アンデルセン童話の国からやってきた!映画『ハッダーの世界』は不思議がいっぱい!

2017年7月6日更新

アンデルセン童話の国デンマークからやってきた『ハッダーの世界』。いじめや同級生からの態度に負けじと主人公ハッダーが繰り広げる不思議な世界に注目です!

デンマーク童話作家がお届けする映画『ハッダーの世界』

アンデルセン童話でお馴染みの国デンマーク。そんなデンマークで誕生した童話作家ビョルネ・ロイテルがお届けする2003年のファンタジー・ファミリー映画『ハッダーの世界』。日本では劇場未公開となっていますが、2016年現在はDVDが発売されています。

主人公ハッダーの不思議な世界に、映画の登場人物も観る側も驚きを感じるはずです。

不思議が広がる!『ハッダーの世界』のあらすじ1

10

出典: outnow.ch

舞台はアンデルセン童話でお馴染みの国デンマーク。主人公ハッダーは幼くして母親を亡くし父親と二人で暮らしている小学生の男の子。父親は、新しく妻を迎えたいと思っていますが夜のポスター貼りの仕事で忙しくしています。

Frederik_Christian_Johansen_-En_som_Hodder-001

そんなハッダーは、周りの子たちとは少し変わった性格で変わり者と呼ばれています。ハッダーはそのことに対し、いたって普通の態度をとっています。

8683872

どこか抜けているところがあるハッダーですが、ある日ハッダーの前に妖精が現れます。その妖精はハッダーに「あなたは選ばれたのです、世界を救うために」と言い残し姿を消してしまいます。

突然の出来事でハッダーは戸惑います。一体自分に何ができるのか、ハッダーは考えました。また、ハッダーは自分より友達のフィリップの方が世界を救う者に向いてると思います。

不思議が広がる!『ハッダーの世界』のあらすじ2

1808_686x309

この出来事を、パン屋の女性に話すと女性は「私だったら小さなことから始めるわね」と言いました。

世界は大きすぎると思ったハッダーは、パン屋の女性に言われた言葉を参考にして小さなことから始めるようにするのです。

Anders Lunden Kjeldsen, Frederik Christian Johansen

出典: www.dfi.dk

まず、ハッダーはインド洋で一番小さな島であるグァンビルアに手紙を書き、グァンビルアを助けるため探検隊を結成することにします。

探検隊のメンバーを探すために、ハッダーはクラスの同級生に探検隊にならないかと尋ねてみることにしました。しかし、それを変に思った同級生はハッダーをからかいます。

503600-et-godt-team–

出典: www.b.dk

なかなかメンバーが揃わない中、ハッダーは父親にこんな質問します。「グァンビルアまで飛んでいける?」

それをきいた父親は「銀の海の時は水を歩ける」とハッダーに言いました。また、銀の海だけではなく緑の海は悲しんでいる時、青の海は夢を見ているときの色と色それぞれに意味があるようハッダーに伝えます。父親はハッダーに夢を見させるのです。

ハッダーを見守る妖精の存在

fcj-hodder_201-1

ハッダーに、世界を救う者と言った妖精の正体は、ハッダーが小さい頃に亡くなった母親だったのです。そのことに気づいたハッダーは思わず涙を流します。

クラスの同級生フィリップ

f1

出典: 5tv5.ru

フィリップの父親と母親は仲が悪く、そのことでフィリップはストレスを感じています。素直なハッダーはフィリップの両親の関係をストレートに話してしまい、フィリップを怒らせてしまうシーンもあります。

ある日、クラスでフィリップの両親が別れるという噂が立ちます。それを耳にしたフィリップは真っ先になんでも人に話してしまうハッダーを疑います。

後からフィリップは噂を流した犯人はハッダーではないことに気づき、ハッダーに対する気持ちが変わっていきます。

f3

出典: 5tv5.ru

クリスマスの当日、ハッダーは授業で必要なロウソクを忘れてしまい、ハッダーを変わり者呼ばわりするクラスの男子からお前は来なくていいと言われます。流石のハッダーも傷ついたのか学校から離れ運河へと走っていきます。

それを見ていたフィリップはハッダーを助けるべく運河まで追いかけ、ハッダーを学校まで連れ帰ります。この出来事をきっかけに二人は後に友達となるのでした。

『ハッダーの世界』の意味

nekto-pohozhij-na-hoddera-scen

世界を救うと妖精に言われたハッダー。しかし、それは変わり者呼ばわりする周りの人達から自身を守るために見た幻なのかもしれません。