2017年7月6日更新

江野沢愛美、韓国マニアなセブンティーンモデルの魅力に迫る7のこと

エイベックスのモデルオーディションに合格し、芸能界入りした江野沢愛美。ファッション誌『ピチレモン』の専属モデルを経て、憧れの舞台「TGC」にも出演!今大注目のモデル・江野沢愛美の魅力について7つの視点から迫ります。

1:エイベックスのオーディションに合格し芸能界入りした江野沢愛美

江野沢愛美(えのさわ・まなみ)は、千葉県出身で、1996年11月1日生まれ。2016年現在、エイベックス・マネジメントに所属し、モデルや女優、タレントとして活動しています。

芸能界入りしたきっかけは、2007年に開催された「第1回 エイベックス 俳優・タレント・モデルオーディション」でした。ファッション誌の『ピチレモン』を愛読していた江野沢はモデルに憧れていましたが、自分には向いていないと思ったそうです。そんな江野沢に、母が熱心にエイベックスのオーディションをすすめ、見事に合格しました。

2:ファッション誌『ピチレモン』でモデルデビュー

エイベックスオーディションの面接時に、ピチレモンのモデルになりたいことをアピールしたという江野沢。エイベックスに所属後、事務所の仲介でピチレモン編集部での面接が行われます。たいへん緊張したそうですが、きっちり合格。2008年に憧れのピチレモン専属モデルとなりました。その面接での様子を江野沢は以下のように語っています。

「本当にやりたかったから、面接中はすごい緊張してて、編集長の方に“何の雑誌を読んでるの?”と聞かれて“ピチレモンです”って即答したら“早いね”って笑われました(笑)。」
引用:deview.co.jp

小学6年生でピチモデビューした江野沢は、高校2年生の直前までの約5年間モデルを務め、多くのファンを獲得します。表紙を飾った回数は24回。これは歴代ピチモの中で2位という成績で、その人気ぶりが分かります。

3:江野沢愛美は韓国語も話せる韓国マニア?!

江野沢愛美は、日常会話程度なら韓国語を話せるそうです。「少女時代」や「KARA」、「東方神起」は日本でデビューする前から大好きで、日本語版が出る前から韓国語の歌詞を自分で調べて訳していたとか。カラオケで歌う時は、もちろん韓国語。また、韓国ブランドのイチゴミルクが大好物で、コスメも韓国のブランドで揃えているという本物の韓国マニアです。

4:“まなみんポーズ”が大流行

自撮りが空前のブームの今、王道の“ピース”や“指で作るハートポーズ”のほか、“片手に頬をあてた虫歯ポーズ”、“爪を立てたガオーポーズ”などいろいろなパターンがありますが、指をピストルの形にして顎の下につける“ピストルポーズ”も人気です。

実はこのポーズ、“まなみん”こと江野沢が火付け役。江野沢がコンプレックスである顎を隠すためにとったポーズだったそうですが、ブログやツイッターなどでこのポーズを見た多くの人たちが真似て、大ブームとなりました。江野沢愛美の愛称“まなみん”をとって、“まなみんポーズ”とも言われています。ちなみに、江野沢のファンは“まなみん”から“まな民”と呼ばれるとか。

5:特技は友達を作ること!?江野沢愛美の交友関係

人見知りせず誰にもでも話しかけ、友達作りが得意という江野沢。エイベックスのオーディションで一緒に合格し「SUPER☆GiRLS」として活動する田中美麗や、同じ事務所のモデル・飯豊まりえ、同学年でピチレモンモデル仲間だった志田友美と親しいそうです。志田友美とは「愛美」と「友美」を合わせて「まなゆう」の仲だとか。

積極的で自分の意見をはっきり言える性格だという江野沢ですが、初めてのモデル撮影の時は大人ばかりの中に混じりとても心細く、休憩時間にトイレで泣いていたといいます。こうした経験から、後輩へは特に気を配るようになり、江野沢が同期の仲間はもちろん、後輩からも慕われ信頼されている理由がここにあります。

6:NHKバラエティ番組のすイエんサーガールズとしてレギュラー出演

江野沢は、映画やテレビコマーシャルに出演しつつ、バラエティでも活躍しています。NHKの教育バラエティ番組『すイエんサー』。日常生活の中でのちょっとした疑問や気になることを視聴者から募り、司会者とゲスト、「すイエんサーガールズ」たちが、それに挑戦しながら解き明かしていくという内容です。

「すイエんサーガールズ」は、ティーンズモデルを中心に構成され、リポーターを担当する番組内限定のグループです。江野沢は、このメンバーとして2010年度から出演し、いろいろなテーマに挑戦。例えば「シュークリームにかぶりついても中身を最後までこぼさない食べ方」ですが、齧る場所の順番を考えたり、シュークリームを持つ手の角度を変えたりと、科学的な目線でアプローチしています。

また、江野沢は「甘いトマトを見分ける方法」の時にも出演していますが、トマトが大好物なため本当に楽しくて嬉しくて、この回が最も印象に残っているそうです。

7:TGCに出演!憧れのモデル山田優と同じステージに

20013年に『ピチレモン』を卒業し、『セブンティーン』の専属モデルとなった江野沢は、ファッションショーやイベントにも数多く参加しています。目標としていた、日本を代表するファッションフェスタ・TGC(東京ガールズコレクション)にも出演。憧れのモデルとして挙げている山田優と同じステージに立ちました。

身長171cmと、ピチレモン出身のモデルとしては最も高く、抜群のスタイルの江野沢。今後もモデル業を中心に、ますますの成長と活躍が期待されます。