールを利用しないゲストはいないでしょう。一般的なプールからジャグジー、スプラッシュプールなど様々なタイプのプールを楽しめます。ミッキー、ミニー、グーフィーなどディズニーキャラクターが毎日プールサイドを訪れます。

アイスクリームがオススメ!?

リゾート内には素晴らしいハワイ料理を出すカフェ、レストランがいくつもあります。中でもミッキー形のお菓子が乗ったアイスクリームがオススメのようです。

アクティビティが人気!

コミュニティホールではクラフト作りなど様々なアクティビティを提供しています。チップとデールからサーフィンも学べるようです。

ディズニーキャラクターと散歩できる!?

運良くリゾート内でお気に入りのキャラクターに出会えれば、一緒に散歩することが出来るようです。

2016年6月には上海に新たなディズニーリゾートがオープン!

当初、中国本土初となるディズニーパーク“上海ディズニー・ランド”は2015年暮れオープンの予定でしたが、アトラクションの追加などを理由にスケジュールが遅れていました。

“上海ディズニー・ランド”が2016年6月16日にオープンすることが公式発表されました。最初のゲストを迎えるグランドオープニングセレモニーが数日間続く予定となっています。

他のディズニーランドと違うポイントとは!?

他の5つのディズニー・リゾートと比べて“上海ディズニー・ランド”は中国文化を色濃く反映したユニークなアトラクション、アクティビティを売りにしているようです。

シンボルとなるお城は“シンデレラ城”や”眠れる森の美女の城”など特定作品のものではなく、パーク独自のデザインです。また、お城の高さはディズニー・ランド史上最大の高さとなります。

他にもスターウォーズやマーベルをテーマにした“上海ディズニー・ランド”独自のエリアも大きな注目を集めています。

パークオープンによる経済効果が凄い!?

“上海ディズニー・ランド”開演初年度の来場者は1000万人以上と予想されています。上海観光マーケットの拡大など上海ディズニーランドオープンの恩恵が経済効果を生むことは間違いないでしょう。

また、ある中国の経済学者は“上海ディズニー・ランド”の年間の経済効果は約3300億円とし、上海の年間GDPを1パーセント押し上げると予想しています。