前田敦子、国民的アイドルから女優になったあっちゃんのこれだけは知っておきたい10つのこと

2017年7月6日更新

国民的アイドルグループAKB48のセンターとして人気を誇った前田敦子。アイドル時代から女優を夢見てきましたが、卒業後見事転身を果たし、実力派女優として活動しています。そんな彼女にまつわる10のエピソードを紹介します。

1:2005年にオーディションを経てAKB48の初期メンバーに

前田敦子

出典: 48pedia.org

前田敦子は、2005年にAKB48のオープニングメンバーオーディションに合格し、同グループの初期メンバーとなりました。オーディションの応募総数は7,924名で、そのうち最終合格者24名の中の一人でした。

審査にあたった振付師・ダンサーの夏まゆみは、ダンス課題の練習に対する集中力をみて、前田に決めたと語っています。

その年の12月8日、AKB48劇場グランドオープンの舞台でデビューしました。

2:『あしたの私のつくり方』で女優デビュー

『あしたの私のつくり方』

当初から女優志望だった前田。2007年の映画『あしたの私のつくり方』で女優デビューをします。

現代の少女にとって“ライフライン”とも呼べる携帯電話を通した、ふたりの女子高生の友情を描いたストーリー。不器用ながらも、自分らしさを再生しようとする女子高生役を、成海璃子と前田敦子が演じました。

前田はこの作品で、第81回キネマ旬報新人女優賞候補にもノミネートされました。

憧れの女優デビューでしたが、実際は不安ばかりで、早く撮影を終わらせたいと思っていたそうです。

3:AKB48の13thシングル選抜選挙でメディア選抜1位に

前田敦子

出典: news.ameba.jp

2009年4月26日に行われたAKB48のライブで、ファン投票によって13枚目シングルの選抜メンバーを決めると発表されました。既に前田はグループのセンターで活躍しており、人気を誇っていましたが、この投票でその本質が問われることになりました。

ファン投票の最終結果は、7月8日に行われたイベント「神様に誓ってガチです」で発表されました。それまでの中間発表では、大島優子と1位を争ってきましたが、見事1位を飾り、その人気を確かなものとしました。

4:AKB48内で初の大河ドラマ出演とゴールデンタイムの連続ドラマ主演を果たす

前田敦子

出典: topicks.jp

2010年にはAKB48メンバーとして初めて、大河ドラマ『龍馬伝』に坂本龍馬の姪・春猪役で出演。同年に、日本テレビ連続ドラマ『Q10』で初ヒロイン役を演じ、女優として急成長します。

大河ドラマ『龍馬伝』でも共演した佐藤健が、『Q10』の主演も務めています。前田は、謎のロボット“Q10”役を演じ、佐藤演じる主人公・深井平太の人生を変えていくという設定でした。

5:2012年には惜しまれながらもグループを卒業

前田敦子

出典: laughy.jp

2012年、惜しまれつつもAKB48を卒業します。

発表されたのは、第三回AKB48総選挙を控えていた時のこと。第二回で、2位に転落し、巻き返しが期待されていた前田の卒業が発表され、ファンの間に衝撃が走りました。

しかし、卒業と同時に、映画や連続ドラマ出演のニュースもあり、卒業後の活躍もすでに予想されていました。

6:2012年、2013年は2年連続出演映画で賞を受賞

改めて女優としてのキャリアをスタートさせた前田は、2012年、2013年に2年連続出演映画で賞を受賞しました。

2012年映画『苦役列車』ではキスシーンに挑戦

『苦役列車』

森山未來演じる主人公・北町貫多は、日雇いの仕事で生計を立て、ワンカップと風俗しか楽しみがないというどうしようもない男。前田敦子はそんな彼の憧れの美少女・桜井康子役を演じました。

キスシーンや濡れ場などにも挑戦したこの作品で、前田は、第4回TAMA映画賞最優秀新進女優賞と、第67回日本放送映画藝術大賞の映画部門で優秀助演女優賞を受賞しました。

2013年映画『もらとりあむタマ子』ではだらしない実家寄生女子を熱演

前田が演じた23歳のタマ子は、東京の大学を出たものの、実家に帰ってきて仕事もせずただひたすらに自堕落な生活をおくるのみ。そんなタマ子が新しい一歩を踏み出すまでの1年間を描いたストーリーです。

この作品では、第23回日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞を受賞しました。

7:憧れの人は柴咲コウ

前田敦子

出典: topicks.jp

前田敦子の目標は柴崎コウ。AKB48のオーディションを受けた際も、柴咲コウの「Glitter」を披露しています。歌手として活躍しながら、女優業もこなしている柴崎コウは、まさに憧れの存在だと語っています。

そんな憧れの柴崎とは、2014年フジテレビのドラマ『信長協奏曲』で共演を果たしています。人気コミックが原作で、勉強が苦手な高校生・サブロー(小栗旬)がなぜか戦国時代にタイムスリップしてしまい、そこで織田信長の代わりとして生きていくことになるといったストーリー。フジテレビ開局55周年プロジェクトとして、アニメ・連続ドラマ・映画と、3ジャンルで映像化されました。

柴崎は信長の正妻・帰蝶を演じ、前田は第三話に登場する村娘・お春役として、共演しました。

8:女優はアイドルになる前からの夢

前田敦子

幼いころからの夢だった、女優に見事転身した前田敦子。AKB48オーディションに応募したのも、秋葉原の劇場で演劇ができるかもしれない、と思ったことがきっかけだったそうです。

小さい頃から「なぜだか、ずっと」女優になりたかったという思いがAKB48のオーディションをきっかけに具体化していったようです。

9:朝食が大好き

前田敦子

出典: prcm.jp

AKB48時代から、前田は「朝食をしっかり食べる」ことを心掛けているそうです。デビュー当時はレッスンのほとんどが午前中だった為、朝ご飯を食べないと、レッスンについていけず、他のメンバーとの差ができてしまったことから生まれた習慣だそうです。前田の母親が作った豪華な朝食が自身のブログにアップされ、話題にもなりました。

10:『モヒカン故郷に帰る』では初の妊婦役に挑戦

mataro_mince 「ヤザワは広島の義務教育です!」と瀬戸内離島の中学生相手に言い切る爺さんが酔って家に帰ると7年くらい前にビックになれOK?と送り出した息子がヒモになって孕ませたオンナを連れて帰ってきた「モヒカン故郷に帰る」西宮10。松田龍平と前田敦子コンビがオモロイ。笑って泣いたこの映画大好き!2016年4月11日 昔はハチャメチャおもしろい映画をたくさん量産したのに今や説教臭い映画を見せつける映画監督が本当に今、作りたかったのはこういう作品じゃないのと思った。楽しかったなぁ。もう主役が誰かもわからない、OK?

2016年4月に公開された映画『モヒカン故郷に帰る』では、女優として初めて妊婦役に挑戦しました。

沖田修一監督のオリジナル脚本であるこの作品は、松田龍平演じるモヒカンヘアにこだわりを持つ主人公・田村永吉が、数年ぶりに妊娠した恋人をつれて帰郷するというストーリー。瀬戸内海の島を舞台に、主人公と頑固おやじのやり取りを描いたハートフルコメディです。

前田は、主人公の恋人・由佳を演じました。撮影では、妊婦らしい歩き方をするのに苦労したそうです。